© 2024 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. Twitter Instagram Youtube  Line
LinePopup link_for_sp

【売上10倍⁉】楽天のSEO対策!今すぐできる8選を解説!

楽天のSEO対策はどうやればいいの?と気になっていませんか。

楽天SEOのアルゴリズムは「売上実績」「商品とキーワードの関連性」「レビューの件数と評価」の要素が大きく関わっていると言われています。

そのため楽天でSEO対策する際は、下記を実行しましょう。

・楽天SEO対策➀基本の対策
・楽天SEO対策➁キーワード選定
・楽天SEO対策➂商品ページ最適化
・楽天SEO対策➃商品レビュー対策
・楽天SEO対策➄内部リンク、外部リンク対策
・楽天SEO対策➅ページ速度
・楽天SEO対策➆広告の活用
・楽天SEO対策➇クリック率向上対策

この記事では「楽天SEO対策に役立つツール」や、自分で出来ないと思ったときに「楽天SEO対策を頼める業者」までを紹介しています。

是非参考にしてくださいね。

執筆者

佐藤美樹

アートトレーディング株式会社の専属WEBライター。
ECサイト運営では、SEOやSEM、SNSマーケティングの導入・運用を担当。現在はECサイト運営に関する記事の執筆を行う。

監修者

アートトレーディング株式会社代表取締役。
2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。累計150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。

ECの最新情報をYOUTUBEやXで発信しています。
ECを学んでいきたい人はリンクをクリック!

髭男社長のYOUTUBEはこちら
藤井玲のXはこちら
藤井玲のプロフィール詳細はこちら

楽天SEOとは

楽天のSEO対策とは、楽天市場内での検索結果で商品を上位表示させるための施策です。

キーワードの最適化、商品ページの内容充実、レビュー管理などを行い、ユーザーの検索意図に合致するように改善します。これにより、商品ページのクリック率とコンバージョン率を向上させ、売上増加を目指します。

楽天でSEO対策を行うべき理由

楽天でSEO対策を行うべき理由は、下記の通りです。

・購入してもらうには商品ページへのアクセスが必要
・楽天ユーザーは楽天サーチから商品を探す人が7割
・上位表示されている商品は購入率が高い
・広告と併用して集客できる

それぞれ見ていきましょう。

購入してもらうには商品ページへのアクセスが必要

オンラインショッピングの世界では、消費者が商品を購入するためには、まずその商品の存在を知る必要があります。楽天市場における数多くの商品の中で、買い手に自店舗の商品を見つけてもらうためには、商品ページへのアクセス数を増やすことが必須です。SEO対策を行うことで、検索結果において商品ページが上位に表示されるようになり、より多くの潜在顧客に自店の商品を見てもらう機会を増やすことができます。

楽天ユーザーは楽天サーチから商品を探す人が7割

楽天市場を利用するユーザーの多くが、楽天の検索機能を使用して商品を探しています。この検索行動は、購入意欲の高いユーザーが多いため、検索結果での上位表示は販売機会の増加に直結します。SEO対策を通じて楽天サーチに最適化されたページを作ることで、これら検索ユーザーからのアクセスを効果的に獲得できます。

上位表示されている商品は購入率が高い

検索結果の上位に表示される商品は、自然と視認率が高くなります。ユーザーは検索結果の最初のページ、特に上位に表示される商品に注目しやすいため、これらの商品は購入される可能性が高くなります。SEO対策によって商品が検索結果で上位に来るようになれば、それだけで販売機会が大きく向上することになります。

広告と併用して集客できる

SEO対策だけではなく、楽天のプラットフォームで提供されている広告サービスと組み合わせることで、さらに集客効果を高めることが可能です。SEOによる自然検索のトラフィックと、広告による有料トラフィックの両方を活用することで、より多角的なアプローチで潜在顧客にリーチすることができます。これにより、商品ページへのアクセス数を増やし、結果として販売機会を最大化することができます。

楽天SEOのアルゴリズムについて

ここでは、楽天SEOのアルゴリズムについて紹介していきます。

楽天市場のSEO対策として重要視されているポイントは、下記の通り。

・売上金額
・商品とキーワードの関連性
・レビューの件数と評価

それぞれ詳しく見ていきましょう。

売上金額

楽天SEOのアルゴリズムで重要視されている1つ目のポイントが『売上実績』です。

◆80%は売上によって決まると考えてOK

楽天市場における商品の検索結果において、約80%の重要度が売上金額によって決定されると言われています。これは、楽天の検索アルゴリズムが売上高を非常に重要な指標と見なしていることを意味します。売上金額が多い商品は、消費者に受け入れられており、人気があるという証としてアルゴリズムによって評価されます。その結果、検索結果で上位に表示されやすくなり、さらに多くのユーザーに見られる機会が増えるのです。

◆検索キーワードに対しての売上金額順に並んでいる

楽天市場での商品検索結果は、検索されたキーワードに関連する商品の売上金額に基づいて順位付けされます。

そのため、(後程「キーワード選定」でも紹介しますが)出品したばかりの段階では、ユーザーの検索数が多く競合が強いビッグキーワードで、売上を積むよりも、検索数が少なく競合がそこまで強くないサジェストキーワードで売上を積んで徐々に実績を出していくのがおすすめです。

商品とキーワードの関連性

楽天SEOのアルゴリズムで重要視されている2つ目のポイントが『商品とキーワードの関連性』です。

◆キーワードの最適化

商品ページにおけるキーワードの最適化は、正確で具体的な商品名の使用から始まります。

これには、ブランド名、商品の特徴(色、サイズ、用途など)や型番など、検索されやすい要素を含めることが重要です。例えば、スニーカーを販売する場合、「〇〇」といった具体的な商品名を用いることが有効です。

◆説明文の充実

説明文では、商品の特徴や利点を詳細に書くことで、検索キーワードとの関連性を高めます。

使用されるキーワードは自然な流れで文章に織り交ぜることが望ましいです。また、この部分でユーザーの質問に答えるような内容を含めると、さらに価値が増します。

◆カテゴリーとタグの整理

商品を正確なカテゴリーやサブカテゴリーに分類すること、適切なタグを付けることも、検索アルゴリズムにとって重要です。

これにより、商品が関連性の高い検索クエリに対して適切に表示される確率が上がります。

レビューの件数と評価

楽天SEOのアルゴリズムで重要視されている3つ目のポイントが『レビューの件数と評価』です。

◆信頼性と認知度の向上

レビューの件数が多い商品は、多くの消費者に購入されており、それだけ多くのユーザーがその商品を試したという証拠です。多くのレビューが集まることは、商品が広く受け入れられていることを意味し、新たな顧客にとっても信頼性の高い選択肢となります。

◆キーワードの豊富さ

レビューには消費者が自由にテキストを入力するため、多様なキーワードが自然に含まれます。これらのキーワードは検索エンジンによってインデックスされ、商品ページが特定の検索クエリで見つかりやすくなる可能性があります。

◆ユーザーのエンゲージメント

レビューの数が多いということは、その商品に対するユーザーのエンゲージメントが高いことを示します。エンゲージメントが高い商品は検索ランキングを向上させる要因となります。

