タグ別アーカイブ: ECサイト制作

Welcartの使い方やおすすめのスマホ対応テンプレート等を詳しく解説!

現在、国内ECプラグインシェアNO.1の「Welcart」は日本初のWordPress専用ショッピングカートとしてリリースされました。ショップのデザインに制限がなく、ショップに合わせたカスタマイズのしやすさが特徴です。
この記事では、Welcartの使い方やテンプレート、利用の際の注意点や参考になる本等をご紹介します。

Welcart Basicの使い方

Welcart Basicをインストールしたら、設定をしていかなければなりません。
Welcartは基本設定、配送設定、メール設定が必要になってきます。
基本設定では、営業設定や支払い方法の設定を行います。営業設定を利用して、ショップ内でキャンペーンなどを行うことも可能です。
配送設定は、配送の時間や配送する際の便の種類、送料を設定します。
メール設定では、ユーザーが商品を購入した際の御礼メールや通知のテンプレートを決めることができます。メールオプションを利用することで、メールの種類なども分けることができます。

Welcartのテンプレート

Welcartは親テーマと子テーマの2つに分かれています。親テーマだけでもショップ運営を行くことが可能です。子テーマを利用して親テーマをカスタマイズしていきます。

スマホ対応しているレスポンシブWebデザインのWelcartテンプレート

 

ダウンロードはこちら

レスポンシブWebデザインに対応しているテンプレートはWelcart Basicです。レスポンシブWebデザインのため、パソコンだけでなく、スマートフォンからも利用することができます。
このWelcart Basicの最大の特徴は無料で利用できる点です。これからWordPressでWebストアを開設しようと考えている方にとっては、最初から有料のものを利用するのはハードルが高いと思います。そのため、今からWebストア開設しようと考えている方におすすめです。
また、ライブプレビューを確認しながら、リアルタイムに設定や確認を行うことのできる「テーマカスタマイザー機能」が実装されています。問題などが発生した際に、迅速な対応を行うこともできます。

デザインカスタマイズ性に富んだアパレル系におすすめのWelcartのテンプレート

アパレル系のショップではデザインカスタマイズ性が重要になってきます。商品画像の見やすさや配置など、商品の魅力を伝えやすいテーマを選択しなければなりません。

Mode

購入はこちら

このModeは有料の親テーマで、テーマカスタマイザー機能が搭載されています。そのため、商品の詳細情報の表示位置をカスタマイズすることが可能です。
また、Modeでは、CSS・JSファイルをサイト全体で読み込ませるのではなく、使用するファイルのみ読み込みます。これにより、ファイルが軽量化されるため、読み込み速度が他のものに比べて改善されています。
ページの読み込み速度は検索した際の検索順位などにも影響するため、注意が必要です。

Square

購入はこちら

このSquareは有料の子テーマで、カラーデザインの変更、タイトルデザインの変更、SOLD OUT表示やレビュー機能を追加できる点などが特徴です。
レビュー機能を設けることで、そのストアの商品に対する実際のユーザーの声を掲載することができるため、ストアの信頼度が増します。
また、カラーデザインやタイトルデザインも商品の魅力を伝えるために必要なものになってきます。SOLD OUT機能についても商品のサムネイルに表示することが可能なため、ユーザーにとってより使いやすいストアになります。

Nova

購入はこちら

このNovaは有料の子テーマで、商品画像を大胆に魅せるデザインとお問い合わせ機能が特徴です。
トップページではリキッドレイアウト、商品詳細ページではワンカラムアウトを採用しているため、商品画像を大胆に魅せることが可能です。
また、SOLD OUT時のお問い合わせ機能も実装されているます。ユーザーが目当ての商品の在庫がない場合には、お問い合わせとしてショップ側に通知が来るため、仕入れ時の商品量も検討しやすくなります。

Welcartの管理画面でできること

Welcartの管理画面では大きく分けて以下の4つのことが可能です

管理画面でできること・商品管理
・受注管理
・在庫管理
・会員管理

商品管理においては、商品名や商品説明など通常の商品登録だけでなく、データのCSV登録を行うことが可能です。また、受注管理機能では、ステータス変更や管理メールの送信なども
かのうです。さらに、プラグインの拡張を行うことにより、複数配送ギフト機能などのさらに細かなニーズに対応した機能を利用することもできます。

welcartの拡張プラグインを利用する際の注意点

Welcartでは、WCEXと呼ばれるWelcart独自の拡張プラグインを導入することにより、より細かな設定を行うことが可能です。
この拡張プラグインは導入後、1ヶ月間はスタンダードサポートを無料で受けることができます。また、その後も開発フォーラムサポートが引き続きサポートしてくれるため、初めてWelcartを利用する方も安心して利用することができます。
しかし、この拡張プラグインは各プラグインごとにライセンス料を支払わなければならない為、注意が必要です。

welcartのマニュアルを見ながら商品登録を行う際の注意点

Welcartに商品を登録する際には、先に基本設定や配送設定を行いましょう。
基本設定や配送設定を入力せずに商品登録を行うとエラーが出て正常に動作しません。二度手間になってしまうため、特に注意が必要です。

welcartを利用する際に参考になる本

ここでは、実際にWelcart導入を検討されている方向けに、利用する際に参考になる本を1点ご紹介します。

著者:南部正光/森川徹志
小さなECサイトのWordPress+Welcart導入・設定ガイド[Welcart公式ガイド]
出版社:翔泳社

購入はこちら

この本ではWelcartを用いたショップ制作に必要な準備をはじめ、カスタマイズ方法まで詳しく解説しています。また、巻末にはWelcartの機能一覧が付属しており、一目で機能を確認することができます。
また、本書はWelcartが公式ガイドとして認定している為、信頼のおける一冊になっています。

まとめ

この記事ではWelcartの使い方やテンプレート、利用の際の注意点や参考になる本等をご紹介しました。
Welcartは国内ECプラグインのシェアではNO.1を獲得しています。多くのテーマが用意されている中で自身のストアに合っているテンプレートを選ぶことが重要になってきます。
Welcartを導入する際の参考になれば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

WordPressを利用したECサイト構築方法とは?おすすめのプラグインやサービスを紹介!

自社サイトでEC(electronic commerce)を始めようという方は多いのではないでしょうか。EC部門での売上を伸ばしたい今こそ、ECサイト構築の方法、特にWordpressにおけるECサイト化について詳しく解説します。

WordPress でECサイトを構築する目的とは

実店舗に加えてECサイトでも販路を拡大することで売上アップを狙います。また、今まで他のECサイトを通して行っていた販売を自社サイトで直接行うことで、一定の層への集客を見込めます。

自社サイトでECを始めたところ、実店舗での売り上げを大きく上回る売上を挙げたという事例があるそうです。

WordPress でECサイトを構築するメリット

コストの削減

WordPressを利用することによって、ECサイトの構築にかかる費用を削減できます。WordPressは誰でも利用可能であり、無料のEC構築のためのプラグインも提供されています。

他のECサイト構築方法として、ECパッケージの利用が挙げられます。事業の拡大を狙う場合は有効ですが、導入に数百万円、機能の追加に数十万円と大きなコストがかかります。どちらの場合もドメインやサーバーの維持費がかかりますが、Wordpressで構築することは大きなコストの削減につながります。

コンテンツマーケティングによる集客が可能

コンテンツマーケティングとは独自のコンテンツを作成し、情報を発信することによって、商品への集客を狙うことです。今回の場合は、WordPressにおいてブログ記事を書き、同じドメインにある商品ページに誘導するということが当てはまります。

このブログ記事はGoogleなどの検索エンジンからの集客を主なターゲットとしているためSEO 対策は非常に重要になっています。ブログでは商品の特徴や使い方を説明し、消費者がより商品にアクセスしやすいような内容を目指します。

サイトのカスタマイズのしやすさ

WordPressはカスタマイズの機能が豊富であり、デザイン面の自由度が高いです。テーマをダウンロードすることによって誰でも独自性のあるサイトを作成することができます。WordPressは利用者が多いためテーマの設定や改変に関する情報を入手しやすいということもメリットです。

WordPress でECサイトを構築する際の注意点

セキュリティ面での脆弱性

WordPressは世界的にも多くの利用者がいて、しばしばハッカーによる攻撃を受けます。2017年には、150万件のサイト改ざん被害が生じました。ECシステムが同一ドメイン内で行われている場合は、クレジットカード情報の漏洩など被害が大きくなる可能性があります。そのためWordPress のセキュリティシステムは常に最新のものにしておく必要があります。

決済方法が限られている

WordPress にある決済サービスと対応したプラグインが存在しない限り、新しい決済サービスを追加することはできません。Amazon Payやサブスクリプションに対応していないため、一定の層が購入につながらない場合があります。

いくつかのクレジットカードには対応しているものの、最新の決済方法への対応が未実装なため、せっかくブログでターゲットをブログで集めてもCVRの低下につながってしまいます。

