タグ別アーカイブ: CSV

ECサイト売上アップのための改善施策をご紹介!CVRやUIの改善点も詳しく解説します

近年、企業の多くがECサイトを導入しています。ECサイトの導入にあたり、どのように改善していけば良いかわからないという方も多いかと思います。
この記事では、ECサイトの改善施策やCVR・UIにおける改善点などについてご紹介したいと思います。

ECサイトの改善施策立て方

ECサイトは常に改善していく必要があります。ユーザー属性やニーズに合わせて改善していくことにより、売り上げの増加に繋がっていきます。
改善の方法は大きく分けて以下の4ステップになります。

 

ECサイト改善施策自身の理想と現状のギャップを分析し、課題を明確にする
現状・課題を基に改善施策を立てる
改善施策を実行し、結果を検証するこのステップを繰り返していくこと消費者にとって使いやすいECサイトになっていきます。

自身の理想と現状のギャップを分析し、課題を明確にする

まずは、自身の理想と現状との差を分析し、改善の目的と改善の課題を明確にしましょう。
どのような課題があり、なぜそれを解決しなければならないのか、改善することによってどのような形にしたいのかについて考えることが重要です。このプロセスでは、課題の把握と最終的な理想をイメージすることがポイントになってきます。
課題の把握を行う際には、Googleアナリティクスなどのデータを集約してくれるようなツールを用いて行うと良いでしょう。数値データを用いることによって客観的に現状の課題を見つけ出すことが可能です。

 

現状の課題に対する改善施策を立てる

次に行うべきことは、自身の理想に近づけていくための計画を立てることです。
把握したECサイトの現状を基に、課題を解決するためにどのようなことをするのかを決めていきましょう。
集客が不足しているのか、CVRが低いのか、リピート率に問題があるのかなど仮説を設定し、改善施策を作っていきましょう。
具体的な解決策としては、集客が足りない場合にはSEO対策の強化、CVRが低い場合にはUIの改善・カート周りの見直しが挙げられます。

改善施策を実行し、結果を検証する

そして、改善策を実行したら、結果を検証していきましょう。
自身の行った施策がどのような影響を及ぼしたのか、プラスに働いたのか、マイナスに働いたのか等様々な視点から検証していきましょう。自身の理想としている形や向かっている方向性自体が間違っているというケースも考えられます。
検証を行っていくことにより、どの施策が間違っていて、どの施策が有効だったのかを把握することができ、今後に生かしていくことが可能です。

 

キャンペーンを用いてECサイトを改善する方法

ほとんどのECサイトがキャンペーンを行っています。
キャンペーンを行う上では、短期的な利益だけではなく長期的な利益も含めた視点が重要になってきます。一時的な売り上げだけでは、ECサイトの長期運用は難しいと考えられます。

キャンペーンを行うメリット

キャンペーンを行う最大のメリットは知名度を挙げやすい点です。
特に、セール系のキャンペーンやクーポン配布のキャンペーンなどは購入のハードルが下がります。そのため、新規顧客の獲得に繋がり、既存顧客も再訪問するきっかけになりやすいです。

消費者を誘導する効果的なキャンペーン事例

セール系キャンペーン

期間限定で通常価格より安い商品を提供することで、わかりやすいお得感を消費者に与えるキャンペーンです。
新春や決算などのユーザーがお金を出しやすいタイミングと合わせてセールを行うことでより効果のあるものになります。
短期的な利益が少なくなってしまいますが、新規顧客の獲得に繋がりやすいです。

クーポン配布キャンペーン

ユーザーの属性によって異なるクーポンを配布したり、SNSとの連携によって配布するなど様々なバリエーションが存在するのがこのキャンペーンの特徴です。
ユーザーがクーポンを使わない場合、ショップ側に対して損失が出ることはありません。そのため、ECサイト側にとって負担の少ないキャンペーンと言えるでしょう。

送料無料キャンペーン

一定額以上をECサイトで購入すると、送料が無料になるというキャンペーンです。
送料無料にするために不急のものを購入したり、生活用品など使用頻度の高いものをまとめ買いしたりするユーザーも多いようです。
また、Amazonのように一定額を月毎に支払い、その代わりに常に送料無料になるといったサブスクリプション形式のサービスもあります。

ECサイトにおけるCVR改善のポイント

CVRとは、ユーザーが会員登録や資料請求、商品購入などの目的を達成した割合を指します。
CVRが低い場合は、ユーザーのニーズとサイトの内容に乖離があるケースが多いです。このケースはアクセス解析ツールを効果的に活用することで解消することができます。ユーザーの属性などを分析し、サイトの内容をユーザーのニーズとあったものにしていくことが重要です。
例えば、幅広い年代のユーザーが使うサイトの場合には、様々な年齢層のユーザーを考慮しなければなりません。デザインやカート周りが煩雑な場合、高齢のユーザーにとっては使いづらいプラットフォームとなってしまいます。
そのため、シンプルで使いやすいものに変更するのが良いでしょう。ユーザーの年齢層を分析し、ニーズに合わせて最適化していくことがECサイト改善に繋がります。
またCVRが高い反面、総アクセス数が少ないには、集客方法を改善する必要があります。SEO対策の強化や関連ページなどからアクセスしやすいものに整備することが重要になってきます。

ECサイト内の商品提案におけるUI改善のポイント

ECサイト分析の結果、平均滞在時間が短い場合や離脱率が高い場合には、サイト内で目的のものを探しにくいという可能性が考えられます。
これはUIの改善を行うことにより解決します。
商品の検索画面やカート周りなどをシンプルなデザインのものに変更することで、ユーザーの満足度を上げることができます。
自身のサイトがターゲットにしているユーザーが使いやすいUIになるよう注意しなければなりません。

まとめ

この記事ではECサイトの改善施策やCVR・UIにおける注意点などについてご紹介しました。
ECサイトの改善において、サイトの課題を把握し、解決していくことは重要です。
この記事がECサイトを改善する際の参考になれば幸いです。

 

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。