◆星評価との相関

レビュー件数だけでなく、星評価(レビューの質)も重要です。星評価が高いレビューが多い場合、それは商品の品質が高いと評価されている証拠となります。これにより、より多くのポジティブな印象を検索アルゴリズムに与えることができます。

楽天SEO対策➀基本の対策

それでは具体的にどのように対策していくべきか、ここではまず初めに見直したい基本の対策を紹介していきます。

・楽天ガイドラインの遵守
・ID設定
・カート統合

それぞれ詳しく解説していきます。

楽天ガイドラインの遵守

楽天市場のSEOを成功させるためには、基本の対策としてガイドラインの遵守を行いましょう。

これらのガイドラインは、楽天市場での販売活動におけるルールと基準を定めており、適切な運用が求められます。具体的には、以下のようなポイントが含まれます。

◆商品の出品基準の遵守

楽天市場では、商品を出品する際に特定の基準が設けられています。

例えば正確な商品説明、適切なカテゴリー分類、禁止されている商品の非掲載などが含まれます。これらの基準を守ることで、消費者に対して信頼できる情報を提供し、より良い購買体験を支援します。

◆価格表示の透明性

全ての商品に対して、消費者が理解しやすい形で価格を表示する必要があります。

これには、消費税の有無、送料、その他追加料金の明確な表示が含まれます。価格表示が明確であることは、消費者の信頼を得る上で不可欠です。

◆広告の正確性と適切性

楽天では、商品ページやプロモーションにおける広告内容に対しても厳格なガイドラインを設けています。

誤解を招くような広告や誇大広告は禁止されており、すべての広告内容が事実に基づいている必要があります。

◆ユーザーレビューの公正な管理

レビューは消費者の購買決定に大きな影響を与えるため、楽天はレビューの偽造や不正な操作を厳しく禁止しています。

公平かつ透明なレビューシステムの維持は、全ての出店者に求められる責任です。

ID設定

楽天市場でのSEO対策において「ID設定」は非常に重要です。ここでは、「全商品ディレクトリID」と「タグID」の二つの側面に分けて詳しく説明します。

◆全商品ディレクトリID

全商品ディレクトリIDは、楽天市場内で各商品が持つ識別子です。

これにより、商品が正確に分類され、検索エンジンが商品を適切に認識しやすくなります。

全商品ディレクトリIDを設定することで、商品が所属するカテゴリーやディレクトリが明確になり、ユーザーが検索した際に正しい位置づけで商品が表示されるようになります。

◆タグID

タグIDは、商品に関連するキーワードや属性を紐づけるために使用されます。

これにより、類似商品や関連商品を効果的にリンクさせることができ、ユーザーが興味を持ちそうな他の商品へ簡単にナビゲートできるようになります。

例えば、特定のブランドや素材、用途に関連するタグを商品に設定することで、その商品が特定の検索クエリに関連付けられやすくなり、検索エンジンを通じての露出が増加します。

カート統合

楽天市場でのSEO対策において「カート統合」は、ユーザー体験を向上させると同時に売上を増やす効果的な方法の一つです。

カート統合とは、カラーやサイズは複数あるけれど同じ種類の商品を1つの商品ページに集約させること。

次からは、カート統合を行うメリットを詳しく説明します。

◆売上金額が累積されることで評価が上がる

カート統合により、1つの商品ページに対しての売上金額が分散されずに、累積することが可能です。

前述した通り、楽天のSEOでは、それぞれの商品ページの売上金額が検索結果に反映される傾向にあるので、販売実績は分散させずに累積させた方がより上位表示につながると考えられるでしょう。

◆レビューが累積されることで評価が上がる

またカート統合を利用した購入が増えることで、それぞれの商品に対するレビューの件数も分散されずに集約することができます。

レビュー数についても、楽天SEOの評価対象となっているので、分散させずに集約させた方が、検索結果に対して優位に働くでしょう。

楽天SEO対策➁キーワード選定

次に楽天SEO対策を行う上で重要なキーワード選定について説明していきます。

キーワード選定で必要な作業は下記の通り。

・ターゲット顧客の理解
・ロングテールキーワード、関連ワードの利用
・検索ボリュームと競合度の分析

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ターゲット顧客の理解

キーワード選定の第一歩は、ターゲットとなる顧客層を深く理解することです。顧客がどのような言葉やフレーズを使用して商品を検索するかを把握することが重要です。下記で詳しい方法を見ていきましょう。

◆顧客が使用する言葉の把握

キーワード選定の基本は、ターゲットとなる顧客がどのような言葉を使って商品やサービスを検索しているかを知ることです。

例えば、ある年齢層や興味関心が特定の産業用語や専門用語を好んで使用するかもしれません。また、地域によっては異なる方言や表現が使われることもあります。

これらの言葉やフレーズを理解することで、より効果的なキーワード戦略を立てることができます。

◆顧客情報の活用

ターゲット顧客の年齢、性別、趣味、生活スタイルなどの情報は、検索行動を理解する上で重要です。

例えば、若年層は流行の言葉を使う可能性が高く、年配の顧客はより伝統的な表現や具体的な商品名を使う傾向にあるかもしれません。

これらの情報を基にキーワードを選定すると、よりターゲットに合った訴求が可能になります。

ロングテールキーワード・関連ワードの利用

ロングテールキーワードは、一般的に3語以上で構成される比較的検索ボリュームが低いが、特定のニーズに合致するキーワード。関連ワードは、メインワードに、関連するキーワードのことです。

以下ではこれらのキーワードを活用するメリットについて詳しく紹介します。

◆検索結果の露出増加

関連キーワードを戦略的に使用することで、検索エンジンにおける商品の露出を増やすことができます。

またロングテールワードのような競争が少ないキーワードを選定することで、特定の顧客層に非常に効果的にアプローチすることが可能です。

◆ユーザーの検索意図に合致

類義語や関連フレーズを使用することで、異なる検索意図を持つユーザーにもアプローチできます。

例えば、「スニーカー」というキーワードに加えて、「ランニングシューズ」、「トレーニングシューズ」という関連キーワードを組み込むことで、より多くの関連するニーズに応えることが可能です。

◆業界用語の活用

特定の業界やニッチ市場においては、業界特有の用語があります。これらの業界用語を適切に使用することで、専門性の高い顧客層にもリーチすることができます。業界用語を含めることで、専門知識を持つ顧客や特定の興味を持つグループに対しても効果的にアピールできます。

検索ボリュームと競合度の分析

楽天市場におけるSEO対策で「検索ボリュームと競合度の分析」は、キーワード選定の中核をなす重要なプロセスです。この分析を通じて、最適なキーワードを見つけ出し、競合との差別化を図ることができます。以下に、このプロセスの詳細を説明します。

◆検索ボリュームの重要性

検索ボリュームは、特定のキーワードがどれだけの頻度で検索されるかを示す指標です。この値が高ければ高いほど、そのキーワードには多くの人が興味を持っていることが示されます。検索ボリュームを分析することで、マーケット内でのキーワードの人気度を把握し、マーケティングキャンペーンやコンテンツ戦略を計画するための有用なデータを得ることができます。

◆競合度の評価

競合度は、特定のキーワードに対してどれだけ多くの競合が存在するかを示します。これは、他の出品者がそのキーワードをどれだけ利用しているかによって決まります。競合度が高いキーワードは、多くの業者が使用しているため、上位にランクされるのが難しくなります。反対に、競合度が低いキーワードは、比較的容易に高いランクを獲得できる可能性があります。

