© 2024 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. Twitter Instagram Youtube  Line
LinePopup link_for_sp

ECサイト運営が辛い時の対処法を状況別に解説!

「ECサイト運営が辛い…」と思っていませんか。

ECサイト運営が辛いと感じてしまう原因は、様々ですが、特に「業務の種類が多い」「業務時間が長い」「人手が足りない」「成果が出ない」といった理由で辛いと感じてしまう人が多いです。

この記事では、ECサイト運営が辛いと感じている人向けに、悩み別の対処法を紹介していきます。

▼ECサイト運営で業務量が多く辛い時の対処法
・業務の優先順位付けをする
・業務の自動化と効率化
・アウトソーシングの活用
・フリーランスの採用
・チームワークの促進
・ストレスマネジメント

▼ECサイト運営で成果が出なくて辛い時の対処法
・原因分析をする
・必要な運営スキルを身に着ける
・専門人材を採用する
・ECコンサルタントへ相談する

他にもECサイト運営で辛い時におすすめのサービスも紹介しているので、是非参考にしてくださいね。

執筆者

佐藤美樹

アートトレーディング株式会社の専属WEBライター。
ECサイト運営では、SEOやSEM、SNSマーケティングの導入・運用を担当。現在はECサイト運営に関する記事の執筆を行う。

監修者

アートトレーディング株式会社代表取締役。
2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC運営サポートサービスの提供をスタート。累計150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。

ECの最新情報をYOUTUBEやXで発信しています。
ECを学んでいきたい人はリンクをクリック!

髭男社長のYOUTUBEはこちら
藤井玲のXはこちら
藤井玲のプロフィール詳細はこちら

ECサイト運営が辛い理由は何?

ECサイト運営は、以下の理由で「辛い」と言われることが多くあります。

・業務の種類が多い
・業務時間が長い
・人手が足りない
・成果が出ない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

業務の種類が多い

ECサイト運営が辛い原因として、対応しなければならない業務の種類が多いということが挙げられます。

もしECサイトの運営担当を1人もしくは少数で行っている場合は、複数の業務に追われて辛くなってしまう可能性が高いでしょう。

ECサイト運営で対応しなければならない業務は、次のような業務です。

・マーケティングと販売促進
・ECサイトの維持と更新
・データ分析と改善
・商品管理と在庫管理
・注文処理と物流業務
・顧客折衝 など

これらの業務を少数で行う場合、一人への負担は著しく大きく、ストレスや燃え尽き症候群のリスクも高まります。また、専門知識が必要な業務が多いため、すべての面で高いレベルのパフォーマンスを維持するのが難しいと言えるでしょう。

それぞれは具体的にどのような業務で、少数で対応する場合、どういった心理的不安があるのか、次から見ていきましょう。

◆マーケティングと販売促進

ECサイト運営のマーケティング業務では、具体的に以下のような作業を行います。

・市場分析… 競合他社の戦略を理解し、ターゲット市場の傾向と需要を分析
・ブランディング…ブランドのアイデンティティを確立し、顧客に価値を伝える
・広告キャンペーンの設計と実行…デジタル広告、ソーシャルメディア広告、メールマーケティングなどを通じて、製品やサービスを促進
・セールスプロモーション…割引、クーポン、特別オファーなどを通じて短期的な売上を促進する
・顧客エンゲージメント…SNSやブログを活用して、顧客とのコミュニケーションを図る

上記のように、マーケティング業務は広範な専門知識が必要なため、少数メンバーで対応すると知識や経験が不足と感じてしまい大きな負担となってしまいます。

加えて、マーケティング活動の成果はすぐには現れず、行った努力が報われるかどうかわからず不安を感じることがあります。

さらに、広告キャンペーンの設計やセールスプロモーションの管理などは時間が必要な作業であり、長時間労働によりストレスを引き起こします。限られた予算の中で効果的なマーケティング活動を展開することも大きな課題であり、資金面での制約を感じることもあるでしょう。

