© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F Y

ECサイト運営において 「YouTube(ユーチューブ)」に参入するメリットから注目のショッピング機能までご紹介致します!

近年、「YouTube(ユーチューブ)」は大きな影響力を持つようになりました。多くの芸能人やタレントが「YouTube(ユーチューブ)」に参入する中、ECサイト事業者も数多く参入しています。
また、2021年には商品購入に関する新しい機能が追加される可能性があり、今後も「YouTube(ユーチューブ)」を利用したECサイト運営から目が離せません。この記事ではEC運営に関する「YouTube(ユーチューブ)」の運用について分かりやすくご紹介致します。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

サイト運営において「YouTube(ユーチューブ)」へ参入するメリットとは?

ECサイト運営の仕事内容は多岐に渡ります。ECサイトを運営していくだけでも多くのコストが掛かるのにも関わらず、「YouTube(ユーチューブ)」へ参入する企業が後を立ちません。では何故「YouTube(ユーチューブ)」へ参入する企業が多いのでしょうか?

サイト運営において「YouTube(ユーチューブ)」へ参入するメリットとは?①新規顧客の獲得

ECサイトを運営するにあたり顧客の獲得は困難を極めます。EC事業者は新規顧客を確保するために通常Webマーケティングを行います。Webマーケティングではより多くの人の目に触れてもらうため、SEO施策をしたうえでSNSを利用し新規顧客の確保を目指します。
加えて、「YouTube(ユーチューブ)」で動画を投稿することでさらに、顧客の目に触れる機会を増やせます。また、動画というメディアを使用することで普段SNSでなど触れない層にアプローチできることなどの期待できます。

サイト運営において「YouTube(ユーチューブ)」へ参入するメリットとは?②顧客のロイヤルティ向上に繋がる

TwitterやInstagramなどのSNSを使い商品を紹介する場合、短い文章や画像、短めの動画のみでしか商品を紹介できません。一方「YouTube(ユーチューブ)」を活用すれば、SNSでは表現できない動画制作が可能になります。
そのため、SNSに比べ、より商品の魅力や世界観を自由に表現でき、顧客との距離感が縮め顧客のロイヤルティ向上に繋げることが出来ます。結果、サイト運営において「YouTube(ユーチューブ)」へ参入することは、新規顧客の獲得に加え、顧客に対してのロイヤリティもより高められます。
ただし、動画制作にコストや手間が掛かってしまうという問題点もあります。そのため、「YouTube(ユーチューブ)」の運用をアウトソーシングする企業もあります。

「YouTube(ユーチューブ)」に広告を出すメリット

「YouTube(ユーチューブ)」を活用したECサイト運用には自社でチャンネルを開設する以外に動画広告を出すという方法もあります。では「YouTube(ユーチューブ)」広告は他のデジタル広告と何が違うのでしょうか?
「YouTube(ユーチューブ)」広告の最大の特徴は他のデジタル広告とは違い、自社が想定する顧客にピンポイントにターゲティングが行えることにあります。
従来の広告では性別や年齢、地域などの統計情報を基にターゲティングを行います。しかし、「YouTube(ユーチューブ)」広告では「スポーツ観戦に興味がある人」や「料理に興味がある人」などより具体的な興味関心までターゲティングを行うことが可能です。
加えて、大量のユーザーがいることや10代、20代の利用率は95%を超えているため、若い世代向け商品やサービスを売り込みたい企業などにはよりおすすめです。
ただし、適切に設定を行わなければ、逆効果になってしまったり、認知が広がっても購買に繋がらないことなどの問題点のあります。

中小企業における「YouTube(ユーチューブ)」を利用したECサイト運用事例

「YouTube(ユーチューブ)」に参入するといってもその形は様々です。商品やサービスの違いによりその動画の発信の仕方は異なります。そのため、参考までにECサイトを運用する中小企業の中で商品の特徴を活かし、「YouTube(ユーチューブ)」チャンネルをいち早く開設した企業事例を3つご紹介します。

中小企業における「YouTube(ユーチューブ)」を利用したECサイト運用事例①「ozie」

「ozie」はシャツの通販ショップです。リピーターの獲得に課題を感じており、会社の認知度を高めるために「YouTube(ユーチューブ)」にチャンネルを作り、動画配信を始めました。
動画内容は動きのあるノウハウ意識をし、ネクタイの結び方など顧客のニーズに合わせた物を投稿しました。結果、動画は好評を博し、会社の認知度は改善され、業績のアップに成功しました。

