© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F Y

ECサイトの競合の調査・分析とは?調査・分析の目的や方法、項目などを含めて解説いたします。

ECサイト運営に関するタスクの一つとして良く言われるのが、「競合調査・分析」です。
しかし、ECサイトの競合調査・分析の方法、項目などに関してお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はネットショップ・ECサイトの競合調査・分析の目的、方法、ポイント、項目などに関して解説していきます。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

ネットショップ・ECサイトの競合を調査・分析する目的

実店舗に来店されるお客様は、いくつかの店舗を回って実際の商品を見て、比較していきます。
その一方で、ECサイトの場合は目的のキーワードを検索した後、商品の比較をしていきます。そのため、ECサイトでの集客や売り上げを上げるためには、商品の魅力だけでなく、サイトの使い勝手も重要になってきます。この使い勝手を良くしていくために競合を調査・分析する必要があります。
また、競合調査を行うことには、それまで気付かなかった自社サイトの様々な強み、弱みを見出すという目的もあります。自社サイトや競合サイトを改めて見て自社サイトの強みや弱みを把握することで、自社サイトの改善に対して重要な点を見つけることができます。

ネットショップ・ECサイトの競合を調査・分析する際のポイント

ECサイトの調査・分析にはポイントがあります。
ネットショップ・ECサイトの調査・分析を行う方法を解説する前に、ここではそのポイントをご紹介していきます。

顧客のニーズを知る

ネットショップ・ECサイトの調査・分析を行う際には、顧客のニーズを把握することが重要になってきます。顧客のニーズが明らかになれば、扱っている商品の強みや弱みに基づいて、販売戦略を立てることができます。
この顧客ニーズを知るのに最も有効なのが後ほどご紹介する「レビュー調査」です。

競合の商品品質を知る

競合の商品品質を知ることも重要です。実際の商品を買ってみることで購入者の気持ちになり、実際に買ってみないと分からない競合の強みや弱みを把握していきます。
このように競合の商品品質を知るのに最も有効なのが後ほどご紹介する「購入調査」です。

競合のECサイト情報を把握する

単に上から下までサイト見ていても、大切な情報は入ってきません。このため、競合のECサイト情報を把握するには「商品」「サービス」「変化」に注目することが重要です。
競合のECサイト情報を把握する方法の詳細は以下の「サイト全体の調査」で解説しています。

ネットショップ・ECサイトの競合を調査・分析する方法

ここからは先ほどの「ネットショップ・ECサイトの競合を調査・分析する際のポイント」を踏まえて、「ネットショップ・ECサイトの競合を調査。分析する」方法についてご紹介します。

レビュー調査

まずは競合店のレビューを分析して、「利用者がなぜ、何に対して喜んで、満足しているか」を読み解きます。
このような視点からレビューを行うと、競合サービスの様々な強みや弱みが見えてきます。
このように、競合店のレビューを分析したら、自社のレビューも分析して、自社に足りないものを見つけていきます。

購入調査

先ほど述べたように、実際の顧客への対応やカートの使いやすさなど購入者の立場になって初めてわかることが多々あります。
購入調査によって得ることができる情報には「カート、決算システムの使いやすさ」「パッケージ」「カスタマーサポート」「同封物」「商品を購入した後のメール配信」などが挙げられます。
このように、競合の商品について知りたい場合は実際に購入することをおすすめします。

サイト全体の調査

「配送スピード」「送料」「保証」などのサービスの軸での調査と「商品のカテゴリー」や「価格」「内容量」「ラインナップ」などの商品軸での調査が重要です。

ECサイトの競合を比較する際に重要な項目の選び方

競合調査を行う上で重要なのが比較項目の選定です。ここではECサイトの競合を比較する際に重要な項目の選び方をご紹介します。
比較項目の選定の際に重要なのが「ジツザイ化」と呼ばれる作業です。
「ジツザイ化」とはお客様の生活や考え方、生活をイメージしてお客様の気持ちを把握する作業のことを指します。
このジツザイ化をすることで「どうすれば、お客様は製品を購入してくれるか」「どこでお客様は心が動かされるのか」が明らかになります。
このようにして、ECサイトの競合を比較する際の項目を選びます。

ECサイトの競合を調査・分析する際に役立つツール

ここまでECサイトの競合の調査・分析の目的や方法、ポイントなどを解説してきましたが、ここでは「ECサイトの競合を調査・分析するときに役立つツール」をご紹介していきます。

SimilarWeb

URLを入力するだけでWebサイト分析や業界分析を簡単に行うことができるツールです。
SimilarWebはGoogleアナリティクスでは調査することができない「not provided」を含むキーワード検索分析や300カテゴリーの中からから業界分析、サイトランキングを表示する機能も提供されています。
これを利用すれば、より効率のよくECサイトの競合を調査、分析できます。

ユーザーテストExpress

ユーザーテストExpressは手軽さを売りにした、URLの入力だけでWebサイトのユーザーテストを行うことができるツールです。
ユーザーテストExpressの最大の特徴は不特定多数のユーザーの中から、かなり具体的に対象となるモニタの条件を絞り込むことができるという点です。また、場所や日程の調整が必要なく安価かつ迅速に調査を行うことができます。
これらの特徴により、アクセス解析等の定量データではわからない具体的な課題を狙ったターゲット層の視点から発見することが可能です。

Amazonで競合ECサイトを分析する方法

近年、Amazonでの販売競争が激化しており、精巧なマーケティングが必要不可欠となっています。そんな中、ワンクリックでAmazonでの売れ筋商品のリサーチや競合分析などができるツールがあります。それが「イーリサPRO」です。
「イーリサPRO」は過去のデータに基づいて調査すべき競合の商品が提示されます。特定の商品や競合先などを登録しておけば、商品のランキングや価格の推移など細かいデータも管理することができます。また、リサーチ作業も大幅に効率化します。
Amazonでの販売には、このようなAmazon分析ツールを用いて、売り上げ向上を図るのが効果的です。

まとめ

競合調査はECサイトの運営に置いておいて大変重要な作業です。
適切にECサイトの競合を分析、調査することができれば売り上げや集客に繋げることができるでしょう。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界175か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・200社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

オススメ記事

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁4.8k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁4.7k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁3.9k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁3.6k
  5. ECサイト運営とは?業務内容や必要なスキルも含めて徹底解説!

    2021.02.10👁3.3k