利用に知識や手間が必要

WordPressは無料でECサイトを構築できるというのが利点ですが、自分で一からサイトを構築・管理する必要があります。ドメインやサーバーの準備からプラグインの追加や各種設定まで自力で行う必要があり、Webやプログラミング言語に関するスキルが求められます。

ECサイトの構築方法(プラグインの設定・追加による構築)

プラグインの追加をすることによってWordPress自体をECサイトにします。プラグインの設定によりECサイトの運営に必要な様々な機能を設定します。ECサイト構築のためのプラグインは様々な種類があり、自社にあった機能を好きなように追加していくことが可能です。

ECサイトに欲しい機能は以下の4点です。
・カート機能
・決済機能
・受注の管理
・問い合わせフォーム
多くのプラグインがこれらの機能を搭載しており、導入をスムーズに無料で行うことができます。

WordPress でECサイトを構築する際のおすすめのプラグイン

WelCart


誰でも無料で使用可能なプラグインです。国産のプラグインのため日本語に対応しており、使い勝手が良いでしょう。カートの設置からクーポンの発行や、定期購入まで様々な機能があり、デザインやカスタマイズもテンプレートに沿って簡単にすることができます。

Easy Digital Downloads


WordPressでダウンロード販売などを追加できるプラグインです。公式のプラグインであるため、信頼性があり、設定が簡単に行えます。デフォルトで対応している決済方法は少ないですが、専用のアドオンを追加することによって様々な決済方法に対応することができます。

ECサイトの構築方法(外部サービスとの連携による構築)

WordPressをコンテンツマーケティングとして使い、決済ページなどは外部のサービスを利用して構築します。WordPressはブログとして商品の紹介をし決済ページと連携することで集客を目指すという役割に徹します。

外部のサービスを使うことでセキュリティ面で強くなり、様々な決済サービスに対応することができます。以下に代表的なEC構築サービスを紹介します。

Shopify


ShopifyはEC開発・運営のプラットフォームであり、世界NO.1シェアを誇っています。ShopifyでECサイトを構築し、WordPressのブログに購入ページを貼り付けることができます。Shopifyはカスタマイズ画面からWordPress上で表示する「購入ボタン」のデザインを設定することができます。

BASE


BASEはネットショップを簡単に作成できるオンラインサービスであり、WordPressとAPIやプラグインによる連携が可能です。機能が豊富にあり、利用自体は無料で行えることが魅力です。

EC-CUBE


EC-CUBEはECサイトの構築が可能なCMSです。メルマガ配信機能や売上の集計の機能がある点や物流サービスとの連携も可能です。セキュリティ面でも多くの機能が備わっており、信頼性が高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はECサイトをWordPressを利用して構築する方法についてそのメリットや注意点、おすすめのサービスなどを解説しました。WordPressを利用したECサイト構築は、プラグインを追加してWordPressのサイト自体をECサイト化する方法と、外部サービスを導入し、WordPressとECサイトのプラットフォームを分け、役割分担をする二つの方法があります。どのような方法・サービスが自社にあっているかをよく検討しましょう。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

ECサイトを改善施策をご紹介!CVRやUIにおける注意点も詳しく解説します

近年、企業の多くがECサイトを導入しています。ECサイトの導入にあたり、どのように改善していけば良いかわからないという方も多いかと思います。
この記事では、ECサイトの改善施策やCVR・UIにおける注意点などについてご紹介したいと思います。

ECサイトの改善施策立て方

ECサイトは常に改善していく必要があります。ユーザー属性やニーズに合わせて改善していくことにより、売り上げの増加に繋がっていきます。
改善の方法は大きく分けて以下の4ステップになります。

 

ECサイト改善施策自身の理想と現状のギャップを分析し、課題を明確にする
現状・課題を基に改善施策を立てる
改善施策を実行し、結果を検証するこのステップを繰り返していくこと消費者にとって使いやすいECサイトになっていきます。

自身の理想と現状のギャップを分析し、課題を明確にする

まずは、自身の理想と現状との差を分析し、改善の目的と改善の課題を明確にしましょう。
どのような課題があり、なぜそれを解決しなければならないのか、改善することによってどのような形にしたいのかについて考えることが重要です。このプロセスでは、課題の把握と最終的な理想をイメージすることがポイントになってきます。
課題の把握を行う際には、Googleアナリティクスなどのデータを集約してくれるようなツールを用いて行うと良いでしょう。数値データを用いることによって客観的に現状の課題を見つけ出すことが可能です。

 

現状の課題に対する改善施策を立てる

次に行うべきことは、自身の理想に近づけていくための計画を立てることです。
把握したECサイトの現状を基に、課題を解決するためにどのようなことをするのかを決めていきましょう。
集客が不足しているのか、CVRが低いのか、リピート率に問題があるのかなど仮説を設定し、改善施策を作っていきましょう。
具体的な解決策としては、集客が足りない場合にはSEO対策の強化、CVRが低い場合にはUIの改善・カート周りの見直しが挙げられます。

改善施策を実行し、結果を検証する

そして、改善策を実行したら、結果を検証していきましょう。
自身の行った施策がどのような影響を及ぼしたのか、プラスに働いたのか、マイナスに働いたのか等様々な視点から検証していきましょう。自身の理想としている形や向かっている方向性自体が間違っているというケースも考えられます。
検証を行っていくことにより、どの施策が間違っていて、どの施策が有効だったのかを把握することができ、今後に生かしていくことが可能です。

 

キャンペーンを用いてECサイトを改善する方法

ほとんどのECサイトがキャンペーンを行っています。
キャンペーンを行う上では、短期的な利益だけではなく長期的な利益も含めた視点が重要になってきます。一時的な売り上げだけでは、ECサイトの長期運用は難しいと考えられます。

キャンペーンを行うメリット

キャンペーンを行う最大のメリットは知名度を挙げやすい点です。
特に、セール系のキャンペーンやクーポン配布のキャンペーンなどは購入のハードルが下がります。そのため、新規顧客の獲得に繋がり、既存顧客も再訪問するきっかけになりやすいです。

消費者を誘導する効果的なキャンペーン事例

セール系キャンペーン

期間限定で通常価格より安い商品を提供することで、わかりやすいお得感を消費者に与えるキャンペーンです。
新春や決算などのユーザーがお金を出しやすいタイミングと合わせてセールを行うことでより効果のあるものになります。
短期的な利益が少なくなってしまいますが、新規顧客の獲得に繋がりやすいです。

クーポン配布キャンペーン

ユーザーの属性によって異なるクーポンを配布したり、SNSとの連携によって配布するなど様々なバリエーションが存在するのがこのキャンペーンの特徴です。
ユーザーがクーポンを使わない場合、ショップ側に対して損失が出ることはありません。そのため、ECサイト側にとって負担の少ないキャンペーンと言えるでしょう。

送料無料キャンペーン

一定額以上をECサイトで購入すると、送料が無料になるというキャンペーンです。
送料無料にするために不急のものを購入したり、生活用品など使用頻度の高いものをまとめ買いしたりするユーザーも多いようです。
また、Amazonのように一定額を月毎に支払い、その代わりに常に送料無料になるといったサブスクリプション形式のサービスもあります。

ECサイトにおけるCVR改善のポイント

CVRとは、ユーザーが会員登録や資料請求、商品購入などの目的を達成した割合を指します。
CVRが低い場合は、ユーザーのニーズとサイトの内容に乖離があるケースが多いです。このケースはアクセス解析ツールを効果的に活用することで解消することができます。ユーザーの属性などを分析し、サイトの内容をユーザーのニーズとあったものにしていくことが重要です。
例えば、幅広い年代のユーザーが使うサイトの場合には、様々な年齢層のユーザーを考慮しなければなりません。デザインやカート周りが煩雑な場合、高齢のユーザーにとっては使いづらいプラットフォームとなってしまいます。
そのため、シンプルで使いやすいものに変更するのが良いでしょう。ユーザーの年齢層を分析し、ニーズに合わせて最適化していくことがECサイト改善に繋がります。
またCVRが高い反面、総アクセス数が少ないには、集客方法を改善する必要があります。SEO対策の強化や関連ページなどからアクセスしやすいものに整備することが重要になってきます。

ECサイト内の商品提案におけるUI改善のポイント

ECサイト分析の結果、平均滞在時間が短い場合や離脱率が高い場合には、サイト内で目的のものを探しにくいという可能性が考えられます。
これはUIの改善を行うことにより解決します。
商品の検索画面やカート周りなどをシンプルなデザインのものに変更することで、ユーザーの満足度を上げることができます。
自身のサイトがターゲットにしているユーザーが使いやすいUIになるよう注意しなければなりません。

まとめ

この記事ではECサイトの改善施策やCVR・UIにおける注意点などについてご紹介しました。
ECサイトの改善において、サイトの課題を把握し、解決していくことは重要です。
この記事がECサイトを改善する際の参考になれば幸いです。

 

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

Shopifyのレポート機能やアプリなどを用いたストア分析方法をご紹介!