◆ECサイトの更新

ECサイトの更新業務では、以下のような作業をおこないます。

・コンテンツ更新…商品情報、価格、写真、説明文などのウェブサイト上のコンテンツを定期的に更新する必要があります。これには新商品の追加や古い商品の削除、プロモーション情報の更新などが含まれます。
・デザインの改善…ウェブサイトのデザインは顧客の購買体験に大きな影響を与えます。そのため、ユーザーインターフェースを使いやすく、視覚的に魅力的に保つための定期的な改善が求められます。
・機能性の向上…サイトの検索機能、ナビゲーション、チェックアウトプロセスなどの機能性を向上させるための更新が必要です。これにより、顧客のショッピング体験をスムーズにします。

コンテンツ更新に関しては、商品情報、価格、写真、説明文などを常に最新の状態に保つ必要があり、これには多大な時間と労力が要求されます。特に新商品の追加や古い商品の削除、プロモーション情報の更新などは、正確さと迅速性が求められるため、少数で対応してしまうと「適切に管理できているか」「間違った記載をしていないか」といった不安が生じやすいです。

デザインの改善については、ウェブサイトの見た目が顧客の購買体験に直接影響を与えるため、デザインのトレンドに敏感でなければならず、常にユーザーインターフェースを使いやすく、視覚的に魅力的に保つための更新が求められます。この業務にはクリエイティブなスキルと市場の理解が必要であるため、適切な人材配置がないと心が消耗してしまう原因になってしまうでしょう。

機能性の向上では、サイトの検索機能、ナビゲーション、チェックアウトプロセスなどのユーザビリティを高めるための継続的な改善が必要です。これには技術的な知識とユーザー体験に対する深い理解が求められ、特に技術的な挑戦や新しい機能の導入に伴うリスクへの懸念が生じます。

◆データ分析と改善

ECサイト運営でデータ分析と改善を行う場合、具体的に下記のような業務を行う必要があります。

トラフィック分析…サイトの訪問者数、ページビュー、ユーザーの行動パターンなどのデータを収集し分析する
顧客行動の理解…購入パターン、商品ページの滞在時間、カート放棄率などを分析し、顧客の行動と好みを理解する
売上分析…売上データを分析して、最も人気のある商品やカテゴリー、季節やプロモーションによる影響を把握する
サイトの改善…分析結果をもとに、サイトのデザイン、ナビゲーション、商品表示方法などを改善
A/Bテスト…異なるウェブページデザインやコンテンツを試し、どちらがより高いコンバージョンをもたらすかを検証

データ分析には特定の知識と経験が必要であり、これらのスキルが不足している場合、適切な分析や改善策の提案に対する不安が生じます。

さらに、分析結果に基づく改善策が実際に成果をもたらせるか、期待される結果を出せるかどうかのプレッシャーを感じることもあるでしょう。

また、効果的なデータ分析には時間とリソースが必要ですが、これらが限られている場合、十分な分析が行えず、それによりさらに不安を感じてしまうこともあるでしょう。

◆在庫管理

ECサイト運営において在庫管理では、以下のような業務を行います。

在庫レベルの監視…現在の在庫量を常に把握し、不足や過剰在庫を避ける。
需要の予測…過去の販売データや市場動向を分析して、将来の需要を予測する。
発注管理…必要な商品を適切な時期に発注し、品切れや過剰在庫を防ぐ。
受注と在庫のマッチング…受注した商品が在庫にあるかを確認し、必要に応じて迅速に補充する。
返品・交換の管理…返品された商品の在庫を再調整し、交換品の発送を管理する。

在庫レベルの正確な監視や需要の予測には、継続的な注意と分析が必要であり、これが不足すると商品の品切れや過剰在庫を引き起こすリスクがあります。特に、人手が限られている状況では、すべての商品に対して常に適切な在庫量を維持することは難しく、これが売上機会の損失や顧客満足度の低下につながってしまうでしょう。