◆高い検索ボリュームと低い競合度のバランス

理想的なキーワード戦略では、高い検索ボリュームと低い競合度を兼ね備えたキーワードを見つけ出すことが重要です。このようなキーワードは、多くの潜在顧客に到達する機会がありながら、競合との差別化が容易であるため、SEO効果を最大化する上で非常に価値が高いです。

楽天SEO対策➂商品ページ最適化

楽天SEO対策で次に行ってほしいのが、商品ページ最適化です。

というのも前述した通り、楽天のSEOでは「商品の売上実績」が掲載順位の判断基準になります。

そのため、商品ページを最適化させて購入率をあげることで、販売実績の増長に繋がる→結果として検索キーワードの上位化を狙いやすくなるのです。

それではどのようにして商品ページを最適化すればよいのか次から見ていきましょう。

タイトルの最適化

楽天SEOの対策として、商品ページのタイトル最適化を行いましょう。タイトルは、製品ページが検索結果でどのように表示されるか、どのように認識されるかを大きく左右します。そのため、タイトルの最適化には以下のポイントを考慮することが重要です。

◆主要キーワードの組み込み

タイトルには、その商品を最も的確に表すキーワードを含める必要があります。これは、検索エンジンがコンテンツの関連性を判断する上で中心的な要素となります。消費者がどのような言葉を使って商品を検索するかを理解し、それに基づいてキーワードを選定することがカギとなります。例えば、カメラを売る場合、「高解像度デジタルカメラ」や「防水アクションカム」など、製品の特徴を明確に示すフレーズが有効です。

◆明確性と具体性

タイトルは、訪問者にとって直感的に理解しやすいものでなければなりません。具体的で明瞭なタイトルは、ユーザーが検索結果から期待する情報を即座に得られるかどうかを助けます。ブランド名、製品モデル、重要な属性(色、サイズ、用途など)を含めることで、検索者が求める正確な製品を見つけやすくなります。

◆タイトルの長さ

タイトルの長さも重要です。検索エンジンは表示する文字数に制限がありますので、最も重要な情報を最前部に配置し、全体としては簡潔にまとめることが望ましいです。通常、表示されるのはタイトルの最初の50~60文字程度ですので、その範囲内で情報を最適化することが推奨されます。

説明文の最適化

商品の説明文の最適化は、楽天市場でのSEOにおいて非常に重要です。詳細で説得力のある説明文は、製品の特徴、利点、および使用方法を詳細に説明することで、製品に対する理解を深め、検索エンジンのクローラーがコンテンツの質と関連性を正確に評価するのに役立ちます。以下に、説明文を最適化する際の主なポイントを詳しく説明します。

◆特徴、利点、用途の詳細説明

商品の説明文は、製品が何であるか、どのように使用されるかを消費者に伝える重要な手段です。

製品の特徴をリストアップし、それが顧客にとってどのような利点をもたらすかを具体的に説明することが重要です。

また、製品がどのようなシチュエーションで役立つのか、どのような問題を解決するのかを示すことで、消費者の購買動機を刺激します。

◆読みやすさと情報の豊富さ

説明文は、情報が豊富で読みやすいものである必要があります。適切な段落分け、見出し、リストを使用して内容を整理することで、読者が情報を容易に消化できるようにします。また、専門用語が避けられない場合は、それらを明確に説明し、一般の消費者も理解できるようにします。

画像の最適化

楽天市場における商品ページでの「画像の最適化」は、顧客の購買意欲を引き出し、検索エンジン最適化(SEO)の観点からも極めて重要です

最適化は以下の方法で行いましょう。

◆適切なファイル名の使用

商品画像のファイル名は、単なるランダムな文字列や数字の羅列ではなく、その画像が何を表しているのかを表すキーワードを含むべきです。

例えば、赤いドレスの画像であれば、「red-dress.jpg」のようなファイル名が理想的です。これにより、検索エンジンは画像の内容をよりよく理解し、関連する検索クエリに対してその画像を表示する可能性が高まります。

◆Altテキストの効果的な活用

Altテキスト(代替テキスト)は、画像が何を表しているかを説明するテキストであり、画像自体が何らかの理由で表示されない場合にその説明が表示されます。このテキストは、視覚障害を持つユーザーがスクリーンリーダーを使用する際にも読み上げられるため、アクセシビリティの向上にも寄与します。

さらに、AltテキストはSEOにおいても重要で、適切なキーワードを含むことで、画像検索結果でのランキングを改善する助けになります。

◆画像検索結果での表示への影響

画像の最適化は、検索エンジンがその画像を関連する検索クエリの結果として選択する際の重要な要因です。

ファイル名とAltテキストに関連キーワードを含めることで、特定の商品やカテゴリーに関連する検索で画像が高くランクされる可能性が高まります。これにより、潜在的な顧客の目に触れる機会が増え、ウェブサイトへのトラフィックや最終的な購買につながる可能性が増加します。

楽天SEO対策➃商品レビュー対策

続いて楽天SEO対策で行ってほしいのが、商品レビュー対策です。

というのも前述したとおり、楽天市場では商品レビューの件数や評価も検索結果の順位に影響するアルゴリズムになっているから。

それではどのようにレビュー対策を行うべきなのか、つぎから解説していきます。

レビュー数の増加

まずレビューの件数を増やすための施策を行う必要があります。

具体的な内容を次から見ていきましょう。

◆積極的に顧客にレビューを依頼する

顧客からのレビューを増やすためには、購入後にフォローアップメールを送信してレビューの投稿を依頼することが効果的です。

このメールには、レビューが商品の改善にどれほど重要かを説明し、顧客の声が他の顧客の購買決定に役立つことを伝えると良いでしょう。

フォローアップメールの送信タイミングも重要で、商品が届いた直後や使用してから少し経った後に送ることで、より多くのレビューを獲得できます。

◆レビューのインセンティブを提供する

顧客がレビューを投稿する動機付けとして、レビューを書いてくれた顧客に対して割引クーポンやポイントを提供することも有効です。

ただし、インセンティブは正直かつ公平なレビューを促すように注意深く設計する必要があります。

誤解を招かないように、インセンティブの内容は明確に伝えることが重要です。

◆簡単なレビュー投稿プロセス

レビュー投稿のプロセスが複雑であったり、時間がかかると、顧客はレビューを書くことをためらうかもしれません。

投稿プロセスを簡略化し、レビューを書きやすい環境を整えることが大切です。

例えば、ワンクリックでレビュー投稿ページにアクセスできるリンクをフォローアップメールに含めるなどの工夫が考えられます。

レビューの質の向上

楽天市場におけるSEO対策として、レビューの質向上は非常に重要です。単に多くのレビューを集めるだけでなく、レビューが有益であることも顧客の購買決定に大きな影響を与えます。以下に、質の高いレビューを促進するための具体的な方法を詳しく説明します。

◆具体的なフィードバックの要請

製品に満足した顧客に対して、具体的なフィードバックを求めることが重要です。具体的な質問をすることで、顧客は詳細かつ有益なレビューを書くことが容易になります。例えば、「この製品のどの機能が特に役立ちましたか?」や「この製品を使用して感じた利点は何ですか?」といった質問を含めることが考えられます。

