© 2024 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. Twitter Instagram Youtube  Line
LinePopup link_for_sp

shopifyで商品が売れない原因は何?売れるために実践すべき方法を4つ紹介!

「shopifyで商品が売れない!どうすればいい?」と悩んでいませんか。

shopifyで商品が売れない場合、以下の方法を実践してみるのがおすすめです。

・ECサイトへの集客を行う
・ECサイトの設計を見直す
・リピーター獲得施策を行う
・商品の品質を見直す

この記事では、shopifyで商品が売れない時に役立つアプリや、自分ではどうしようもできないときにおすすめのECコンサル会社も紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

執筆者

佐藤美樹

アートトレーディング株式会社の専属WEBライター。
ECサイト運営では、SEOやSEM、SNSマーケティングの導入・運用を担当。現在はECサイト運営に関する記事の執筆を行う。

監修者

アートトレーディング株式会社代表取締役。
2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。累計150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。

ECの最新情報をYOUTUBEやXで発信しています。
ECを学んでいきたい人はリンクをクリック!

髭男社長のYOUTUBEはこちら
藤井玲のXはこちら
藤井玲のプロフィール詳細はこちら

shopifyで商品が売れない原因は?

ここではshopifyで商品がなぜ売れないのか、よくある原因を紹介していきます。

▼shopifyで商品が売れない理由
・集客ができていない
・サイトの接客力が弱い
・リピーターがいない

それぞれ詳しく解説していきます。

集客ができていない

「shopifyでネットショップを開設したけれど商品が売れない…」という場合、ECサイト自体に集客が出来ていない可能性が高いと言えるでしょう。

なぜならshopifyで制作したばかりのネットショップは、どの検索ワードにも引っかかりづらく、自らお客さんを集めなければアクセス数を増やすことはできないからです。

お客さんがほとんどアクセスしていなければ、どんなにデザイン性が高く性能が優れているshopifyのネットショップでも、商品が売れないのは明白と言えるでしょう。

◆アクセス数の確認方法は?

それではshopifyで制作したネットショップのアクセス数はどうやって確認すればいいのでしょうか?

結論、shopifyではデフォルトでストア分析機能を利用することができ、ここでネットショップのアクセス数を確認することができます。(グーグルアナリティクスというツールを使って、アクセス数を確認することも可能です。)

ここでネットショップにアクセスがほとんどない場合、お客さんを集客しなければ商品が売れることはありません。ECサイトへの集客を行うで紹介する方法を試して、ネットショップへの集客を増やしていきましょう。

サイトの接客力が弱い

shopifyで制作したネットショップで商品が売れない理由として「サイトの接客力が弱い」ということも考えられます。

例えば…
・ほしい商品を見つけるまでの導線が複雑
・商品の説明が薄い
・商品写真が少なく購入後のイメージが沸かない
・商品への疑問を解消できない
・レビューがない
・購入画面が複雑

といったネットショップは、サイトの接客力が弱いと言えるでしょう。

実店舗で例えると、商品の陳列が雑だったり、ショップの店員さんがいないといったイメージです。

shopifyでこういったネットショップを作ってしまうと、お客さんが商品を購入することを躊躇してしまい、売り上げがあがらないという結果になりかねないので注意しましょう。

◆購入率の確認方法は?

自社のネットショップの接客力は高いと言えるのか調べるには、購入率を確認するようにしましょう。

購入率は「購入件数÷アクセス数x100」で計算することができます。(アクセス数が0の場合は、集客の施策から行いましょう。)

ネットショップの平均購入率は2~3%と言われているので、自社ECサイトが平均よりも低い場合はECサイトを見直すで紹介する方法を実践してみてください。

リピーターがいない

shopifyで制作したネットショップで商品が売れない場合は、リピーターがいないという可能性も頭に入れておきましょう。

特に以下のようなネットショップの場合、お客さんがリピーターになってくれる可能性はかなり低くなってしまいます。

・商品の品質が悪い
・ポイント特典がない
・メルマガなどを送らない
・ランク会員制度がない
・商品の梱包が雑
・お客様対応が悪い

上記の内容が自社のECサイトに当てはまっているという場合はリピーター獲得施策を行うで紹介する施策を実施してみてくださいね。

◆リピーターの確認方法は?

shopifyでお客様がリピーターになってくれているか確認するには、「ストア分析」を利用するようにしましょう。

リピーターの割合は、shopifyストア分析のダッシュボードから簡単にチェックすることができるので、EC運営期間が長くなってきたら必ず確認するようにしてくださいね。

商品の質が悪い

shopifyで制作したネットショップで商品が売れない時に考えられる原因として「商品の質が悪い」という可能性もあげられます。

ネットショップへのアクセスもあり、サイト内での接客も悪くないのに商品が売れないという場合は、

・販売している商品は競合の商品と比べてどうか?
・品質は悪くないか?
・価格は高すぎないか?