近年、「Shopify(ショッピファイ)」を用いてECサイトを開設する企業が増えています。
Shopifyでストアを開設した際には、その後にストア分析を行っていくことがその後の売り上げアップの鍵になってきます。
本記事ではShopifyの標準機能や外部ツール、アプリを用いたストア分析の方法を詳しくご紹介したいと思います。

Shopify(ショッピファイ)とは

Shopifyとはカナダ発のグローバルシェアNO.1のECサイト構築プラットフォームです。
現在では、175ヵ国で利用されており、100万以上のストアがこれまでに開設されてきました。日本国内向けにローカライズされたことを皮切りに、現在多くの企業が利用しています。また、グローバル展開を行う日本企業が、国内向けECサイトとは別で海外向けECサイトを立ち上げる際に利用する例も見られます。

Shopify(ショッピファイ)を用いたストア分析を実施するメリット

Shopifyでストアを開設できたら、次に行うべきことはストア解析です。
「自身のストアは何が売れているのか」、「どのような人達が閲覧しているのか」などのストア解析を行っていかなければなりません。
このストア解析を行っていくことにより、商品を売っていく上でのストアの改善点を発見することが可能です。

Shopify(ショッピファイ)でデータ分析・アクセス解析をする方法

shopifyでは以下の3つの方法を用いて分析をおこなうことが可能です。

分析方法・標準機能
・外部ツール
・アプリケーション

shopifyは標準搭載されている分析機能が他のプラットフォームと比べて充実していますが、そこにアプリケーションを組み合わせることでより多くのことを分析することが可能です。また、ニーズに合わせて外部ツールを用いてさらにカスタマイズすることも可能です。

標準機能を用いてShopify(ショッピファイ)ストアを分析する方法

Shopifyには財務レポート機能とダッシュボード機能が全てのプランに共通で搭載されています。
財務レポート機能では、商品の売り上げや支払い方法、ギフトカードの売り上げなどの情報を追跡可能です。決済方法別の利用頻度や利用額を分析することで、ストアを改善していくことができます。

ダッシュボード機能では、販売合計やオンラインストアのセッション数などの多くのことを表示することが可能です。特に、この機能で分析可能なリピーター率やオンラインストアのコンバージョン率は売り上げに直結してくる部分です。そのため、ダッシュボード機能をいかに上手く活かせるかがストア運営のポイントの一つでもあります。

このほかにも多くのストア分析機能がありますが、そのほとんどはベーシックプラン以上を契約しないと利用することができません。

外部ツールを用いてShopify(ショッピファイ)ストアを分析する方法

Shopifyでは、API連携により外部ツールも使用することが可能です。
多くある外部ツールの中でも特におすすめなものが、WEBサイト解析ツールであるGoogleアナリティクスです。
Googleアナリティクスは、ストアへアクセスしているユーザーの属性分析やユーザーの滞在時間などの分析指標を見るのに適しています。
これにより、「広告から購入に繋がっているのか」「自然検索により購入に繋がっているのか」などの情報を客観的に分析可能です。

アプリケーションを用いてShopify(ショッピファイ)ストアを分析する方法

Shopifyには何千種類ものアプリケーションが用意されており、ストアのニーズに合わせてカスタマイズを施すことが可能です。
領収書や梱包伝票を発行してくれるアプリケーションから商品に対するカスタマーレビューを追加可能なものまで様々です。
ここでは、特にストア分析に特化したアプリケーションをご紹介します。

SEO Site Audit, Benchmark Hero

このアプリケーションは検索やストアのパフォーマンスなどを関連させて分析してくれます。自身のストアの長所や短所を提示してくれるため、コンバージョンがうまくいっていないストアなどに向いていると言えるでしょう。

インストールはこちらからどうぞ

Compass

このアプリケーションはEコマースストアを運営している方におすすめのアプリケーションです。
30を超えるEコマースの測定基準を分析することで自身のストアを分析することが可能です。また、競合相手をベンチマークし、改善点も提案してくれます。

インストールはこちらからどうぞ

Kit

このアプリはAIが搭載されており、ストア分析を行ってくれる点が最大の魅力です。AIがストア分析を行い、その方向性にあった顧客を自動的に探してくれます。
また、見つけた潜在的顧客に対しても自動でメッセージを送るなどのアプローチも行ってくれます。
広告の掲載やアップデートも行ってくれるため、始めたばかりで人手が足りないストアなどにおすすめです。

インストールはこちらからどうぞ

Shopify(ショッピファイ)のプロフェッショナルレポート機能のメリット

Shopifyプロフェッショナルレポートとは、様々な販売情報を管理することが可能な機能です。管理画面から閲覧することができます。

プロフェッショナルレポートでは、Shopifyを使用している全期間のレポートを閲覧することが可能です。途中からプランを切り替えた場合でも、以前利用していたプランの期間の情報も集約することができるため、安心して利用できます。
リピーターに関する情報や、どの国から購入されているのかという情報も分析できます。

また、ストアに出品している商品にかけられた税の徴収状況も確認可能なため、納税申告の処理も円滑に行うことができます。

Shopify(ショッピファイ)のプロフェッショナルレポート機能が利用可能なプランの料金

先述したプロフェッショナルレポート機能は非常に便利な機能ですが、スタンダードプラン以上でないと使用することができないため注意が必要です。
スタンダードプランは月額70ドルから利用可能です。
また、ベーシックプランではログインできるアカウントの人数が最大2人であったのに対し、スタンダードプランでは最大5人がログイン可能です。

まとめ

今回は標準機能や外部ツール、アプリを用いたストア分析の方法やプロフェッショナルレポートが使用可能なプランなどをご紹介しました。
ストアを運営していく上でストア分析は非常に重要な要素の一つです。Shopifyでは、標準機能や外部ツール、アプリをうまく組み合わせて使うことにより、作業を効率化することができます。
この記事がストア分析をする際の参考になれば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

 

Shopifyのテーマの選び方とおすすめのテーマ一覧等をご紹介します!

近年、多くの企業が自社ECサイトを立ち上げていおり、様々なEC構築プラットフォームがあります。
その中で、世界最大のシェア数を誇るのが「Shopify(ショッピファイ)」です。

この記事ではShopifyテーマの選び方やオススメのテーマなどについて詳しく解説していきます。

Shopifyとは

Shopifyとは、全世界175カ国で使用されている世界シェア第1位のEC構築プラットフォームです。
シンプルで高機能なデザインが特徴です。国内向けローカライズに伴い、国内の多くの企業で導入されています。初期設定の機能だけでもECサイト開設は可能で、無料のテーマから有料のテーマまで設定されています。
企業の状況やニーズに合わせて使い分けることが可能です。

Shopifyテーマの数や種類

Shopifyには多くのテーマがあり、簡単にストアを作成できる点が大きな魅力です。
Shopifyのテーマは公式のもので100種類程度、非公式のものも数に入れると1000種類を超えるテーマが存在します。画像訴求力が強いアパレルサイト向きなものから、シンプルなレイアウトで幅広い年代をターゲットにできるものまで様々なものが用意されています。

Shopifyテーマの選び方

ストアを作る上で、多くのテーマから自身のストアに合ったものを選ぶことが非常に重要になってきます。

テーマを選ぶ際に注意すべきポイントは以下の2点です。

注意すべきポイント・商品イメージとテーマの相性
・どの層に向けて売るのか

 

商品イメージとテーマの相性


まず一番最初に考えなければならないのは、商品と相性の良いテーマを選ぶことです。
扱っている商品のジャンルやどの程度の量の商品を販売するのかによって相性の良いテーマは変わってきます。
例えば、アパレル系の企業で洋服を商品として販売したい場合、一番重要になってくるのは商品ページの画像です。服のデザインや雰囲気などをしっかり伝えられるような商品ページにしなくてはなりません。その場合には商品画像が綺麗に見えるものやイメージを伝えやすいものを選定しなくてはなりません。

どの層に向けて売るのか


また、販売するターゲットに合わせて、使用するテーマを決めることも重要です
具体的には、若者から高齢者まで幅広い年代をターゲットに商品を販売する場合、消費者の見やすさや扱いやすさが重要になってきます。特に高齢者をターゲットにする場合には、なるべくシンプルなデザインを選ぶ方が良いでしょう。

 

状況に応じて変更可能なカスタマイズ性に富んだ
Shopifyテーマ3選

Debut


「Debut」は初期登録されている無料テーマのうちの一つです。
独自のサイトを作成したい場合には、Shopify専用言語である「Liquid」を大幅にカスタマイズすることにより、作成が可能となります。非常にシンプルな構造のため、構築が容易なテーマです。また、機能性においても高い評価を得ています。

 

Impulse


この「Impulse」はShopifyのテーマの中でも有料のものになります。
検索機能に特化しており、複数条件検索やコレクションごとの絞り込みなどが可能です。
また、デフォルトで設定できる機能が豊富なため、様々なユーザーのニーズに合わせてカスタマイズを施すことが可能です。
ラグジュアリー感の強いデザインが特徴です。