◆レビューのガイドライン提供

顧客がレビューを書く際に参考にできるガイドラインを提供することも効果的です。ガイドラインには、製品の使用状況、具体的な特徴、利点、改善点など、どのような情報が有益であるかを示すと良いでしょう。これにより、顧客はより詳細で有益なレビューを提供しやすくなります。

◆レビューの強調表示

有益なレビューを強調表示することで、他の顧客がそのレビューを参考にしやすくなります。例えば、特に役立ったレビューを「最も参考になったレビュー」として目立たせることができます。これにより、質の高いレビューがさらに多くの顧客に届き、製品の信頼性を高めることができます。

ネガティブなレビューの対応

楽天市場において、ネガティブなレビューに対して積極的に対応することは、SEO対策の一環として非常に重要です。ネガティブなレビューに適切に対応することで、顧客満足度を高め、ブランドの信頼性を向上させることができます。以下に、ネガティブなレビューへの対応方法について詳しく説明します。

◆顧客の意見の尊重

ネガティブなレビューに対して迅速かつ丁寧に対応することで、顧客は自分の意見が尊重されていると感じます。顧客の不満や問題点を真摯に受け止め、具体的な解決策を提示することで、顧客の信頼を回復することができます。これは他の潜在的な購入者に対してもポジティブな印象を与えることになります。

◆迅速な対応の重要性

ネガティブなレビューに対しては、迅速な対応が求められます。遅延した対応は顧客の不満を増大させる可能性があるため、できるだけ早く返答し、問題解決に取り組むことが重要です。迅速な対応は、企業のプロフェッショナリズムと顧客サービスへの真摯な姿勢を示すものです。

◆丁寧な対応

丁寧な対応は、顧客の不満を軽減し、信頼を回復するために不可欠です。冷静で礼儀正しい言葉遣いを心掛け、顧客の問題に対して具体的な解決策を提案します。顧客に対する敬意を示し、謝罪が必要な場合は適切に謝罪します。

◆顧客満足度の向上

ネガティブなレビューに適切に対応することで、顧客満足度を高めることができます。問題が解決されると、顧客はポジティブな評価を改めて投稿する可能性が高まります。これにより、将来的なポジティブなレビューを促進することができます。

◆他の顧客への良い印象

ネガティブなレビューに対する適切な対応は、他の潜在的な購入者にも良い印象を与えます。他の顧客は、企業が顧客の意見を真摯に受け止め、問題解決に努めていることを評価します。これにより、ブランドの信頼性が向上し、購買意欲が高まります。

楽天SEO対策➄内部リンク、外部リンク対策

また楽天SEOでは、内部リンクや外部リンクの獲得も検索順位向上に関わってきます。

なぜなら、内部リンクを設定することで、商品とキーワードの関連性がより伝わりやすくなるから。

また外部リンクから、流入を増やすことで、顧客に商品を購入させる機会を増やすことができ、結果として、売上実績につながるからです。

それでは内部リンク対策や外部リンク対策を具体的に行う方法を見ていきましょう。

内部リンク対策

内部リンクとは、自分の楽天市場内の店舗や商品ページ同士を繋げるリンクのことです。

内部リンク対策を行うことで、楽天市場内でのページランクが向上する可能性があります。

検索エンジンは、内部リンクを通じてサイトの構造と関連性を評価し、重要なページを特定します。これにより、検索結果での表示順位が向上する場合もあると言えるでしょう。

また内部リンクを活用することで、ユーザーが関連商品やカテゴリページに容易に移動できるようになります。これにより、サイト内の回遊率が向上し、ユーザーがより多くの商品を閲覧する機会が増え、楽天SEOで最も重要視される売上実績を伸ばすきっかけにもなるでしょう。

具体的な内部リンク対策は次の通りです。

◆関連商品へのリンク

商品ページに関連商品へのリンクを追加します。例えば、同じカテゴリや関連する商品のリンクを設置することで、ユーザーが他の商品を簡単に見つけることができます。

◆カテゴリページへのリンク

商品ページからカテゴリページへのリンクを設定します。これにより、ユーザーは簡単に他の商品カテゴリにアクセスできます。

◆人気商品やおすすめ商品のリンク

カテゴリページに、人気商品やおすすめ商品のリンクを追加します。これにより、ユーザーが注目の商品にアクセスしやすくなります。

外部リンク対策

外部リンクとは、他のウェブサイトから自分の楽天市場のページに向かうリンクのことです。

外部リンクにより、他のサイトからのリンクが増えることで、商品ページへの流入が増え、楽天SEOで最も重要視される売上実績を伸ばすきっかけにもなるでしょう。

具体的な外部リンクの実施方法を次から見ていきましょう。

◆メディアでの取り上げ

自分の商品がメディアで取り上げられるように働きかけます。例えば、プレスリリースを送信し、製品レビューやニュース記事にリンクを掲載してもらうことで、外部リンクを獲得できます。

◆ブログやSNSの活用

自分のブログやSNSアカウントで商品ページへのリンクを共有します。これにより、外部リンクが増え、検索エンジンの評価が向上する可能性があります。

◆パートナーサイトや関連サイトからのリンク

パートナーサイトや関連する業界サイトからリンクをもらうように働きかけます。相互リンクやゲスト投稿などを活用して、外部リンクを増やします。

楽天SEO対策➅ページ速度

楽天市場におけるSEO対策の一環として、ページ速度の最適化は非常に重要です。

というのもページ速度は、ユーザーエクスペリエンスに直接影響を与えるため商品の売上実績にも影響するから。

以下に、ページ速度を最適化するための具体的な対策を詳しく説明します。

PageSpeed Insightsを利用する

自社の楽天市場の店舗ページの速度の改善点を調べるためにPageSpeed Insightsというサイトを利用するのがおすすめです。

下記では、利用方法を解説していきます。

◆ウェブサイトの分析

PageSpeed Insightsにアクセスし、楽天市場の自分の店舗や商品ページのURLを入力して「分析」をクリックします。

これにより、PageSpeed Insightsはウェブページのパフォーマンスを分析し、モバイルおよびデスクトップの両方でのパフォーマンススコアを表示します。

◆パフォーマンススコアの確認

分析結果には、パフォーマンススコアが0から100の範囲で表示されます。

スコアが高いほど、ページのパフォーマンスが優れていることを示します。

一般的に、90以上のスコアは「優秀」、50-89は「中程度」、50未満は「低い」と評価されます。

◆具体的な改善提案の確認

PageSpeed Insightsでは、ページ速度を向上させるための具体的な提案を提供してくれます。

これには、画像の最適化、レンダリングブロッキングリソースの削除、ブラウザキャッシュの活用などが含まれます。

各提案には、具体的な改善手順が記載されており、どのように実装すればよいかが詳しく説明されています。

◆実装と再評価

提案された改善策を実装し、ページ速度を最適化します。

変更を加えた後、再度PageSpeed Insightsを利用して、改善が反映されているかを確認します。これにより、継続的にページパフォーマンスを向上させることができます。