また、人手が足りないと予期せぬ需要の変動や供給の遅延に迅速に対応することも難しく、これが運営上のストレスやプレッシャーにつながることがあります。

さらに、返品や交換の管理も時間と労力を要する業務であり、これを効率的に処理することも難しくなってしまいます。

◆注文処理と物流業務

ECサイト運営において、注文処理と物流業務では以下のような作業を行います。

注文の確認と処理…顧客からの注文を確認し、正確に処理する。
配送の手配…注文された商品の配送を手配し、適切な配送方法を選択する。
在庫との連携…注文された商品が在庫にあることを確認し、在庫管理システムと連携させる。

注文の確認と処理には細心の注意が必要であり、ミスを避けるためのプレッシャーが伴います。

また配送の手配は複雑であり、適切な梱包資材や配送方法を選ばなければ商品を破損させてしまう原因にもなってしまいます。

これらの業務は、特に少人数で行う場合には、時間的、精神的な負担が大きく、継続的なストレスを引き起こすリスクが高まります。

◆顧客折衝

ECサイト運営において顧客折衝では、以下のような業務を行います。

・問い合わせ対応…顧客からの商品やサービスに関する質問に回答する。
・注文状況の確認…顧客からの注文状況に関する問い合わせに対応する。
・苦情処理…顧客の不満や苦情を受け付け、解決策を提案する。
・返品、交換対応…返品や交換の対応をする。
・フィードバックの管理…顧客からのフィードバックを収集し、サービス改善に活用する。

問い合わせ対応では、特に苦情処理の心理的な負担が大きいと言えるでしょう。

まず、顧客の苦情を受ける際、運営側は常に冷静かつ迅速な態度を保つ必要があります。顧客はサービスに対して不満を感じており、感情的になることがあります。これに対し、運営側は問題の核心を理解し、適切な解決策を提示しなければなりません。しかし、問題が複雑であったり、すぐに解決策が見つからない場合、これに対処するための心理的負担は大きいと言えるでしょう。

業務時間が長い

ECサイト運営が辛い時に考えられる理由として「業務時間が長い」ということが挙げられます。

なぜECサイト運営は業務時間が長くなってしまうことが多いのか、下記で理由を見ていきましょう。

◆24時間365日の運営

ECサイトは基本的に常時稼働しており、顧客からの注文や問い合わせは時間を問わずに発生します。

これにより、サイトの管理者や運営チームは通常の業務時間外も対応を求められることが多く、業務時間が非常に長くなる傾向があり、心理的負担が大きく辛いと感じてしまうことがあるでしょう。

◆多様な業務

前述した通り、ECサイト運営では多様な業務に対応しなければなりません。

在庫管理、注文処理、顧客サービス、マーケティング、ウェブサイトの維持更新など、ECサイト運営には様々な業務が存在します。

これらの業務を適切に管理するために、労働時間が長くなってしまい辛いと感じる場合があります。

◆ピーク時の負荷

ECサイト運営では、セール期間や祝日など、特定の時期に注文が急増することがあります。

これらのピーク時には通常以上に業務量が増加し、長時間労働が強いられることがあるでしょう。

人手が足りない

ECサイト運営が辛い時に考えられる要因として「人手が足りない」というケースがあります。

なぜECサイト運営において人手が足りなくなりがちなのか理由を下記で見ていきましょう。

◆限られたリソース

特に中小規模のECサイトでは、人的リソースが限られており、少人数で多岐にわたる業務をこなさなければなりません。これにより、一人ひとりの業務負荷が高まり心理的負担が大きくなる場合があるでしょう。