Handy


「Handy」もShopify有料テーマの一つです。
モバイル向けデザインを標準搭載しており、シンプルで見やすい点が特徴として挙げられます。
扱いやすいテーマのため、初めての方にオススメです。
また、プロモーション用画像もカスタマイズすることが可能である点も魅力の一つと言えるでしょう。

商品が選びやすいシンプルなデザインのShopifyテーマ3選

 

Minimal


「Minimal」は初期登録されている無料のテーマのうちの一つです。
無料テーマの中でも評価が高く、名前の通りシンプルなデザインが特徴です。
複数の商品画像をサイトトップに表示することが可能なため、画像訴求力の高いテーマと言えるでしょう。また、商品画像の上にカーソルを置くことで、ズーム機能を使うことも可能です。

Supply


商品数が多い店舗にオススメなテーマが「Supply」です。
フィルタリング機能が実装されており、多くの商品の中から希望の商品を探しやすいことが特徴の一つです。
おすすめコレクション表示機能により、売りたい商品などに焦点を当てることが可能です。

Werehouse


シンプルなレイアウトと見やすいデザインが特徴的なのが「Werehouse」です。
スマホから使用した際のグローバルナビや商品閲覧時の挙動に工夫されており、在庫の残りなども表示させることが可能です。

アパレルショップなどにオススメのお洒落なデザインの
Shopifyテーマ3選

Parallax


Parallax」はビジュアル性が重要なECサイト構築の際オススメなテーマになります。
パララックス効果を取り入れたテーマとなっており、デザイン性とサポート体制の充実が高い評価を受けています。

Testament


使いやすさと操作性に定評のあるテーマが「Testament」です。
複数条件での検索や多段階絞り込みなどの検索機能も充実しています。また、売れ筋の商品や新作商品の表示などレイアウトも見やすいものになっています。

Prestige


ラグジュアリー感が強いデザインでハイエンドな商品を掲載したい場合にオススメなのが「Prestige」です。有料のテーマですが、非常に高い画像訴求力があります。表示される商品画像が大きく、高解像度のため、商品のディティールが見やすいことが特徴として挙げられます。
また、ユーザーサポートが充実していることも人気の理由の一つです。

Shopifyテーマを日本語対応させる方法


有料のテーマを利用する際に注意しなければならないのが、言語設定です。有料のものは言語設定が日本語に対応していないため、元の英語に対して日本語の翻訳を入力しなければなりません。また、Shopifyの言語設定を日本語に変更していない場合、英語でストアが作成されてしまう点も注意しなければなりません。
すぐにストアを開設したい場合には、手間の少ない無料のテーマを使うと良いでしょう。

Shopifyテーマを開発する際の注意点


ShopifyのテーマはLiquid言語とThemekitを用いることで開発可能です。
Themekitを利用するためにはプライベートアプリを作成し、Themekitをインストールすることが必要になってきます。
開発するためには、Liquid言語の習得と上記のような工程が必須です。これからストアを開こうという初心者やすぐにストアを開設したいという方にはハードルが高いため、既存のテーマを利用する方が良いでしょう。

まとめ

本記事では、Shopifyのテーマの選び方や種類、オススメのテーマ、日本語で利用する際の注意点などを解説しました。

テーマ選びにおいては、自身のストアの方向性とテーマの特徴がマッチすることが非常に重要になってきます。

多くのテーマから自身に合ったものを選ぶ参考になれば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

ECサイトの作り方完全版!無料で作れる方法や作る上で参考になる本をご紹介します!

ECサイトには様々な作り方があります。

本記事ではECサイトの作り方と作る上での注意点、参考になる本などについて詳しく解説します。

ECサイトの作り方の種類

ECサイトは無料で作ることができるものと有料でベンダーに依頼するものとに分かれます。

プログラミングを用いて行える無料のECサイト作り方 ①フルスクラッチ

フルスクラッチ方式とはゼロから作り上げる方式であるため、最も自由にECサイトを作成することが可能です。具体的には、ZOZOTOWNやUNIQLOなどの大手企業がこのフルスクラッチ方式を採用しています。
フルスクラッチの最大のメリットは自社に完璧にあったECサイトの作成が行える点です。また、改善点がある場合にはすぐに改善を行うことができます。カート周りの改善などを迅速に行うことが可能なため、コンバージョンに繋がりやすいです。また、システムトラブル時などにもすぐに対応することができます。
フルスクラッチのデメリットはシステム開発にかかる費用が莫大である点とシステムがすぐに古くなってしまう点などが挙げられます。ゼロベースからECサイトを作成するため、莫大な費用がかかってしまいます。
また、実際に売り上げにつなげるためにはECマーケティングに精通したマーケターが必要不可欠です。そのため、実際に取り入れる場合には、ZOZOTOWNなど年商1000億円クラスで社内に優れたマーケターを確保できる企業に限られてしまいます。また、5年程度でECシステムをリニューアルしなければならないため、その点でも予算や人員などが確保可能な企業でなければなりません。

プログラミングを用いて行える無料のECサイト作り方 ②ASP

ASPは初期費用が非常に安く済むことが特徴です。BASEやSTORESなど無料で利用できるものもあります。有料のものでも月額数千円から数万円程度で利用可能です。また、システムも常に最新の状態を保つことが可能です。デメリットは、自社に合わせたカスタマイズを施せない点です。システム連携をすることができないため、発送などの作業を効率化することが難しいと考えられます。また、デザインも制限されている場合があります。

プログラミングを用いて行える無料のECサイト作り方 ③WordPress

WordPressはwebサイトを作成する代表的なCMSです。
WordPressのメリットは集客のしやすさです。SEO対策やブログ運用に秀でているプラットフォームのため、集客に適しています。また、管理のしやすい画面なども魅力の一つです。
WordPressのデメリットはシステムが古くなってしまうことです。WordPressはオープンソースの一種であるため、システムの老朽化などによってセキュリティが脆弱になってしまうことも注意しなければなりません。障害などが発生した場合は自社責任になり、顧客との信用問題にも関わってきます。

ベンダーに依頼するECサイト作り方 ① ECパッケージ

ECパッケージはベンダーがECシステムを開発しています。企業のニーズに合わせてシステムをカスタマイズし導入していくやり方が主流で、初期費用が数百万円かかるため、年商1億円以上の企業が導入するのが一般的です。
ECパッケージのメリットは、フルスクラッチに比べて低コストであるため、比較的容易に導入をすることが可能です。以前と比較してもECパッケージはフルスクラッチに機能が追いついてきているため、大きな差がありません。
ECパッケージのデメリットはシステムが古くなってしまった場合、リニューアルが必要になってまう点です。リニューアルを行わずに使い続けることは可能ですが、その場合、システムのセキュリティの脆弱性や、法令への対応など様々な問題が発生します。
そのため、カスタマイズが可能であり、更新によりシステムが古くならないクラウドECに流れが移行しつつあります。

ベンダーに依頼するECサイト作り方 ②クラウドEC

クラウドECとはクラウドサーバー上にECサイトを作る手法で、ECパッケージと同様にカスタマイズすることが可能です。中規模、もしくは大規模のECサイト作成に用いられることが多い傾向にあります。
クラウドECの大きなメリットはカスタマイズ可能であり、リニューアルの必要がない点です。クラウド上にECサイトを作成するため、システムが常にアップデートされます。そのため、ECパッケージと異なり、システムが古くなることはありません。
クラウドECにおける最大のデメリットは、自社サーバーにシステムを置くことが不可である点です。プログラムコードの開示もされていないため、自社もシステム開発に参加したい、もしくはプログラムの詳細について把握したいという個人や企業には向きません。

ECサイト作成における個人と企業の違い

ECサイトを作る上で、以下の二点について個人と企業では大きな違いがあります。

個人と企業の相違点・予算規模
・人手

ECサイトを作る上で、最も気になるのは費用ではないでしょうか。企業などの大きい組織はある程度予算に余裕がありますが、個人の場合はそうではありません。また、人手も個人に比べて企業の方が多く人数を裂くことが可能です。個人に比べて企業の方が集客などのノウハウを持っているケースも多いです。

個人の場合のECサイトの作り方

個人の場合におすすめなものは、ASPです。
個人の場合や予算や人手など多くの面において、企業に比べ制限されています。

特に、これからECサイトを作り上げようという初心者にとって、初期費用は大きな課題になってくると思います。作成スキルがある場合にはオープンソースを利用して作ることも可能ですが、そのようなケースは少ないと思います。
現在、ASPには無料で登録可能なものもあります。代表的なものを挙げると「BASE」や「STORES」などです。有料のものでも月数千円になるので、他のものに比べると非常にお手頃な価格です。
デメリットとしてカスタマイズができない点や、デザインに縛りなどが存在する点がありますが、初期費用などの観点からもASPを使うことをお勧めします。