といったことも確認するようにしましょう。

shopifyで商品が売れないときに実践するべきこと

ここからはshopifyで商品が売れない時に実践するべきことを紹介していきます。

▼shopifyで商品が売れない時に実践するべきこと
・ECサイトへの集客を行う
・ECサイトの設計を見直す
・リピーター獲得施策を行う
・商品の品質を見直す

ECサイトへの集客を行う

shopifyで制作したネットショップで商品が売れない場合、まずは集客のための施策を実施していきましょう。

ネットショップへの集客は、基本的に「SNS運用」や「広告」「SEO対策」でアクセス数を集めることが多いです。

それぞれどのような方法を実施すればいいのか、次から見ていきましょう。

◆SNS

SNSでネットショップの集客を行う場合、まずはインスタやTwitter、フェイスブックなどのアカウントを運用していくという方法があります。

例えば、アパレルのネットショップでインスタ運用を行う場合、販売している洋服のコーディネートを投稿にあげたり、動画撮影をして服の着用感を見せたりするのも効果的でしょう。その際、ハッシュタグをつけて、ユーザーの目につく機会を増やすようにしてくださいね。

また自社でSNS運用をするという以外にも、インフルエンサーにSNS上で商品を紹介してもらうという方法もあります。

インフルエンサーに商品を紹介してもらう場合は、「DMで直接交渉する」「インフルエンサーのマッチングプラットフォームを利用する」「インフルエンサーの所属事務所に連絡する」といった方法があるので、予算感に合わせて依頼するようにしましょう。

◆広告

ECサイトへお客さんを集客する方法として「広告を利用する」という方法もあります。

特に中小企業でECサイト運営を行っている場合であれば、WEB広告の配信が一般的で、その中でも以下のように様々な種類の広告が存在します。

▼WEB広告 種類
・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SNS広告
・アフィリエイト広告

それぞれどの広告に出稿するべきかは、「ターゲット設定」と「ターゲットの購買モチベーション」によって異なります。また商品特性によっても、最適な広告は変わってくるため、広告でECサイトの集客をしたいという場合は、プロの広告代理店に依頼するのがベストでしょう。

◆SEO対策

ネットショップの集客をする場合、自社ブログコンテンツを作成し、SEO対策を行うという方法もあります。

SEO対策とは、Googleなどで、あるキーワードを検索した際に特定のウェブサイトを検索結果の上位に表示させる対策のこと。自社で提供している商品と関連のあるワードのブログ記事を作成し、検索結果の上位に表示させることで、ネットショップへのアクセス数をUPさせることが可能です。

しかしこのSEO対策は、成功させるのに専門の知識が必要なうえに、複数の記事を作成する時間もかかります。

そのため初心者の場合は、ECのコンサル会社に依頼して、SEO対策の方法や方向性を決定するようにしましょう。

ECサイトを見直す

shopifyで制作したネットショップで商品が売れない場合、以下のようにECサイトの設計や機能に問題がないか見直してみましょう。

・商品購入までの導線を見直す
・商品ページを見直す
・購入ページで煩わしさがないか見直す

それぞれ詳しく解説していきます。

◆商品購入までの導線を見直す

まず商品購入までの導線は複雑でないか・ほしい商品はすぐに見つけられるかを確認しましょう。

例えば靴専門のECサイトを運営している場合、商品は「カテゴリ」だけではなく、「カラー」「価格」「サイズ」「ブランド」別など細かく分類しておくとお客さんが欲しいものを見つけやすいです。

またサイト内には、検索機能を導入するのもおすすめといえるでしょう。
検索機能を導入する場合は、正確な商品名だけではなく、言い回しの違う同じ意味のワードや、合わせて検索されやすいワードも設定しておくと商品が見つけられやすくなりますよ!