画像の圧縮

楽天に掲載されている画像の圧縮を行うことで、サイトの読み込みスピードが改善します。

下記では、どのように画像圧縮をすればいいかを解説していきます。

◆画像圧縮ツールの利用

オンラインで利用できる多くの画像圧縮ツールがあります。

例えば、TinyPNGImageOptimなどが有名です。

これらのツールを使用することで、画像の品質を保ちながらファイルサイズを大幅に削減できます。

画像の圧縮を行う際には、適切なフォーマットを選択することも重要です。一般的に使用されるフォーマットには、JPEG、PNG、WebPなどがあります。

JPEG: 写真やグラデーションが多い画像に適しています。圧縮率が高く、ファイルサイズを小さくできます。

PNG: 透過が必要な画像や、テキストが含まれる画像に適しています。圧縮率は低いですが、高画質を維持します。

WebP: 次世代フォーマットであり、JPEGやPNGよりも高い圧縮率を提供します。WebPを使用することで、画像の品質を保ちながらファイルサイズを大幅に削減できます。

◆画像のリサイズ

画像を圧縮する前に、必要に応じてリサイズすることも重要です。

使用する画像の解像度が必要以上に高い場合、ファイルサイズが大きくなります。適切なサイズにリサイズすることで、ページの読み込み速度を向上させることができます。

PicResizeなどのオンラインツールを使用して、画像を簡単にリサイズできます。

コンテンツのミニファイ

楽天SEOの速度最適化のためにコンテンツのミニファイを行うこともおすすめです。

ミニファイ(minify)とは、HTML、CSS、JavaScriptファイルから不要なスペースや改行、コメントを削除して、ファイルサイズを小さくするプロセスです。これにより、ページの読み込み速度が向上し、ユーザーエクスペリエンスの向上とSEO効果を高めることができます。

下記に具体的な方法を紹介していきます。

◆HTMLのミニファイ

HTMLファイルをミニファイすることで、ブラウザがHTMLコードをより速く解析し、ページの表示速度を向上させることができます。

方法としては、HTML MinifierなどのオンラインツールにHTMLコードを貼り付け、ミニファイされたコードを取得し、ミニファイされたコードを元のHTMLファイルに置き換えます。

◆CSSのミニファイ

CSSファイルをミニファイすることで、ブラウザがスタイルシートをより速く読み込み、適用することができます。

CSS MinifierなどのオンラインツールにCSSコードを貼り付け、ミニファイされたコードを取得し元のCSSファイルを置き換えます。

◆JavaScriptのミニファイ

JavaScriptファイルをミニファイすることで、ブラウザがスクリプトをより速く解析し、実行することができます。

JavaScript MinifierなどのオンラインツールにJavaScriptコードを貼り付け、ミニファイされたコードを取得し、元のJavaScriptファイルに置き換えます。

楽天SEO対策➆広告の活用

楽天SEOの対策として、広告を活用することも大切です。

なぜなら広告は、楽天SEOのアルゴリズムの1つである売上実績を向上させるために必要だから。

というのも楽天に出店した段階では、商品ページへの流入はほとんどの場合0であることが一般的。SEO対策をしようにも、売上実績がなければ上位化しないため、最初は広告を使って流入数を増やす必要があるのです。

しかし楽天広告には多くの種類があるため、どれを使えばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

下記では、楽天広告の種類から運用方法までを解説していきます。

楽天市場の広告種類

まずは楽天広告の種類や特徴を解説していきます。

◆楽天市場広告

楽天市場広告は、楽天のトップページやジャンルトップページ、特集ページなどに掲載される広告です。この広告は、決まった広告枠を購入して掲載するため、楽天内での純広告とも言われます。
メリットとして、広告を入稿すれば必ず掲載される点が挙げられます。多くのユーザーの目に触れるため、ブランドや商品の認知度を高めるのに効果的です。

一方、デメリットとして、ターゲットを特定せずに広範囲に表示されるため、実際の購入に結びつきにくく、費用対効果を合わせるのが難しい点が挙げられます。また、上位の広告枠を獲得しないとクリックされにくいという課題もあります。

◆特別大型企画

特別大型企画は、大きな広告予算をかけることができる売上実績のある店舗向けの広告です。この広告には「大口予算枠」と「超目玉枠」の二つのタイプがあります。

大口予算枠は、スーパーセールやお買い物マラソンなどの期間中に2,000,000円以上の広告枠を購入する店舗が対象です。

しかし、申請すれば必ず出稿できるわけではなく、広告費予算が高い店舗や売上実績が高い店舗が優先されます。そのため、希望する広告枠が確保できない場合でも、条件を満たすために他の広告枠に申請する必要があります。

広告費が高いため、ROASを高めるためには広告以外の施策も必要です。

超目玉枠は広告費がかからない広告です。

この枠には「楽天のイベントを盛り上げるための協賛商品」が掲載されます。

スーパーセール期間中に多くの店舗が割引やポイントアップを行うため、楽天のセールは店舗のキャンペーンなしでは成り立ちません。

例えば、楽天スーパーセールのCMで「大幅値下げ商品多数!」と宣伝されるように、一定の条件を満たした大幅値下げ施策を行う店舗の商品が掲載されます。

ただし、条件を満たしても売上実績などで楽天が選んで表示させるため、必ず掲載されるわけではありません。

◆RPP広告

RPP広告は、ユーザーの検索結果ページに表示される検索連動型広告で、楽天内のリスティング広告と言えます。

ユーザーが検索したキーワードと一致した商品を、商品名、キャッチコピー、商品説明文から楽天が自動的に表示させる仕組みです。

RPP広告枠はPCで上位3枠、スマートフォンで上位5枠と決まっており、この枠に表示されることで商品ページへの流入数が増加し、それに伴って購入数の増加が期待できます。

◆クーポンアドバンス広告

クーポンアドバンス広告は、ユーザーが広告をクリックすると自動的にクーポンが取得される広告です。

この仕組みにより、コンバージョンにつながりやすくなります。楽天トップページやジャンルトップページ、検索結果ページなどに検索履歴からパーソナライズされて配信されます。

成果報酬型広告ですが、クーポンを取得したユーザーが購入しない場合でも課金されるため、予算の管理には注意が必要です。

ただし、クーポンを利用することで購入のハードルが下がるため、比較的ROASが高くなりやすい広告です。

◆楽天CPA広告

CPA広告は、広告を通じて購入が発生するごとに課金される広告です。

楽天トップページやジャンルページに掲載されますが、どのページにどの商品が掲載されるかは分からない点がネックです。

入稿作業が不要で、RMS上で同意するだけで24時間以内に配信されます。また、好きなタイミングで広告配信を開始・停止できるのも特徴です。

他の楽天広告は期間が決まっていたり、月単位でしか出稿できなかったりするため、この点でCPA広告は柔軟性があります。

広告キャンペーンの設定と運用

広告の設定と運用を最適化することで、楽天市場におけるSEOパフォーマンスを向上させることができます。

下記のように、ターゲティング、キーワード選定、広告文とクリエイティブの最適化を一貫して行いましょう。

◆ターゲティングの設定

ターゲティングの設定は、広告キャンペーンの成功に欠かせない要素です。ターゲティングを適切に行うことで、広告を見てもらいたいユーザーに的確に届けることができます。ターゲット顧客の年齢、性別、興味関心、購入履歴などのデータを活用して、広告の表示対象を絞り込みます。