個人である程度予算がある場合には、専門の企業に作成を依頼するのも良いでしょう。

企業の場合のECサイトの作り方

企業の場合におすすすめなものは、システムがある程度拡充できるものです。
初期費用を安く済ませようとして拡充が効かないものを選んでしまうと、事業拡大により機能を拡充したい場合、システム変更に大きな労力とコストを裂くことになります。
そのため、将来の事業を見据えたシステム選びが重要になってきます。
また、オープンソースの場合にはセキュリティに特に注意が必要です。顧客情報が流出した場合には、信用問題になってしまいます。

ECサイトを作る上での注意点

サポートの有無

ECサイトを作る上で、サポートの確認は必須です。
特にオープンソースの場合、サポートデスクなどは存在しないため、問題が発生した場合には自身で解決しなくてはなりません。問題を自分で解決していくためにはスキルと知識が必要です。その他のプラットフォームでもどのようなサポートを受けることができるのか確認することが重要です。

不具合の責任の所在

ECサイト運営でバグや不具合が発生した場合の責任の所在についても確認が必要です。
フルスクラッチやオープンソースでは不具合やバグの際には自社責任になってしまうため注意しなければなりません。
また、ECパッケージも不具合などの際には自社で一時対応を行わなければなりません。

システムの更新

ECサイトを作っていく上で、システム更新も踏まえてプラットフォームを選ばなければなりません。
クラウドECなどはシステムが更新されていきますが、オープンソースやECパッケージは自動更新されません。
特に、オープンソースはカスタマイズしてしまうとシステム更新ができないケースがほとんどのためシステムが脆弱になってしまいます。セキュリティの面からもシステム更新については注意が必要です。

ECサイトを作る上で参考になる本

ここでは、ECサイトを作る上で参考になる本を紹介致します。

初心者がECサイトを作る際に参考になる本

企業や業態によって使用するECサイトは異なってくると思います。
しかし、ECサイトを作る上で基礎となってくることは基本的には同じです。

新人IT担当者のための Webサイト 構築&運営がわかる本
著者:池谷 義紀
出版社:技術評論社

PHPでECサイトを作る際に参考になる本

PHPでECサイトを作る場合のメリットは他のプログラミング言語に比べて比較的容易に習得できる点です。Web開発に特化した言語で、比較的初心者向けのものと言えるでしょう。
デメリットは、PHPはスクリプト言語のため、コンパイラ言語と比較すると処理速度が遅くなってしまいます。

気付けばプロ並みPHP 改訂版-ゼロから作れるようになる
著者:谷藤 賢一
協力:徳丸 浩
出版社:リックテレコム

JavaでECサイトを作る際に参考になる本

JavaでECサイトを作る際のメリットは使用しているプラットフォームに依存することなく使用することが可能である点です。OSがAndroidでもIOSでも対応することが可能です。また、PHPに比べて処理速度が速く、高いセキュリティを誇ります。大規模な基幹系システムからアプリケーションの開発まで様々な用途で用いられます。デメリットとしては、プログラミング時の制約が多く、習得するまでに多くの時間を必要とするため今すぐECサイトを作りたいという方には向いていないかもしれません。

すっきりわかるJava入門 第3版
著者:中山清喬・国本大悟
監修:株式会社フレアリンク
出版社:インプレス

まとめ

現代において、個人も企業もECサイトを作ることは以前に比べて簡単になりました。
様々な方法があり、多くの人がECサイトを作ることが可能です。
しかし、重要なことは自身の要望とマッチするプラットフォームの選定です。
制作会社に依頼する場合には、ニーズをきちんと汲み取りライティングやデザインのクオリティを担保してくれる会社選びが重要になってきます。ECサイトは企業イメージや売り上げに直結するものです。必要に応じて問い合わせを行い、信頼のおける会社を選定しましょう

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

 

 

徹底比較!東京のEC制作会社15選!失敗しないための選定ポイントとは?

ECサイト運営にあたり、EC制作会社の導入を検討している企業の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。現在、制作会社は全国で1万社近くあり、その中から1つに選定することは時間と労力のかかる大変困難な作業となります。

今回は、EC制作会社の選定ポイントと東京のおすすめEC制作会社を15社ご紹介します。EC制作会社導入の際は是非参考にしてみてください。

ECサイトの構築手順とは?

ECサイトの構築方法をご存知でしょうか?ECサイト制作の際には非常に多くの工程が必要となります。膨大な作業時間を要する場合があるため、業務次第では外部委託することをお勧めします。具体的なECサイトの構築手順についてご説明していきます。

コンセプト・要求定義

ECサイトを構築する際には初めに扱う商品やターゲットを定め、どのようなECサイトを制作するのかといったコンセプトを定義します。サイトイメージに関わる重要なポイントです。コンセプトの定義が決定したら、要求定義を行います。要求定義とは、サイト制作期間や予算、サイト要件やシステム要件を決定する工程です。ECサイト制作にあたり必要な機能を決定づけ、プラットフォーム選定の際に重要となる工程です。

コンセプトや要求の定義付けを行わなかった場合ECサイト制作会社とサイトイメージのミスマッチが生じる可能性があります。具体的なサイト制作に移る前に必ずコンセプトと要求定義を明確化しましょう。

プラットフォーム決定

ECサイトのプラットフォームを決定します。プラットフォームは後から変更することが困難である場合が多いため、慎重に選定しましょう。

ECプラットフォームは主にASP・オープンソース・パッケージ・フルスクラッチ・クラウドECの5つに分類することができます。

それぞれ費用やカスタマイズ性の自由度が異なるため自社の要求定義と比較して検討する必要があります。

設計・開発

プラットフォームが決定したら、ECサイトのワイヤーフレームを作成します。各ページに盛り込むコンテンツや機能を詳細に決定していきましょう。また、必要なコンテンツを整理するコンテンツマップを作ることでコンテンツ漏れを回避することができます。

デザイン・コーディング

ワイヤーフレームに沿ってサイトデザインを構築します。デザインは企業イメージに直結するだけでなく、ユーザーの購入意欲に関わるポイントとなります。デザインの綺麗さはもちろん、ユーザーの利便性を考慮したサイトデザインにすることで売上アップを図ることができます。外部委託する場合は、妥協せず自社の要望を詳細まで伝えることでミスマッチを防ぎましょう。

商品登録

構築したECサイトに取り扱う商品を登録していきます。登録する具体的な項目はプラットフォームにより異なりますが、主に商品名・商品写真・販売価格・在庫数・商品説明文・商品スペック等が挙げられます。多くのシステムではCSVを使用した一括登録が可能となっていますが、システムごとにCSVファイルを作成する必要がある点に注意しましょう。

オペレーションテスト

サイトをオープンする前に、サイトに問題がないか確認するためのオペレーションテストを実施します。問題がある場合はすぐに修正を行う必要があるため、サイトに関するある程度の知見が求められます。オペレーションテスト完了後にサイトオープンとなります。

EC初心者必見!EC制作会社の選定ポイント

自社の業界とマッチしているか

近年、EC制作会社の多種多様化が進んでいます。

EC制作会社には得意分野がある場合が多く、得意分野が異なると作成されるサイトが大きく異なります。集客やマーケティング・コンサルなど、特化したい分野にマッチした強みを持つ制作会社に委託しましょう。得意分野は制作会社の実績を確認するか、直接質問をすることで把握することができます。気になる制作会社がある場合は必ず確認することをお勧めします。

デザインやライティングのクオリティ

デザインやライティングはECサイトの要となる重要なポイントです。

サイトデザインは企業イメージに関わる場合があり、ユーザーの購買意欲を左右する場合があります。人気サイトは必ずといっていいほどデザイン性に優れています。そして、デザインのおしゃれさのみではなく、ユーザーの利便性も考慮されている場合が殆どです。おしゃれさと利便性を共に確保したデザインのクオリティを追求しましょう。

ライティングは商品説明などの文章構築のことを指します。ユーザーに商品の魅力をわかりやすく伝え、訴求力の高いキャッチコピーを構築することで売上向上に繋がる場合があるため、妥協せずにクオリティを求めることが大切です。

見積書の内容が納得できるものか

見積書に納得できるかどうか、費用対効果が期待できるか等見積書をしっかりとチェックしましょう。見積が要件を満たしていないEC制作会社の場合、自社でECサイト構築を行う方がコストを抑えられる場合があります。料金システムは制作会社毎に異なるため、初期費用の有無や月額費用など詳細まで確認し、コストパフォーマンスの向上に務めましょう。見積書の内容を厳重に確認するためには、事前に自社の予算・サイト制作期間といった要件を予め明確化しておくことをお勧めします。

構築以外のサービスに注目

制作会社によっては、サイト構築だけでなく運営や集客といったサポートを実施している場合があります。構築以外のサポートが充実していることで、運営後の問題点の解決がスムーズに行える、集客力が高まり売上アップに繋がる等のメリットが期待できます。また、アフターサービスにも制作会社毎に得意分野があるため予め確認しておくことをお勧めします。制作会社のサポートを活用し、充実したサイト運営を目指しましょう。