◆スキルと専門知識の要求

ECサイト運営には、データ分析、マーケティング、ITスキルなど様々な専門知識が必要です。

しかし、これらすべてのスキルを持つスタッフが十分にいない場合、EC運営の成果に繋げることができず、辛いと感じてしまうことがあるでしょう。

◆コストの問題

ECサイト運営の人手不足を解消するため、新たな人材を雇用するには追加のコストが発生します。

特に利益が限られている場合、人件費の増加が経営に大きな影響を及ぼす可能性があり、これが人手不足を引き起こす原因となることがあります。

成果が出ない

ECサイト運営が辛い時に考えられる理由として「成果が出ない」ということが挙げられます。

具体的にどういうことなのか下記で見ていきましょう。

◆高い期待と現実のギャップ

ECサイト運営者で、サイトの立ち上げ段階に「サイトを作るだけで商品が売れるだろう」と高い期待を持っている人は現実のギャップに悩まされる場合があります。

というのも、ECサイトはしっかりと戦略を立ててマーケティングの知識などを使い運営しなければ、成果が出るものではありません。

実際の売上や顧客獲得の成果が最初の期待に達しない場合、大きな失望やストレスを感じてしまうことがあるでしょう。

◆市場の競争の激しさ

オンライン市場は非常に競争が激しく、多くのECサイトが同様の商品やサービスを提供しています。

この競争の中で目立つためには、独自の販売戦略やマーケティングが必要で成果を出すのは至難の業です。

販売戦略やマーケティングをきちんと設定したとしても目に見える成果が出ない場合、心理的負担は大きくなると言えるでしょう。

◆資源の限界と投資の回収

特に小規模運営者の場合、限られた資金やリソースでサイトを運営する必要があります。多額の投資や労力を注いでも、それに見合う収益が上がらないと、資金の回収やさらなる投資のための資金繰りが難しく、心理的不安も大きくなると言えるでしょう。

◆マーケティングの成果が見えにくい

ECサイト運営では、効果的なマーケティング戦略の実施を行っても、短期間での成果が見えにくいことがあります。デジタルマーケティングで成果をあげるには時間がかかるため、運営者は不安やあせりを感じることがあるでしょう。


ECサイト運営で業務量が多く辛い時の対処法

ECサイト運営で業務量が多く辛い時は、以下の対処法を試してみましょう。

・業務の優先順位付けをする
・業務の自動化と効率化
・アウトソーシングの活用
・フリーランスの採用
・チームワークの促進
・ストレスマネジメント

それぞれ見ていきましょう。

業務の優先順位付けをする

ECサイト運営で業務量が多く辛い時の対処法として、まず全ての業務を同時に行うのではなく、重要度や緊急度に基づいて優先順位をつけるのがおすすめです。

具体的には、以下のステップを踏んで、業務の優先順位付けを行いましょう。

◆全ての業務をリストアップ

まずは、現在抱えている全ての業務を書き出します。これには日常的なタスクから、特別なプロジェクトまで含めます。

◆緊急度と重要度を評価

各業務に対して、その緊急度(すぐに対応が必要か)と重要度(長期的な目標やビジネスの成功にどれほど貢献するか)を評価します。一般的には、緊急かつ重要なタスクを最優先にします。

◆優先順位の決定

緊急度と重要度の評価に基づいて、どの業務を先に行うか優先順位を決めます。高い優先順位のタスクから順に作業を進めることで、効率的に業務を進行できます。

◆非緊急のタスクのスケジューリング

緊急でないタスクは、後回しにするか、特定の時間帯や日に集中して行うようスケジュールを組みます。これにより、緊急かつ重要な業務に集中する時間を確保できます。

◆定期的な見直し

業務の状況は常に変化するため、定期的に優先順位を見直すことが重要です。これにより、新たに発生したタスクや状況の変化に柔軟に対応できます。

業務の自動化と効率化

注文処理、在庫管理、顧客対応などの繰り返し発生する業務は、可能な限り自動化することを検討しましょう。具体的な方法を下記で解説します。

◆自動化可能な業務の特定

まずは自動化可能な業務を特定します。これには注文処理、在庫管理、顧客からの一般的な問い合わせ応答などが含まれます。

◆適切なツールの選定と導入

業務自動化には、適切なソフトウェアやツールの選定が重要です。たとえば、顧客サポートであれば、チャットボットや自動応答システム、注文処理であれば、受注管理システム、発送業務や在庫管理であれば、倉庫管理システムなどの導入がおすすめです。