例えば、若い女性をターゲットとするファッションアイテムの広告であれば、20代から30代の女性ユーザーに焦点を当てた設定を行います。これにより、無駄な広告表示を減らし、広告の効果を最大化することができます。また、特定の地域や時間帯にターゲティングすることも効果的です。これにより、地域ごとの需要に応じた広告展開が可能となります。

◆キーワードの選定

キーワードの選定は、検索連動型広告のパフォーマンスを左右する重要なステップです。
ユーザーが検索する可能性の高いキーワードをリサーチし、広告キャンペーンに設定します。適切なキーワードを選定することで、検索結果に広告が表示されやすくなり、クリック率の向上が期待できます。

キーワード選定の際には、競合状況や検索ボリュームを考慮することが重要です。人気のあるキーワードは競争が激しく、クリック単価が高くなる傾向があります。一方で、ニッチなキーワードを見つけることで、競争を避けつつ、ターゲットユーザーにリーチすることができます。

例えば、「夏用軽量ジャケット」などの具体的なキーワードを設定することで、購入意欲の高いユーザーにアプローチできます。

◆広告文とクリエイティブの最適化

広告文とクリエイティブの最適化は、ユーザーの関心を引き、クリック率を向上させるために欠かせない要素です。

広告文は、商品の特徴や利点を簡潔かつ魅力的に伝える必要があります。具体的なメリットを強調し、ユーザーに「この商品を試してみたい」と思わせることが重要です。

例えば、「今だけ20%オフ!軽量で通気性抜群の夏用ジャケット」といった広告文は、割引情報と商品特性を明確に伝えることで、ユーザーの興味を引くことができます。さらに、視覚的に魅力的なバナーや画像を使用することで、広告の訴求力を高めます。鮮明な商品画像やプロモーションを視覚的に伝えるデザインは、ユーザーの目を引き、クリック率を向上させる効果があります。

広告効果の測定と改善

また広告を運用始めたら必ず分析と改善を行いましょう。下記で、具体的なやり方について解説していきます。

◆広告パフォーマンスの分析

広告パフォーマンスの分析は、広告キャンペーンの効果を評価し、改善点を特定するために不可欠です。パフォーマンスを分析するためには、クリック率(CTR)、コンバージョン率(CVR)、広告費用対効果(ROAS)などの主要な指標をモニタリングします。
クリック率は、広告が表示された回数に対してどれだけクリックされたかを示し、ユーザーの関心度を測る重要な指標です。コンバージョン率は、広告をクリックしたユーザーが実際に購入などのアクションを起こした割合を示し、広告の効果を直接的に評価します。広告費用対効果は、広告に投じた費用に対する売上を示し、広告キャンペーンの収益性を評価するための重要な指標です。

これらのデータを定期的に分析し、どの広告が効果的であるか、どの部分が改善の余地があるかを特定します。例えば、CTRが低い場合は、広告文やクリエイティブを見直す必要があります。CVRが低い場合は、ランディングページの最適化や商品情報の充実を検討します。

◆A/Bテストの実施

A/Bテストは、広告の効果を最大化するための重要な手法です。異なる広告文やクリエイティブを比較し、どちらがより高い成果を上げるかを検証します。A/Bテストを実施することで、効果的な広告要素を特定し、最適な広告を作成することができます。
例えば、同じ商品を宣伝する2種類の広告バナーを作成し、一部のユーザーにはAバナーを、他のユーザーにはBバナーを表示します。それぞれのクリック率やコンバージョン率を比較し、どちらがより効果的かを判断します。このプロセスを繰り返すことで、最もパフォーマンスの良い広告を見つけ出し、全体の広告効果を向上させることができます。

◆広告予算の最適化

広告予算の最適化は、限られた広告費用を効果的に配分し、最大の効果を得るための重要な戦略です。パフォーマンスの高い広告に予算を集中させ、パフォーマンスの低い広告の予算を削減することで、全体の広告効果を高めることができます。
広告予算を最適化するためには、定期的に広告キャンペーンのパフォーマンスをレビューし、必要に応じて予算配分を調整します。例えば、特定のキーワードやターゲティング設定が高いROASを示す場合、その部分に予算を追加し、逆に効果が低い部分の予算を削減します。また、季節やイベントに合わせて予算を柔軟に調整し、需要の高い時期に効果的な広告展開を行うことも重要です。

楽天SEO対策➇クリック率向上対策

楽天市場のSEO対策を行い検索順位が上がったら、その後には必ずクリック率向上対策も行いましょう。

というのもせっかく苦労して、商品ページを検索で上位化させても、クリックしてページにアクセスしてもらわなければ意味がありません。

それでは、どのようにしてクリック率を改善すればよいのか、下記から見ていきましょう。

魅力的なタイトルの作成

魅力的なタイトルを作成することで、楽天市場における商品ページのクリック率を向上させることができます。

次から詳しい方法を見ていきましょう。

◆商品の特徴と利点の記載

魅力的なタイトルを作成する際には、商品の特徴と利点を明確に記載することが重要です。ユーザーが検索結果ページで最初に目にする情報であるタイトルは、商品の魅力を端的に伝える役割を果たします。例えば、「軽量で通気性抜群の夏用ジャケット」などと記載することで、商品の特性とその利点を一目で理解できるようにします。このように、具体的な特徴と利点を盛り込むことで、ユーザーの興味を引き、クリック率を高めることができます。

◆ユーザー目線での記述

タイトルを作成する際には、常にユーザー目線を意識することが大切です。ユーザーが何を求めているか、どのような言葉で検索するかを考慮して、タイトルを構築します。例えば、ユーザーが「軽量な夏用ジャケット」を探している場合、そのニーズに直接応えるタイトルを設定します。また、購買意欲を刺激するキーワードを含めることで、タイトルの魅力をさらに高めることができます。ユーザーが自分のニーズにぴったりと合う商品だと感じるようなタイトルを作成することで、クリック率の向上が期待できます。

サムネイルの改善

楽天の検索結果で目を引くのが商品のサムネイル。

これを改善することでクリック数を伸ばすことも可能です。

具体的にどのように改善すればよいのか、次から解説していきます。

◆ターゲットユーザーを明確にする

サムネイルを改善する際には、まずターゲットユーザーを明確にすることが重要です。

商品を購入する可能性のあるユーザーの年齢、性別、趣味、ライフスタイルなどを具体的に把握し、そのユーザー層に訴求力のあるサムネイルを作成します。

例えば、若い女性をターゲットにしたファッションアイテムの場合、明るくトレンディなデザインやカラーを使用することで、ターゲットユーザーの関心を引きやすくなります。このように、ターゲットユーザーに響く要素をサムネイルに取り入れることで、クリック率を向上させることができます。

◆商品の訴求ポイントの確認

サムネイルには、商品の最も重要な訴求ポイントを反映させることが必要です。

商品の特徴や利点を視覚的に伝えることで、ユーザーに商品の魅力を瞬時に理解してもらえます。例えば、軽量で通気性が良いジャケットの場合、風通しの良さや着心地の良さを強調する写真やデザインを使用します。また、割引やキャンペーン情報がある場合は、それをサムネイルに明確に表示することで、ユーザーの購買意欲を高めることができます。商品の訴求ポイントを明確にすることで、ユーザーの興味を引き、クリック率を向上させることが可能です。