運営まで一気通貫で支援!構築実績豊富な制作会社3選

アートトレーディング株式会社

・サイト構築から運営までワンストップで支援
・独自の受注管理・在庫管理システムを提供
・10年以上にわたる豊富な実績保有

アートトレーディング株式会社は、東京都渋谷区の会社で10年以上にわたり上場企業のECサイトを支援してきた豊富な実績とノウハウを保有しています。新規・既存問わずECサイトの制作から運営まで一気通貫で支援可能となっています。

独自の受注管理・在庫管理システムである「mylogi」を提供していて、複数モールの受注ファイル一括管理やAPI管理による自動出荷を実現しています。また、自社サイトのみならずWORDPRESSとの提携によりハイブリッド型サイトやモール展開を可能にしています。サイト構築・商品撮影・ページ更新・受発注・出荷・売上管理・コールセンターまで総合的に委託することができます。また、ビジネスにマッチした物流会社を無料で紹介するサポ―トを実施しています。
料金体系

・ECサイト立ち上げプラン 30万円~
内容  テンプレート選択タイプ(2バージョン)TOP
ASP初期設定/必要店舗ページ/商品登録(5商品)/基本的SEO対策/GoogleAnalytics/GooleSearchConsole

・ECサイトビジュアル充実プラン 50万円~
内容 オリジナルデザイン(TOPのみ)
ASP初期設定/必要店舗ページ/商品登録(5商品)
基本的SEO対策/GoogleAnalytics/GooleSearchConsole

・より自由な表現を!ASP+WPプラン 70万円~
内容 ASP初期設定(基本設定・テンプレート設置込み)
オリジナルデザイン(TOP/商品ページ)/商品登録(15商品まで)
基本的SEO対策/GoogleAnalytics/GooleSearchConsole

・あなたのWPサイト増改築プラン 30万円~
内容  既存のWPサイトにカタログ機能とECカートボタンを設置

株式会社いつも

・ネットショップ支援実績9000社以上
・戦略から構築・物流までフルサポート

株式会社いつもは東京都千代田区に本社を持ち大手企業を中心に圧倒的な支援実績を有した制作会社です。Amazonや楽天市場などの大型モールでマーケティング支援NO.1を誇り様々な上場企業の売上上昇に貢献しています。独自の300項目診断シートから市場の運用状況を分析しPDCAを回して集客に繋げ確実に売上上昇を狙うといったビジネスモデルが確立されていて、サイト運営をプロに任せることができます。他にも、プロのコンサルタントによる運営方法の講座を開催していてスタッフの育成も可能となっています。

料金体系

株式会社いつもの料金体系は都度問い合わせとなります。

株式会社ECホールディングス

・14年にわたる500社以上の制作実績
・制作からメルマガ更新、SNS運用などネットショップに関わる業務をフルサポート

株式会社ECホールディングスは東京都渋谷区に本社を持ち北海道にも拠点を置く14年以上の構築実績を保有する制作会社です。EC運営代行だけでなく、自社EC事業やリアル店舗のスイーツ事業など多岐にわたり事業を展開しています。食品や美容、雑貨系の実績が多く継続率90%以上であり安心して任せることができます。サイト制作、更新、メルマガ配信、商品登録、広告運用、SEO対策、受注、CS代行、SNS運用までネットショップに関わる業務の殆どに対応可能となっています。月商数億円クラスの事業だけでなく業務一つから代行可能であるため気軽に相談することができます。

料金体系
サイト制作40万円~
サイト更新月額4万円~
メルマガテキスト作成1.5万円~
商品登録月額5万円~

集客に特化した制作会社3選

ジェイグラブ株式会社

・越境ECに豊富な知見・ノウハウを保有
・海外向け集客に強み
・支援実績1000社以上

ジェイグラブ株式会社は東京都渋谷区の会社で越境ECの集客に強みを持った制作会社です。20年以上にわたる支援実績は1000社を超え、越境ECの導入実績NO.1を誇ります。世界で26万社が採用する越境ECカート「Magent」により多言語・多通貨の対応を実現しています。欧米、台湾を初めとしてアジアを中心に多数の海外ECモールへの対応が可能であり、初期投資コストを抑えたスモールスタートが可能となっています。

また、越境ECのサイト運用ノウハウや特定地域の市場動向など独自のセミナーやイベントも開催しています。

料金体系

ジェイグラブ株式会社の料金体系は都度問い合わせとなります。

株式会社ecbeing

・中堅・大手企業の導入実績豊富
・400人以上の開発、200人以上のマーケティング体制

株式会社ecbeingは東京都渋谷区に本社を持ち、B2BやB2C向けのECパッケージやクラウドECの「メルカート」の運用、ショッピングモール構築などを手掛ける制作会社です。SEO対策やギフト対応、定期購入などのフロント機能や独自のアンケート管理やクーポン機能、LP注文管理などのバックオフィス機能が充実している点が特徴となっています。また、400人以上の開発・200人以上のマーケティング体制が整備されていて、特にプロマーケターによるメディア戦略やリスティング広告などの集客サポートに特化しています。

料金体系
ecbeingの料金体系は都度問い合わせとなります。

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社

・制作からマーケティングまで一気通貫して支援
・独自の診断サービスにより集客に特化

インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社は東京都渋谷区の会社でWebマーケティング支援を15年以上にわたり手掛け新規立ち上げから事業フェーズの拡大などの課題解決策を提案する制作会社です。IBF 2ndオピニオンという広告を第三者に診断・アドバイスする独自のサービスを提供していて、投資効果の高い施策に絞りABテストやPDCAを回しているため集客効果の最大化を実現しています。15年にわたり蓄積されたノウハウを駆使し制作からマーケティングまでワンストップで対応可能となっています。

料金体系
EC事業計画150万円~
広告媒体費用50万円/月
戦略的Webサイト設計・構築200万円~
ECシステム開発1000万円~
各種Webシステム開発300万円~
EC運営代行50万円~

格安!EC制作会社3選

株式会社IKITA企画

・一律108,000円のリーズナブルな価格設定
・商品登録代行500点まで対応可能

株式会社IKITA企画は東京都江東区に会社を持ち、リーズナブルな価格設定により10年で1000社以上の実績を保有する制作会社です。制作スタッフは担当者制を採用していて営業の人件費を割くことで低コストを実現し、ノンストップサポートを可能にしています。完全オーダーメイド制でモール・自社サイト両方に対応可能となっていて、あらゆる業種の実績を保有しているため信頼して任せることができます。商品登録代行500点まで、フリーページ5ページまで、バナー制作20個までと魅力的なサービスを提供していて、中規模から大規模のサイト制作も可能にしています。

料金体系
構築費用一律10.8000円

有限会社中部レジャー

・クオリティの高いオリジナルデザインを制作
・月額0円の低コストを実現

有限会社中部レジャーは三重県に本社を持ち東京都府中市に拠点を置く制作会社です。イベント企画・運営やカラオケ機器リース・ITコンサルティング・Webシステム開発等幅広く事業を展開しています。初期費用なしで完全成果型のSEO対策を実施しているため顧客集客にも力を入れていて、初心者でも導入しやすいサービスを提供しています。オリジナルデザインやキャラクター制作サービスを展開していて、こだわりのあるデザインにも対応可能な点が特徴です。

料金体系
有限会社中部レジャーのECサイト制作費用は初期費用328,000円+月額0円~となっています。

株式会社メテオリレイ

・格安プランから上位プランまで幅広い料金プラン
・多言語・映像開発等多岐にわたるサポートを実施

株式会社メテオリレイは東京都渋谷区に拠点を置き、システム開発・Webサイト制作・IoT・AI・映像配信・電話システムなど幅広く事業を展開している制作会社です。3000社以上の導入実績から蓄積されたノウハウやFlashやAjax、HTML5等のWeb技術を駆使しユーザビリティの高いサイト制作を実施します。企業サイトだけでなく、医療関係サイト、グルメサイト、動画配信サイトなど幅広いホームページ制作に対応している点が特徴です。また、初心者向け格安プランから多言語・越境EC対応などの上位プランまでニーズに合わせた料金プランを提供しています。

料金体系
Webサイト制作基本プラン
サイト制作、ネットショップ・ECサイト制作、Wordpress制作、モバイルサイト制作、インバウンド・多言語制作、レスポンシブサイト制作
一律150,000円~
独自デザイン適用の場合300,000円~

プラットフォーム別!おすすめEC制作会社6選

Shopify

Shopifyは越境ECに特化したECサイト構築プラットフォームです。世界最大シェアを誇り、日本でも近年注目を集めています。多言語・多通貨に対応していて、シンプルかつ高機能なデザイン性が支持を得ています。