◆プロセスの最適化

自動化する前に、既存のプロセスを見直し、不要な手順を省略したり、効率を高めたりすることが大切です。こうすることで、自動化の効果が最大化されます。

◆継続的なモニタリングと改善

自動化を導入した後も、その効果を継続的にモニタリングし、必要に応じて調整や改善を行います。これにより、自動化の効率を維持し、新たな問題が生じるのを防ぎます。

◆従業員のトレーニングとサポート

自動化ツールを導入する際は、従業員に適切なトレーニングを提供し、新しいシステムの使用に慣れるためのサポートを行います。

アウトソーシングの活用

ECサイト運営が辛い時には、専門知識が必要な業務や、自社での処理が難しい業務えお外部の専門業者に委託するのも良いでしょう。具体的にどんな作業のアウトソーシング会社があるのか、下記で紹介していきます。

◆物流と配送

商品の保管、注文に基づくピッキング、梱包、配送などの物流業務はアウトソーシングの一般的な対象です。物流会社はこれらのプロセスを効率的に管理し、迅速な配送を実現します。

◆カスタマーサポート

顧客からの問い合わせや苦情処理などのカスタマーサポート業務を外部のコールセンターやサポートサービスに委託することが可能です。これにより、高品質な顧客対応を維持しつつ、内部リソースを他の業務に振り向けることができます。

◆ECサイトのページ編集・更新

サイトのページ編集や更新作業は専門的なスキルを要するため、ウェブ開発会社にアウトソーシングすることも可能です。

◆デジタルマーケティングと広告

オンライン広告、ソーシャルメディアマーケティング、SEO(検索エンジン最適化)などのデジタルマーケティング業務も外部の専門業者に委託することが可能です。これにより、効果的なマーケティング戦略を実施し、新規顧客の獲得やブランド認知度の向上を図れます。

フリーランスの採用

ECサイト運営で業務量が多くて辛い時は、フリーランスの人材を採用するのもおすすめでしょう。

その理由を下記で解説していきます。

◆必要な時に柔軟に人材を確保できる

フルーランスを採用することでs、プロジェクトベースや期間限定で人材を雇用できるため、業務のピーク時に迅速に対応することが可能です。

長期雇用に伴う固定費用(給与、福利厚生など)を抑えられる点も経営においてのリスク回避になるでしょう。

◆専門知識を持つ人材を確保できる

特定の分野や技術に特化したフリーランスの人材を採用することで、EC運営に必要なその専門知識を最大限に活用できます。

チームワークの促進

ECサイト運営で業務量が多すぎる場合は、チームメンバー間で業務を共有し、協力してタスクを進めるようにしましょう。

具体的には、下記を行うようにしましょう。

◆役割と責任の明確化

チーム内で各メンバーの役割と責任を明確にしましょう。これにより、誰が何を担当しているのかが明確になり、作業の重複や無駄を防ぎます。

◆定期的なコミュニケーションの確保

定期的なミーティングを設けて、進捗状況の共有や問題点の議論を行うことで、チーム内の情報共有を促進します。また、オープンなコミュニケーションにより、メンバー間の信頼関係を構築できるでしょう。

◆協力とサポートの文化の醸成

チームメンバーが互いにサポートし合う文化を醸成することが重要です。これにより、困難な業務やプレッシャーのある状況に対しても、チームとして協力して対応することができます。