◆注意:商品画像ガイドラインに沿って作成する

楽天市場には、商品画像に関するガイドラインが定められており、それに従ってサムネイルを作成することが求められます。ガイドラインに従わない画像は、掲載が拒否される可能性があるため、必ず確認することが重要です。例えば、画像の解像度、背景色、文字の挿入方法などに関する具体的な規定があります。ガイドラインに沿って作成されたサムネイルは、品質が保証され、ユーザーに対して信頼性のある印象を与えます。また、ガイドラインに従うことで、楽天市場のアルゴリズムに適した画像となり、検索結果での露出が向上する可能性もあります。

「商品画像登録ガイドライン」はこちら

価格とプロモーションの明示

検索結果の段階で、ユーザーは「価格・送料・ポイント」などの情報を他社を比較してチェックします。

そのため、競合調査を行いながら、価格とプロモーションについても見直してみましょう。

◆価格や送料・ポイントの見直し

価格は、ユーザーが商品を購入する際の最も重要な要素の一つです。魅力的な価格設定を行うことで、ユーザーの関心を引き、クリック率を向上させることができます。価格の見直しでは、競合他社の価格を調査し、自社の商品が競争力のある価格であることを確認します。また、送料無料や特別なポイント還元を提供することで、さらに魅力的なオファーにすることができます。例えば、「送料無料」や「購入で100ポイント獲得」などの情報を明示することで、ユーザーにとってのメリットを強調し、購入の動機付けを行います。

◆セール情報やクーポン情報の掲載

セール情報やクーポン情報を明示することは、ユーザーの購入意欲を高める効果的な方法です。期間限定のセールや特別な割引クーポンを提供することで、ユーザーが商品を購入するタイミングを後押しします。例えば、「今だけ20%オフセール開催中!」や「このクーポンでさらに10%オフ!」などのプロモーション情報を掲載することで、緊急性を感じさせ、ユーザーに行動を促します。また、これらの情報は商品ページの目立つ場所に配置し、ユーザーが簡単に見つけられるようにすることが重要です。クーポンコードや利用条件を明確に表示し、ユーザーがスムーズに割引を利用できるようにします。

楽天SEO対策役立つツール4選

ここでは楽天SEO対策で役立つツールを4つ紹介していきます。

検索順位の確認を効率化したいなら→「検索伝令くんLight」「ECサプリ」
競合の売上実績を調べるなら→「Nint」
価格の最適化を効率化したいなら→「MarkThing」

それぞれ見ていきましょう。

検索伝令くんLight

検索伝令くんLightは、楽天市場におけるSEO対策を強化するために開発された高度な分析ツールです。ユーザーは、このツールを使用して商品ページのSEOパフォーマンスを詳細に分析することができます。

◆使いやすいインターフェース

検索伝令くんLightのインターフェースは非常に直感的で使いやすく設計されています。複雑な操作を必要とせず、初めて使用するユーザーでも簡単に操作を開始することができます。ダッシュボードでは、重要なSEOデータが一目で確認できるように整理されており、リアルタイムでのパフォーマンス監視が可能です。これにより、ユーザーは迅速に必要な情報にアクセスし、効率的に作業を進めることができます。

◆無料で利用できる

なんとこのツールは、利用料が無料!

メールで検索順位をお知らせしてくれるので、順位のチェック忘れもなくすことができますよ。

ECサプリ


ECサプリは、楽天市場に特化した検索順位自動チェックツールであり、店舗運営者が効率的にSEO対策を行えるようサポートします。このツールは、キーワードごとの検索順位を自動で追跡し、変動をリアルタイムで把握することができます。

◆検索順位の自動追跡で手間を削減

ECサプリは、設定したキーワードに基づいて楽天市場内での検索順位を自動的にチェックします。これにより、手動での検索順位確認にかかる時間と労力を大幅に削減できます。店舗運営者は、日々の業務に集中しながら、重要なSEOデータを逃さずに把握することができます。また、検索順位の変動をグラフで視覚的に表示するため、トレンドやパフォーマンスの分析が容易になります。

◆競合分析機能で市場の動向を把握

ECサプリは、競合店舗の検索順位も追跡する機能を提供しています。これにより、自社の順位を競合と比較し、市場の動向を把握することができます。競合がどのキーワードで上位を獲得しているか、どのようなSEO対策を行っているかを分析することで、自社の戦略に役立てることができます。

Nint


Nintは、EC市場に特化したデータ分析ツールを提供するプラットフォームです。

特に楽天市場における競合調査において、その高い精度と多機能なツールで注目されています。

Nintは、売上データ、価格動向、プロモーション情報など、EC市場での競争力を高めるために必要な情報を提供します。

◆楽天市場の競合分析におけるNintの利点

Nintは、楽天市場での競合分析において多くの利点を持っています。まず、Nintは市場全体の売上データをリアルタイムで提供するため、競合他社の動向を迅速に把握することができます。

また、商品ごとの売上推移や価格変動を詳細に分析できるため、自社の商品戦略を効果的に見直すことができます。

さらに、Nintは広告効果の分析にも優れており、競合他社がどのような広告戦略を採用しているかを把握することができます。

◆具体的な活用事例

Nintは、多くの企業で実際に活用され、競争力を高めるための有効な手段として評価されています。

例えば、ある企業はNintを利用して競合他社の売上データを分析し、自社商品の価格戦略を見直しました。その結果、売上が大幅に向上し、市場シェアを拡大することに成功しました。

また、別の企業では、Nintの広告分析ツールを活用して、競合他社の広告戦略を参考にしながら、自社の広告キャンペーンを効果的に展開しました。このように、Nintは多岐にわたるデータ分析機能を活用することで、企業の競争力を強化するための強力なツールとなっています。

MarkThing


MarkThingは、楽天市場に出店する企業向けの価格最適化ツールです。このツールは、価格設定に関するデータをリアルタイムで分析し、最適な価格戦略を導き出すことを目的としています。

◆利用するメリット

MarkThingは、リアルタイムで市場の価格動向をモニタリングし、競合他社の価格変動に迅速に対応することが可能です。

また、AIアルゴリズムを活用した価格予測機能により、将来的な価格トレンドを予測し、最適な価格設定を行うことができます。

さらに、MarkThingは詳細な価格レポートを提供し、価格戦略の効果を分析するのに役立ちます。これにより、データに基づいた意思決定が可能となり、ビジネスの成長をサポートします。

◆導入も簡単

MarkThingの利用開始は非常に簡単です。まず、公式ウェブサイト(https://www.markthing.net/)にアクセスし、アカウントを作成します。次に、楽天市場のアカウントと連携させることで、MarkThingが自動的にデータを収集し、分析を開始します。導入後は、直感的なダッシュボードを通じて、価格戦略の効果をリアルタイムで確認することができます。サポート体制も充実しており、導入から運用までの全てのプロセスで専門のサポートを受けることが可能です。

楽天SEOで順位が下がった時の対策3選

楽天SEOで自社商品の順位が下がってしまった際は、下記の対策をしてみましょう。

・キーワードの見直しと最適化
・タイトルとサムネイルの改善
・購入率改善、アクセス数改善

それぞれ見ていきましょう。

キーワードの見直しと最適化

楽天市場でのSEO順位が下がった場合、効果的な対策の一つがキーワードの見直しと最適化です。これにより、商品ページの検索エンジン評価を改善し、再び上位表示されることを目指します。