フラッグシップ合同会社

・国内初Shopify experts パートナーに認定
・エンタープライズプラン「Shopify Plus」のリニューアルに特化

フラッグシップ合同会社は東京都目黒区に会社を持ちShopifyを中心とした越境ECサイトに特化したECサイト制作会社です。多国籍なバイリンガルを組んでいて各々の専門分野でShopifyサイト構築をサポートしてもらうことができます。Shopifyのエンタープライズプランである「Shopify Plus」のリニューアルに特化していて国内最多の実績を保有しています。ERPやMAツールなどの外部システムとの連携やオムニチャネル、管理機能など様々な面で高い技術力を駆使したサポートを受けることができます。会員制の事業者のみがログインできるB2B向けECサイトにも対応しています。

料金体系
年間予算1000万円~となっています。

株式会社フラクタ

・ECサイト制作やブランディングに強み
・Shopifyの技術情報やEC業界全体に関する情報を保有
・ブランド育成を可能にするマーケティングツールを提供

株式会社フラクタは東京都渋谷区の会社でデザイン性の高いECサイト制作実績を豊富に有した制作会社です。ブランディング事業を柱にECサイト構築を行っているためデザイン・デジタル領域に豊富な知見を有していて日本版ShopifyのWebデザインやパンフレット制作も手掛けています。ブランド育成を可能にするマーケティングツールを提供するなど、本格的なブランドコンサルティングを受けられる点が特徴です。飲食、美容、ジュエリー、インテリアなど幅広い業種へ対応可能となっています。

料金体系
株式会社フラクタの料金体系は月額固定制となっています。詳細は都度問い合わせとなります。

EC-CUBE

EC-CUBEは日本初の無料で使えるオープンソースのECサイト構築パッケージです。オープンソースのソフトウェアとして国内NO.1シェアを誇ります。無料にも関わらずECサイトに必要な機能が全て網羅されている点が特徴です。

ボクブロック株式会社

・EC-CUBEの新規立ち上げ・リニューアルに特化
・500サイト以上の構築実績保有

ボクブロック株式会社は東京都千代田区の会社でEC-CUBEの制作・リニューアルに特化した制作会社です。EC-CUBEの公式パートナーであるインテグレートパートナーに認定されていて、500社以上の豊富な実績を有しています。サイト構築だけでなく、保守や集客支援、コンサルティングまで一気通貫した支援を実施しています。ヤマト運輸と提携した自宅外受け取りや24時間365日の有人監視・復旧サービスである「救部隊365」といった独自サービスを提供しています。デザインやシステムのみの部分的なサポートも受けることができます。

料金体系
ボクブロック株式会社の料金体系は都度問い合わせとなります。

アイピーロジック株式会社

・EC-CUBEの構築実績豊富
・会員数30万人以上の大規模サイトの保守・運用実績保有

アイピーロジック株式会社は東京都文京区の会社で、EC-CUBEに特化した実績を多数保有する制作会社です。Webシステム開発に強みを持ち、ECサイト制作、大規模基幹システム構築、サーバーインフラ構築などシステム関連の業務全般に対応可能となっています。そのためサイト制作だけでなく、成果を最大化させるシステム開発や緊急時の障害対応を可能にする保守、コンサルティングなどのサポートが充実している点が特徴です。日本初EC-CUBE用Amazon決済プラグインやリピート率アップを目的とした高機能定期購入プラグイン、メール配信サービスなどのEC-CUBEに特化した自社サービスも提供しています。

料金体系
アイピーロジック株式会社の料金体系は都度問い合わせとなります。

楽天市場

楽天市場は国内で高い知名度を誇る、日本最大級のインターネットショッピングモールです。食品から家電、保険、不動産など幅広い商品を取り扱っていて、現在会員数は1億を超えています。

株式会社RyukiDesign

・楽天市場の制作・運営代行を格安で提供
・写真撮影やバナー制作などのオプションサービスも充実

株式会社RyukiDesignは大阪府の会社で東京都港区に拠点を持ち、楽天ショップのデザイン制作に特化した制作会社です。トップページ、商品ページ、特集ページ、バナーデザイン等楽天市場に関するデザイン制作全般に格安で対応可能となっています。3ヶ月以上の研修をクリアした高水準のデザイナーにより「売れるデザイン」を意識して消費者の購買意欲を掻き立てる魅力的なデザインを提供しています。サイト構築だけでなく、写真撮影やバナー制作、ランディングページにも対応しています。

料金体系
パソコン用デザイン制作
ライトプラン39,800円~
スタンダードプラン99,800円~
ハイクオリティプラン149,800円~

オルグロー株式会社

・楽天市場に対応したショッピングツールを多数提供
・EC運営に関する情報・ノウハウを提供

オルグロー株式会社は東京都渋谷区の会社で楽天市場はYahoo!ショッピングといったショップ運営のサポートツールを多数提供しています。最新の情報技術を駆使し、楽天商品ページの様々な項目でABテストを実施し有効なシステムのみ適用する楽テスタやタイマーやバナーを表示させる楽太郎、PC用ページからスマホページを作成できる楽ショット等、楽天市場を運営効率を最大化させるツールを開発しています。また、ECに関するノウハウを提供するメディアページ「e-commerve Japan」ではPV数の増加、CVRの増加、広告費削減方法などの有益な情報を豊富に掲載しています。

料金体系
オルグロー株式会社の料金体系は都度問い合わせとなります。

まとめ

ECサイト制作会社選定の際は制作会社の強みと自社の要望のマッチング、デザインやライティングの質の高さが重要となります。必要に応じて問い合わせをし、自社のニーズとマッチするかを確認しましょう。自社の企業イメージや売上に直結するECサイト制作は、妥協せず信頼のおける会社を慎重に選定してください。

少しでもEC制作会社導入を検討している企業の方の参考になれば幸いです。

 

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

 

ECサイト制作を徹底解説。制作の手順や流れ、費用相場について解説します

近年ECサイト構築へのハードルが低くなり多くの企業が自社サイト構築に乗り出しています。しかし、ECサイト構築には専門的なスキルを要する場合もあり、制作する段階で挫折してしまうケースも少なくありません。ECサイト制作に不安を抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、ECサイト制作の手順や費用についてご紹介します。ECサイト制作を検討している企業の方は是非参考にしてみてください。

ECサイトの種類

ECサイトの種類はモール型と自社サイト型の2種類に分類することができます。モール型とはAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった母体となるサイトに多数の店舗が出店するショッピングモールの様なサイト形式です。自社サイト型とは企業が独自にサイトを開設し運営を行うサイト形式です。自社サイトの構築方法は更に5つに分類することができます。

ASP

ASPとは「アプリケーション・サービス・プロバイダ」の略称であり、業務用アプリケーションをネットワーク経由で提供する事業者のことを指します。

PC上にダウンロードすることなく、ブラウザを通じてECサイト運営を実施することができます。ECサイトに必要な環境が全て用意されているため、自社でサーバやシステムを構築する手間を省くことができ、メンテナンス作業が不要な点がメリットとして挙げられます。手軽にECサイト運営を行える形式であるものの、カスタマイズ性、拡張性に制限されているというデメリットもあります。

代表的なものとして「Makeshop」「BASE」「Shopify」が挙げられます。

オープンソース

オープンソースとは、プログラムのソースコードがインターネット上で一般公開されている無料のソフトを用いてECサイト運営を行う方法を指します。カスタマイズ性や拡張性の自由度が高い点が特徴となっています。一方で自社でサーバを用意する必要があり、公開されていたプログラムにバグがあった場合自社で対応しなければならない点に注意が必要です。ソフトウェアやサーバ管理など専門的知識が必要となるため、システム会社に委託するケースも多数あります。

代表的なものとして「wordpress」「EC-CUBE」が挙げられます。
初期費用は0~数百万円、月額費用は数千円~数百万円となっています。

パッケージ

パッケージとは、ある程度開発されたソースコードをフレームワークとしてECサイト構築を行う方法を指します。ECサイトに必要とされる機能(カート機能。受注管理、売上管理等)が用意されていて、それを基にカスタマイズして開発していきます。オープンソースとは異なり、パッケージソフトを開発している会社からのサポートを受けられる点がメリットとなっています。ある程度開発されている所から構築を行うため、低コストかつ短期間でECサイト運営を開始できる点が特徴です。中規模~大規模のECサイトに使用されることが多いです。

代表的なパッケージは「ecbeing」「EC-ORANGE」が挙げられます。

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、既存のソースコードなどを使用せずゼロからECサイト構築を行うことを指します。自社の希望通りに制限なく理想のECサイトを作り上げることができ、既存の自社システムとの連携も可能となります。一方で、ゼロベースから構築するため、膨大な時間とコストがかかり、インフラやサーバ管理・システム構築など専門的スキルが求められます。技術力や資金力があり特殊なECサイトが構築される傾向があります。

代表的なものは「ZOZOTOWN」が挙げられます。

クラウドEC

クラウドとはASPとパッケージを合わせたものに類似していて、インターネット経由でシステムを提供することを指します。ASPよりもカスタマイズ性や拡張性に優れていて、クラウド上のサーバを利用するため自社サーバは不要となっています。サーバは提供元が管理しているため常に最新のものを利用することができます。全社共通のサーバを基に自社独自の自由度の高いECサイトを構築することができる点が特徴です。