◆適切なフィードバックと評価

チームメンバーの努力や成果を適切に評価しましょう。、ポジティブなフィードバックをすることで、モチベーションを維持し、更なる成果を促進します。

ストレスマネジメント

ECサイト運営で業務量が多く、ストレスが蓄積しているときにストレスマネジメントを行うことは非常に重要です。適切なストレスマネジメントを行うことで、精神的なバランスを保ち、仕事の効率を向上させるましょう。以下に、ストレスマネジメントの具体的な方法を挙げます。

◆定期的な休息の確保

仕事の合間に短い休憩を取ることで、心身のリフレッシュが可能です。また、週末や休日を利用してしっかりと休むことも重要です。

◆運動とリラクゼーション

定期的な運動はストレスの軽減に効果的です。ウォーキング、ランニング、ヨガなど、自分に合った運動を見つけて実践します。また、瞑想や深呼吸などのリラクゼーション技法もストレス緩和に役立ちます。

◆趣味や娯楽の時間の確保

仕事以外の活動に時間を割くことで、心のリフレッシュが可能です。趣味や娯楽はストレスからの気晴らしになり、新たなエネルギーを得る手段になります。

◆健康的な食生活

栄養バランスの取れた食事は、ストレス耐性を高める助けになります。バランスの良い食事を意識し、カフェインやアルコールの摂取は控えめにします。

◆社会的サポートの活用

家族、友人、同僚とのコミュニケーションを大切にし、ストレスを共有することも大切です。必要に応じて、プロフェッショナルなカウンセリングを受けることも一つの手段です。

ECサイト運営で成果が出なくて辛い時の対処法

ECサイト運営で成果が出なくて辛い時は、下記の対処法を試してみましょう。

・原因分析をする
・必要な運営スキルを身に着ける
・専門人材を採用する
・ECコンサルタントへ相談する

原因分析をする

ECサイトで成果が出なくてつらい時の対処法として、まずは正しい原因分析をするようにしましょう。

具体的な原因分析の方法を以下で消化していきます。

◆データ収集と分析

Google Analyticsなどのツールを使用して、訪問者の行動を分析します。

どのページが最も閲覧されているか、どこで離脱しているかなどを確認しましょう。売上データの分析も重要で、売れている商品と売れていない商品の違いを分析します。時期、価格、プロモーション活動の有無など、さまざまな要因を考慮します。

◆顧客フィードバックの収集

アンケートやレビューを通じて、顧客の意見や不満を集めます。このフィードバックから、サイトの問題点や改善すべき点を確認しましょう。

◆ウェブサイトのユーザビリティ評価

サイトの使いやすさ、デザイン、ナビゲーションの流れなどを評価します。ユーザーが容易に商品を見つけられるか、購入プロセスがスムーズかなどをチェックします。

◆マーケティング戦略の見直し

使用しているマーケティングチャネルや広告の効果を分析し、ROI(投資収益率)を改善するための戦略を検討します。

◆技術的な問題の確認

ウェブサイトのロード時間、エラーの有無、モバイル対応状況など、技術的な面もチェックします。

必要な運営スキルを身に着ける

ECサイトで成果が出なくてつらい時、原因が分析出来たら必要な運営スキルを身に着けるのもおすすめです。

下記では、EC運営で必要なスキルを紹介していきます。

◆デジタルマーケティングのスキル

SEO(検索エンジン最適化)、WEB広告、SNSマーケティングなど、デジタルマーケティングの基本を学ぶことが重要です。オンラインコース、セミナー、または書籍を通じて最新のデジタルマーケティングのトレンドや技術を学びましょう。

◆ウェブアナリティクスの理解

Google Analyticsなどのウェブアナリティクスツールを使いこなす能力を身につけます。訪問者の行動やコンバージョン率などを分析し、サイトの改善点を見つけることが重要です。

◆顧客サービススキル

顧客からの問い合わせに迅速かつ効果的に対応するスキルが必要です。コミュニケーションスキルを向上させるために、カスタマーサービス関連のトレーニングを受けると良いでしょう。