◆商品ページを見直す

次に商品情報はわかりやすいか商品ページを見直してみましょう。

例えば、アパレルECを運営している場合、商品の写真だけではなく、モデルの着用画像や着ているモデルの身長までを記載するとお客様は自分が服を着ているイメージがしやすいです。

またその服に合ったコーディネート写真まで掲載しておけば、セット買いにもつながるでしょう。
さらに素材にこだわりがある服であれば、動画撮影して素材感を伝えるという方法もありますよ。

◆購入ページで煩わしさがないか見直す

次に購入時の決済や配送先の入力は煩わしくないかを見直してみましょう。

入力画面では必要最低限の氏名や配送先、決済情報以外の入力項目はできるだけ減らすようにしてください。

また郵便番号を入力すると、自動で住所が入力されたり、入力漏れや入力ミスをわかりやすく指摘する入力補助機能を利用すれば、お客様の面倒を減らして、カゴ落ちを防ぐことができますよ。

リピーター獲得施策を行う

shopifyで制作したネットショップで商品が売れない場合、リピーター獲得施策を強化するのもおすすめです。

▼リピーター獲得施策 例
・メルマガ配信を行う
・ポイント付与やクーポン配信を行う
・商品の同梱物に工夫をする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

◆メルマガ配信を行う

ネットショップのリピーターを増やすには、定期的にメルマガを送るのがおすすめです。

メルマガを送ることで、お客様に自社ネットショップの印象が強く残り、商品やショップの訴求がしやすくなります。

ただ一言にメルマガと言っても、おすすめ商品を好きな時に好きなように配信するだけでは、お客さんがリピーターになってくれることはありません。「配信タイミング」「メール件名(タイトル文)」「本文」などすべてのポイントをしっかりと計算してから配信し、その後の効果測定をした上でPDCAを回していくようにしましょう。

◆ポイント付与やクーポン配信を行う

ネットショップのリピーターを増やすためには、ポイント付与やクーポン配信を行うのもおすすめです。

なぜなら、ポイント付与やお得なクーポンを配信することによって、直接的にお客様の次回利用へのモチベーションをアップさせることができるから。特にポイント制度を導入すると、ユーザーはポイントを貯める楽しみを意識するようになりますし、ポイントが失効しそうなタイミングでメールを送れば「もったいないから何か買おう」という再購入のきっかけづくりにもなります。

なお、shopifyであれば、アプリで簡単にポイント付与やクーポン配信を行うことができるので、リピーターを増やしたいという場合は、ぜひ導入してみてくださいね。

◆商品の同梱物に工夫をする

ネットショップのリピーターを増やすためには、お客様に届ける商品の同梱物にも工夫をすると良いでしょう。

例えば「商品購入の感謝状」や「LINE公式アカウントの友達登録案内」「商品チラシ」などを同梱すると、お客様とのコミュニケーションの第一歩を図ることができます。

特に感謝状はただの文章の印刷だけではなく、商品開発のストーリーやスタッフの写真や自己紹介などを記載するとお客様にお店の印象を残すことができますよ。

商品の品質を見直す

shopifyで制作したネットショップで商品が売れない場合、そもそもの商品の品質を見直すことも考えましょう。

売れる商品は「機能性」「安心感」「価格」「デザイン性」において、どれをとっても完璧でなければなりません。

自社の商品は、本当に人の役に立つものなのか、適性の価格帯なのか、安心して購入できる信頼感はあるのか、人が持ちたくなる良いデザインなのかを改めて考えてみましょう。


shopifyで商品が売れない時に相談できるECコンサル会社3選

ここからはshopifyで商品が売れない時に相談できるECコンサル会社を3社紹介していきます。

▼ECコンサル会社3選
・アートトレーディング株式会社
・株式会社ND&I
・株式会社飛躍
※掲載は五十音順となっています

それぞれ見ていきましょう。

アートトレーディング株式会社

当社アートトレーディングは、東京都池袋にあるECコンサル会社。

現在shopifyで商品が売れないという場合でも、競合調査やターゲット選定、現状分析を行い、売れるECサイトをお客様と二人三脚で構築していきます。

15年200社のEC構築実績があり、売れるデザインや設計の構築を得意としているため、「現在ECサイトには何が足りないのか」「売れるにはどうすればいいのか」をプロの目線で提案し、確実に売れるECサイトへ成長させていきます。

またアートトレーディングは、自社内でカスタマーサポートやフルフィルメント倉庫を保有してるので、販売後のお客様満足度向上やリピーター獲得のための知見も深いです。そのため、集客や購入率アップからECサイトのリピーター獲得までのサポートを一貫して受けることが可能です。

 

株式会社ND&I

株式会社ND&Iは、大阪府大阪市にあるECコンサル会社です。

ND&IのECコンサルでは、デザイン担当、リスティング広告担当、企画ディレクション担当、営業担当などそれぞれの分野に特化した担当がECサイト売上アップのサポートをしていきます。