中小企業における「YouTube(ユーチューブ)」を利用したECサイト運用事例②「株式会社ユニオン」

「株式会社ユニオン」ではポストを販売してます。ポスト内部の特徴は文章や写真では伝わりにくく、適宜アニメーションを用いた動画を投稿し、「YouTube(ユーチューブ)」を利用し、商品魅力を分かりやすく伝えることに成功しました。

中小企業における「YouTube(ユーチューブ)」を利用したECサイト運用事例③「祭すみたや」

「祭すみたや」はお祭りグッズを専門に取り扱う企業です。商品の着用方法や使用方法に関する問い合わせが多いことをきっかけに商品紹介の動画をはじめました。
結果的に、「YouTube(ユーチューブ)」の動画をきっかけに自社の認知度をあげ、新規顧客の獲得に成功しました。

「YouTube(ユーチューブ)運用」も行っているEC運営代行

ECサイト運営だけでも多くの手間やコストが掛かるのにも関わらず、「YouTube(ユーチューブ)」チャンネルの運用まで行うには自社に相当の負担が掛かります。そのため、ECサイトを運用している企業向けの「YouTube(ユーチューブ)」の代行運用サービスなどが数多く存在します。
例えば、オリナス株式会社は「YouTube(ユーチューブ)」の運用代行を行っていますが、その他のもTiktokなどのSNS運用代行も行っており、そのサービスは運用代行会社により様々です。
また、サヴァリ株式会社では「YouTube(ユーチューブ)」のみの運用代行サービスに加え、EC運営代行サービスも行っています。
仕事内容が多岐に渡るECサイトを運営は行っていく上で、無駄な工数を削減し、作業の効率化を図ることは必ず必要になってきます。そのため、自社に適した委託サービスを探し、依頼しなくてはなりません。

EC活用支援パートナーとは?

ECサイトを運営して上で、運営代行のみが業務を減らす訳ではありません。特に中小企業向けに作られたEC・IT活用支援パートナー制度という制度をご存知でしょうか。この制度は独立行政法人中小企業基盤整備機構が定めたもので、中小企業のEC・ITの活用による販路開拓や生産性向上が目的とされています。
パートナー登録を行えば、ECやITの導入支援事業を実施するパートナー事業者と提携し、支援活動を受けることが可能です。
中小企業でECサイトに関して代用運用でなく、安価でサポートを受けたい中小企業におすすめの制度になります。

YouTube(ユーチューブ)のショッピング機能とは?

2021年「YouTube(ユーチューブ)」では動画内に添付されているタグから直接商品を購入できるショッピング機能が追加される可能性が浮上してます。別名買い物機能との呼ばれInstagramなどでは使われています。
詳細は明らかになっていませんが、一部クリエーター達が買い物を可能にするため動画のアイテムにタグ付けするように促され試験導入されていると言われています。
まだ、ショッピング機能の導入が決定しているわけではありませんが、もし、この機能が導入されれば、ECサイトの販売方法に大きな変化を与えるかもしれません。
また、2021年に「YouTube(ユーチューブ)」大きな機能変更があることは発表されているので、2021年はECの未来に大きな影響が与える年になるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。この記事ではECサイト運営に関する「YouTube(ユーチューブ)」の運用についてご紹介しました。ECサイトを運営する上で「YouTube(ユーチューブ)」を運用することは新規顧客の獲得と顧客との距離感が縮めロイヤルティを高めることに繋がります。そのため多くの企業が導入してきましたが、場合によっては動画制作にコストが掛かってしまします。
自社内ですべての運営出来れば良いのですが、仕事内容が多岐に渡るECサイト運営では難し場合があります。その時は運営代行サービスを利用し、適切に業務を管理する必要があります。この記事がECサイト運営をする上で「YouTube(ユーチューブ)」の運用を考えている方にお役に立てば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界175か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・200社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

オススメ記事

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁6k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁5.6k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁4.9k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁4.7k
  5. ECサイト運営とは?業務内容や必要なスキルも含めて徹底解説!

    2021.02.10👁4.2k