◆在庫管理とサプライチェーンの知識

在庫管理とサプライチェーンの効率化は、ECサイト運営において極めて重要です。ロジスティクスや在庫管理に関する知識を学び、システムを最適化することが必要です。

◆ウェブサイト管理と保守のスキル

ウェブサイトの技術的な側面を理解し、日常的なメンテナンスや更新を行うスキルが求められます。HTML/CSS、基本的なプログラミングスキルなどを学ぶことが有益です。

専門人材を採用する

ECサイト運営で成果が出なくてつらい場合、専門人材を採用するという方法もあります。

EC運営に関する専門人材を採用することで、業務ごとに発生する特定の課題に対する効果的な解決策を見出すことができるでしょう。

◆専門人材を採用する際のステップ

EC運営において専門人材を採用する際は、以下のステップに沿って採用活動を行うことで、課題をより早く解決することができます。

1.ニーズの特定:ECサイトが直面している具体的な問題や改善が必要な領域を特定する

2.求めるスキルの定義:採用する専門人材に求めるスキルや経験を明確に定義する

3.採用チャネルの選定:業界固有の求人サイト、プロフェッショナルネットワーク(LinkedInなど)、人材紹介会社など、適切な採用チャネルを選定する

4.採用プロセスの実施:書類選考、面接、スキルテストなど、効果的な採用プロセスを実施する

5.オンボーディングと研修:新たな人材が迅速に業務に適応し、最大限の貢献をするために、適切なオンボーディング(職場への適応支援)と必要な研修を用意する

◆EC運営に必要な専門スキルを持った人材の求人サイトは?

EC運営に必要な専門スキルを持った人材を採用できるおすすめの求人サイト・エージェントは、下記の通りです。

【求人サイト】
・Green https://www.green-japan.com(IT/Web業界に特化した求人サイト)
・ECjobjob https://ecjobjob.com/(EC運営に特化した求人サイト)
・ロジピー https://logipie.jp/(物流に特化した求人サイト)

【転職エージェント】
・ギークリー https://www.geekly.co.jp/(IT・Web・ゲーム業界に特化したエージェント)
・ワークポート https://www.workport.co.jp/(ITやWeb業界の転職に強いエージェント)

求人サイトを使用する場合、企業は自社の求人情報を直接公開し、広範囲の応募者から直接応募を受けます。これにより、多くの候補者にアプローチできる一方で、選考プロセスの管理や候補者のスクリーニングは全て自社で行う必要があります。

一方、転職エージェントの場合は、エージェントが候補者の紹介と採用プロセスのサポートを提供します。これにより、企業はより適合する人材を見つけやすく、採用プロセスの負担軽減が期待できるでしょう。

◆採用を行う上での注意点

EC運営において専門人材を採用する場合、追加のコストが発生するため、予算計画とリソース配分を慎重に行う必要があります。

また採用の際は技術的なスキルだけでなく、企業文化やチームとの相性もよく確認しましょう。そうすることで、短期離職を防ぎ、円滑なチーム作りをすることができます。

ECコンサルタントへ相談する

ECサイト運営で成果が出ず辛い時はECコンサルタントに相談するのも良いでしょう。

ECコンサルに依頼をすれば、自分では気づけなかったサイトのパフォーマンスを向上させるための戦略的アドバイスを受けることが可能です。

◆ECコンサルを選ぶ際のポイント

ECコンサルを選ぶ際は、以下のポイントをよく確認しましょう。

・自社ECとモール運営どちらに特化しているか
・得意な商品ジャンルは何か
・実績や評判
・対応範囲はどこまでか?
・コンサルタントとコミュニケーションがとりやすいか