現状のECサイトの分析や競合調査から丁寧に行っていくので、数字と心理の点から改善点や課題の抽出を行い、施策の実施までをトータルサポートしていきます。

株式会社飛躍

株式会社飛躍は、東京都港区にあるECコンサル会社です。

特に越境ECのコンサルを得意としているので、海外へのネットショップ展開を行っている事業者におすすめです。

飛躍のECコンサルは3つのプラン「EC運営のアドバイスを行う”コーチプラン”」「一部業務のみ委託できる”コンサル + 実装パック”」「EC運営をまるまる代行する”運用代行”」があり、自社のEC運営状況に合わせて必要なプランを選択することができます。

shopify構築も行っているので、必要に応じてECサイトのアップグレードを依頼することも可能ですよ。

shopifyで商品が売れない時に役立つアプリ

ここではshopifyで商品が売れない時に役立つアプリを紹介していきます。

集客に役立つアプリ

ますはネットショップの集客(アクセス数)アップに役立つshopifyアプリを2つ紹介していきます。

◆AdSIST

ネットショップの集客におすすめの1つ目のshopifyアプリは「AdSIST」になります。

AdSISTは、FacebookやInstagram、Google、Yahoo!といった広告へ出稿するときに使うアプリです。

チャットボットの質問に回答するだけで、難しい広告の配信設定が完了するので、誰でも簡単に広告出稿をすることが可能。またAIが売上UPにつながる最適な広告戦略を組み立ててくれます。

1日500円から運用することができるので、まずはコストをかけずに広告を始めてみたいという初心者の方にもおすすめですよ。

◆まるっと集客

shopifyアプリ「まるっと集客」は、固定費0円から成果報酬型で導入できる広告導入アプリです。

LINE、Google、インスタ広告だけではなく、大手アフィリエイトASPとも連帯可能で、すべての広告を一括管理することができます。

初期費用を一切かけることなくshopifyでWEB広告を始めることができるので、初めて広告を出稿するというひとにもおすすめですよ。

購入率アップに役立つアプリ

次にネットショップの購入率アップに役立つアプリを2つ紹介していきます。

◆Ali Reviews

「Ali Reviews」は、お客様に商品の口コミを投稿してもらうことができるようになるshopifyアプリです。

「Ali Reviews」で商品の口コミを増やしていくことで、お客様の購入前商品に対する不安を解消することができ、結果として購入率UPに繋がります。

なお、このアプリでは文章の口コミ以外にも写真投稿をすることができるので、お客様が商品を購入した時のイメージを最大化させることもできますよ。

◆チャネルトーク

「チャネルトーク」は、ネットショップ上でチャットサポートをすることができるようになるshopifyアプリです。

ネットショップ上にチャットサポートを設置することで、お客様の疑問を即座に解消することができ、購入率向上につながります。

なお「チャネルトーク」では有人チャットを無料で行うことができますし、チャットボットを用いてお客様の疑問を解決することもできるので、カスタマーサポートの対応時間を70%削減することができます。

また顧客の連絡先管理から、セグメント分けや一斉配信をすることも可能です。そのため例えば、カゴ落ちしてしまったお客様にも、SMSやメールでのメッセージ配信をすることで、販売の機会損失を防ぐことが可能となります。

リピーター獲得に役立つアプリ

続いてリピーター獲得に役立つアプリを2つ見ていきましょう。

◆ReConvert Upsell & Cross Sell

「ReConvert Upsell & Cross Sell」は、購入完了ページをカスタマイズすることができるshopifyアプリです。

購入ページに、購入者限定のクーポンを表示したり、購入商品と合わせて買いたいおすすめ商品を表示させることができるので、ネットショップのリピーターを増やすことができます。

またReConvert Upsell & Cross Sellでは、購入後のアンケートを実施することも可能。顧客の誕生日や重要な情報を入手し、メルマガ施策に使うこともできますよ。

◆Swell Loyalty & Rewards

「Swell Loyalty & Rewards」は、ネットショップにポイント機能を搭載させることができるshopifyアプリです。

15個の設定別にポイント付与をすることができ、ネットショップのリピーター獲得を促進することができます。

またネットショップを知人に紹介することでポイントを獲得できる設定をすることもできるので、新規顧客の獲得にも役立てることができるでしょう。


まとめ

syopifyで商品が売れない場合は、以下4つの方法を実践してみるのがおすすめです。

・ECサイトへの集客を行う
・ECサイトの設計を見直す
・リピーター獲得施策を行う
・商品の品質を見直す

これらを実践するためにはshopifyアプリを導入するとスムーズです。もし、自分ではどうすればいいかわからないという場合はECコンサル会社に依頼するようにしましょう。

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2023.10.10👁20.2k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2023.10.10👁16.3k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2023.10.10👁15.7k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2023.10.10👁15k
  5. おすすめのEC運営代行会社21選!費用や仕事内容までをまとめてご紹介!

    2024.05.09👁14.5k
LINE公式アカウントはじめました! LINE公式アカウントはじめました!
×