代表的なものは「ebisumart」「メルカート」が挙げられます。

ECサイト制作の費用相場

次に、5つのサイトの制作費用相場をご紹介します。自社の予算と比較し検討してみてください。

ASP

ASPには無料のものと有料のものがあり、無料ASPの場合、ECサイト構築のための専門スキルや知識を必要としないため個人や中小規模の事業主に人気のサービスとなっています。しかし、カスタマイズに制限があるものが多いため、本格的なECサイト運用を行いたい方は有料ASPの利用がお勧めです。

初期費用は0~数百万円、月額費用は数千円~数百万円となっています。

オープンソース

自社でオープンソースを使用したECサイト運用を行う場合はライセンス費用がかからないため、無料でECサイト構築を行うことができます。しかし、ソースコードがインターネット上に公開されているため容易にハッキングされる可能性があるので、厳重なセキュリティ対策が必要な点に注意しましょう。また、定期的なメンテナンスが必要なためその都度費用が発生し、外部委託する方がコストが抑えられる場合があります。外部委託した場合初期費用は数十万円程度となります。

初期費用は0~数百万円、月額費用は数千円~数百万円となっています。

パッケージ

パッケージはECサイト構築に必要な機能が網羅されているため、ASPやオープンソースと比較すると初期費用は高額になります。しかし、大規模サイトの場合、ASPでは困難な対応を可能にし、セキュリティの面はパッケージ開発会社が担当するため安心してサイト運用を行うことができます。中規模~大規模のECサイト運営を行う場合はパッケージの利用がお勧めです。

初期費用は数十万円~数千万円、月額費用は数万円から数百万円となっています。

フルスクラッチ

フルスクラッチはゼロベースからサイト構築を行うため、必然的に膨大な費用を投資することになります。超大型サイトであるZOZOTOWNやユニクロが使用している手法です。

初期費用は一千万円~、月額費用は数十万円以上となっています。

クラウドEC

クラウドECはパッケージと同様もしくは低コストで運用される場合が多いです。パッケージと同等のセキュリティの高さとASPのようにシステムがアップデートされ最新の状態で使用することができます。5つのサイト構築種類の中で最も最新の手法です。

初期費用は数百万円~数億円、月額費用は数十万円となっています。

ECサイト制作の手順・流れ

ECサイト制作の手順についてご説明します。

コンセプトの定義

制作前に、サイトのコンセプトを定義づけましょう。サイト制作の要となる部分です。

ECサイト制作の目的を明確化し、どのようなサイトを制作したいのかを定義することが後々のサイトデザインや機能に影響します。ECサイト構築を外部委託した場合、制作会社とミスマッチを生じさせないためにコンセプトの定義は非常に重要です。扱う商品やターゲットとなる層を明確にし、具体的な目標を設定しておくことでミスマッチを回避しましょう。

要求定義

コンセプトを基にECサイトに必要な機能を定義付けます。具体的には、サイト要件やシステム要件、予算、スケジュールの定義付けが必要となります。予算は初期費用をどの程度かけるか、運用を外部に委託するかなどECサイト全体を大きく左右するポイントとなります。マストな機能やできるだけ必要な機能はプラットフォーム選定に関わる重要な工程です。

具体的なサイト構築の前に、コンセプトや要求を明確に定義づけておくことで、後々のサイトの軸が定まりスムーズなサイト制作に繋がります。

プラットフォーム決定

要求定義を基に必要な機能や費用面を考慮しプラットフォームを決定します。あとからプラットフォームを変更することは時間や費用面から困難である場合が多いため、注意して選定しましょう。基本的にはショッピングカートシステムやCMSから成り立っています。

設計・開発

ECプラットフォームが決定したら、各ページにどのようなコンテンツや機能を配置するのかといた大まかなワイヤーフレームを設計します。具体的には、TOPページ、会社情報、商品情報、利用ガイド等が挙げられます。また、独自のコンテンツを盛り込むことで集客に繋がる場合があります。ECサイトの必要なコンテンツを整理し、漏れがないように注意しましょう。

デザイン・コーディング

ワイヤーフレームに沿ってサイトデザインを行う工程です。自社サイトのイメージに関わるだけでなく、ユーザーの利便性や購入意欲にも関わるため慎重にデザインにしていく必要があります。ただおしゃれなだけでは売上上昇を図ることはできません。自社のいい印象を構築した上で、利便性の高く顧客満足度の高い購入体験ができるデザイン性を構築することで

売上向上に繋がる場合があります。

商品登録

完成したECサイトに商品を登録していきます。事前に用意しておいた商品画像や説明文をCSVなど一括登録しやすい形にしておくことがお勧めです。具体的な商品登録作業は商品名、販売価格、在庫数、商品説明、商品画像、商品スペックが挙げられます。取り扱う商品分行う必要があるため膨大な作業となりますが、商品購入に直接関わる部分であるため丁寧に取り組むことが必要です。

テスト・トレーニング

商品登録が完了後オペレーションテストを行います。また、トラブルが発生した場合の対応マニュアルも必要となります。サイトで問題点がないか見落とさずにチェックするかつスタッフの教育を徹底し、事前に対応の確認をしておきましょう。問題点をすぐに把握するためには、サイトに関するある程度の知識やスキルが必要となります。

オープン

ECサイト運用開始までの全行程が完了しました。ECサイトをオープンします。リリース前にSNSなどを使用し消費者へのプロモーションを行いましょう。

ECサイト制作期間

ECサイト制作に費やす期間はおよそ1か月~1か月半程度が目安となっています。しかし、制作会社やサイト内容によって期間は異なり、3か月~4か月ほどかかる場合があります。

使用するECサイトのプラットフォームによりサイト構築期間は異なるため、サイト制作期間を考慮し、計画的にECサイト開設を検討しましょう。

ECサイト制作を行う前に

事前の準備をしておくことでECサイト制作期間を短縮できる場合があります。ECサイト構築は一朝一夕で行えるものではないため、少しでも短縮することで時間を有効活用でき質の高いECサイト構築に繋がる可能性があります。以下にECサイト制作に事前に必要なものをまとめました。スムーズにサイト構築を行うために事前の準備を欠かさないようにしましょう。

コンテンツ

ECサイトに入れるコンテンツを決定しましょう。良質でニーズの高い情報を盛り込むことで集客効果が高まりECサイト認知に繋げることができます。また、「コンテンツのメディア化」によりファンが生まれるようなコンテンツを築くことで、一時的な顧客だけでなく中長期的な顧客を生み出し売上アップを狙うことができます。自社に関連する内容から派生し、質の高いコンテンツを作成しましょう。コンテンツ作成後にSNSで拡散するなど、プロモーション方法も確立しておくことがお勧めです。

商品写真

実店舗とは違い、ECサイトでは掲載されている商品写真が見た目の情報全てとなるため非常に重要です。商品の外見だけでなく、裏側や使用イメージ、素材感などがわかる写真をできるだけ多く用意することで、効果的に商品の魅力をアピールしましょう。

商品紹介文

商品の特徴や伝わりやすさに留意して商品紹介文を作成することがポイントです。商品の魅力的な部分だけでなく、消費者目線で知りたい情報を盛り込むことが大切です。商品説明文をいきなり書き始めるのではなく、5W1Hから書き始めることが効果的です。また、購入者から見るメリット・デメリットを書くことで企業の信頼性が向上し売上に繋がる場合があります。また、せっかく商品紹介文を書いても伝わらなければ意味がありません。場合によっては、文字の大きさを変更しマーカーなどを用いて見やすい文章を作成しましょう。

サーバ

ASPやクラウドECを使用する場合、自社サーバは必要ありませんが、オープンソースやパッケージを使用したECサイト構築を行う場合は独自サーバを用意する必要があります。

オープンソースやパッケージをインストールできるか、セキュリティ対策面を考慮してサーバを選定しましょう。

SSL証明

SSLとはWebサイトとサイトを利用しているユーザーとのやり取りを暗号化するための仕組みです。SSL証明とは認証局がサーバのサイト運営組織が実在していることを証明しウェブブラウザとWebサーバ間でSSL暗号化通信を行うための電子証明書です。ECサイトで問題となるデータの改ざんやなりすましなどが行われないために、SSL証明を用いた厳重なセキュリティ対策が必要となります。

まとめ

今回は、ECサイト制作の手順や流れについて解説しました。ECサイトのプラットフォームにより、費用や制作期間が異なるため自社の将来的な見通しや予算を考慮してECサイト制作に臨むことが大切です。ECサイトは制作するまでに非常に時間がかかるため、事前の準備を欠かさないことで制作期間を短縮でき、効率的なサイト構築を行うことができます。少しでもECサイト構築を検討している方の参考にされば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!

当社は、10年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。

新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。

EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。

現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。