◆狙っているキーワードの競合商品を洗い出す

まず、狙っているキーワードの競合商品を洗い出します。

これには、楽天市場内でそのキーワードを検索し、上位に表示されている競合商品を特定することが含まれます。上位表示されている商品がどのようなタイトルや説明文を使用しているか、どのような特徴や利点を強調しているかを詳細に分析します。

◆洗い出した競合商品の売上、口コミを競合調査ツールで洗い出す

次に、洗い出した競合商品の売上や口コミを競合調査ツールで洗い出します。

例えば、Nintなどの競合調査ツールなどを活用し、競合商品の売上データや顧客の口コミを収集します。

この情報を表にまとめて、自社商品の実績と比較してみましょう。

◆そのキーワードで競合以上の実績を出せるか検討する

そして、そのキーワードで競合以上の実績を出せるか検討します。

競合分析の結果を踏まえて、自社の商品がどのように差別化できるか、どのような利点や特徴を強調すれば競合を上回ることができるかを検討します。

例えば、価格の調整、送料無料オプションの追加、特別なプロモーションや割引の提供など、具体的な戦略を考えます。また、商品説明文やタイトルを再度見直し、主要なキーワードを効果的に組み込みつつ、ユーザーにとって魅力的な内容にすることが重要です。

タイトルとサムネイルの改善

◆商品ごとにクリック率を出して表にまとめる

まず、楽天市場の管理ツールを使用して、各商品のクリック率(CTR)を計測します。
クリック率は、商品が検索結果に表示された回数に対してクリックされた割合のこと。

このデータを商品ごとに集計し、表にまとめます。これにより、どの商品がユーザーの関心を引いているのか、どの商品がクリックされていないのかを明確に把握できます。
例えば、表には以下のような項目を含めると良いでしょう:

・商品名
・掲載順位
・商品タイトル
・クリック数
・クリック率(CTR)
・コンバージョン率(CVR)

このデータを視覚的に整理することで、どの商品がパフォーマンスが良いかを一目で確認できます。

◆クリック率の高い商品をピックアップし要因を見つける

次に、表からクリック率が特に高い商品をピックアップし、それらの商品がなぜユーザーの関心を引いているのかを分析します。

例えば、

・商品タイトルの内容
・画像の質
・プロモーション情報 など

これらの要因を競合と比較しながら分析することで、クリック率が高い商品タイトルの成功要因を特定します。

◆他の商品にも反映させて効果を確かめる

クリック率が高い商品の成功要因を特定したら、その要因を他の商品にも適用してみます。

改善を行った後、再度クリック率を測定し、改善が効果を発揮しているかを確認します。継続的にデータをモニタリングし、必要に応じてさらなる調整を行います。

購入率改善・アクセス数改善

◆競合の売上実績を確認

まず、競合の売上実績を確認することが重要です。

ツールで楽天市場内の競合店舗の売上データを調査し、自社商品との比較を行います。競合の売上実績を把握することで、自社のパフォーマンスを客観的に評価でき、どの部分に改善が必要かを明確にすることができます。これにより、具体的な目標設定が可能となります。

◆そこから購入率をどれだけ改善するべきか、アクセス数をどれだけ増やすべきかを確認

競合の売上実績を基に、自社商品の購入率とアクセス数を評価します。現在の購入率とアクセス数を把握し、競合と比較してどの程度改善が必要かを確認します。

◆購入率改善の施策例

購入率を改善するための具体的な施策として下記を行いましょう。

・商品ページの最適化
・プロモーションと割引
・ユーザーエクスペリエンスの向上

購入率改善の詳しい方法はこちら

◆アクセス数改善の施策例

アクセス数を増やすための具体的な施策をいくつか挙げます。

・広告運用の見直し
・クリック率向上

アクセス数改善の詳しい方法はこちら

◆施策後、再度競合と比較しPDCAを回す

各施策を実施した後、再度競合と比較し、PDCAサイクルを回します。具体的には、以下のステップを踏みます。

➀Plan(計画):施策の目標を設定し、具体的なアクションプランを策定します。

➁Do(実行):計画に基づいて施策を実行します。

➂Check(評価):実施した施策の効果を測定し、目標達成度を評価します。具体的には、購入率やアクセス数の変動をモニタリングします。

➃Act(改善):評価結果を基に、成功した施策を強化し、効果が低かった施策を改善します。必要に応じて新たな施策を導入し、再度PDCAサイクルを回します。

楽天SEO対策を頼める業者3選

ここまでの内容を読んで「自分でSEO対策を行うのは難しい」という場合、業者にお願いするのも1つの手段でしょう。

ここでは楽天SEO対策をお願いできる業者を3社紹介します。

・アートトレーディング株式会社
・株式会社いつも
・コマースメディア株式会社

それぞれ見ていきましょう。

アートトレーディング株式会社


当社、アートトレーディング株式会社は、東京都豊島区にある楽天支援会社。

長年の経験と実績を基に、クライアントの売上向上をサポートしています。楽天市場の特性を深く理解し、最新のSEOトレンドを取り入れた施策を提案することで、クライアントのビジネス成長を促進します。

またアートトレーディングの強みとして、楽天市場の運営に関する包括的なサポートが可能ということも挙げられます。

楽天市場の支援はもちろん、商品の受注業務や発送業務、カスタマーサポートまでを一任することができるので、主要の業務により力をいれての運営が可能になります。

株式会社いつも


株式会社いつもは、楽天市場での売上を最大化するために必要な専門知識と実践的なノウハウを持っています。

また株式会社いつもはクライアントのニーズに合わせたカスタマイズサービスを提供しています。ビジネスの目標や課題に応じて、最適なソリューションを提案し、柔軟に対応することができます。

このようなカスタマイズされたアプローチにより、クライアントの特定の要望に応じた効果的なSEO対策が実現します。

コマースメディア株式会社


コマースメディアは、楽天市場に特化したSEO対策を提供しており、豊富な経験を活かして、クライアントの売上向上をサポートします。

また、コマースメディアは、楽天市場内での広告運用やキャンペーン管理にも強みを持っています。

同社はクライアントのビジネス目標に合わせたカスタマイズされたコンサルティングを提供し、定期的なレポートを通じて施策の効果を可視化し、PDCAサイクルを回すことで持続的な改善を行います。

まとめ

楽天SEOのアルゴリズムは「売上実績」「商品とキーワードの関連性」「レビューの件数と評価」の要素が大きく関わっています。

そのためSEO対策をする際は、アルゴリズムに合わせた下記の方法を行いましょう。

・楽天SEO対策➀基本の対策
・楽天SEO対策➁キーワード選定
・楽天SEO対策➂商品ページ最適化
・楽天SEO対策➃商品レビュー対策
・楽天SEO対策➄内部リンク、外部リンク対策
・楽天SEO対策➅ページ速度
・楽天SEO対策➆広告の活用
・楽天SEO対策➇クリック率向上対策

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2023.10.10👁20.2k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2023.10.10👁16.3k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2023.10.10👁15.7k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2023.10.10👁15k
  5. おすすめのEC運営代行会社20選!費用や仕事内容までをまとめてご紹介!

    2024.06.17👁14.5k
LINE公式アカウントはじめました! LINE公式アカウントはじめました!
×