問合せや初回商談の段階で、実績を聞いて、そのECコンサルがなにに特化しているかを確認します。

またECコンサルにお願いする前に自社の課題を洗い出して、その問題に対しての課題解決を得意とする会社に依頼するのがベストでしょう。

ECサイト運営が辛い時におすすめのサービス6選

ここではECサイト運営が辛い時におすすめのサービスを下記の状況別に紹介していきます。

・成果が出ない時に頼れるECコンサル会社3選
・業務量が多い時に頼めるアウトソーシング会社3選

成果が出ない時に頼れるECコンサル会社3選

EC運営で成果が出ない時に頼れるおすすめのECコンサル会社は下記の3社になります。

・アートトレーディング株式会社
・株式会社ファイブスプリングス
・FORCE-R株式会社

◆アートトレーディング株式会社

当社アートトレーディング株式会社は、ECサイトの魅力を最大限に引き出し、売れるサイトを作り上げるための専門知識と経験を提供します。

当社が一番得意とするのは、ECサイトのファンづくり。お客様の商品や業界について深く理解し、専属チームを組んでECサイトのファン作りをサポートします。

15年以上の運営ノウハウを活かし、売上向上への道を共に歩みましょう。

 

◆株式会社ファイブスプリングス


株式会社ファイブスプリングスは、楽天市場とYahoo!ショッピングに特化したコンサルティング・運用代行サービスを提供しています。

全国の中小企業から大手メーカー、新規立ち上げまで幅広くサポートし、アパレル、グルメ、美容健康、雑貨、型番など様々なジャンルのサポート実績を持っています。

多角的なコンサルティングと運用代行サービスにより、ECサイトの売上改善をサポートすることが可能です。

 

◆FORCE-R株式会社

FORCE-R株式会社は、お客様の状況に応じた最適なWeb戦略を通じて売上の最大化を目指すプロのコンサルタントチームです。

ECコンサルサービスでは、目的から逆算した上で順序だてて施策を実行します。また、Web施策の実行力にも徹底しており、クライアントの目的達成に向けた一貫したサポートを行っています。

 

業務量が多い時に頼めるアウトソーシング会社3選

業務量が多い時に頼めるアウトソーシング会社は、助教別に下記の3社になります。

・物流、受注、カスタマサポートのアウトソーシングならアートトレーディングフルフィルメントサービス
・マーケティングに強いEC運営アウトソーシングなら株式会社withwork
・ECサイトの編集や商品ページ更新のアウトソーシングならエアプラス株式会社エアプラス株式会社

◆アートトレーディングフルフィルメントサービス


当社、アートトレーディング株式会社のフルフィルメントサービスは、商品管理から発送までの一連のプロセスをスムーズに行い、EC事業者が商品開発やコア業務に集中できる環境を提供します。

また当社のフルフィルメントサービスは、ただの業務代行に留まらず、お客様の売上向上を目指して伴走します。物流業務や受注代行、カスタマーサポートを代行する上で気づく課題に対しての改善案を月に1度のミーティングで提案します。それにより、EC運営での売上向上につながったケースも多く、多くのお喜びの声も頂いております。

さらに物流業務に関しても、梱包資材の選定や同梱物の対応などお客様の商品に合わせてフレキシブルに対応することができますので、お気軽にご相談ください。

 

 

◆株式会社withwork


株式会社Withworkは、マーケティングに特化したEC運営代行会社です。

株式会社Withworkでは、クライアントと消費者の間の懸け橋となり、マーケティングとECの融合により売り上げを最大化します。運営リソースの不足や専門的なノウハウの欠如といった課題に対して、市場調査のプロがマーケティング視点でEC運営をサポートし、具体的な施策を提案します。

 

◆エアプラス株式会社


エアプラス株式会社の定額制作代行サービスは、ECサイト更新、バナー作成、画像処理、ランディングページ(LP)作成、DTP、動画編集など、多岐にわたるデザイン業務を月額6万円から提供しています。

このサービスは、人手不足や外注コスト削減、制作の専門性不足など、EC事業者が直面する様々な課題に対応するために設計されています。

 

ECサイト運営が辛い時あなたへ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

まとめとして、ECサイト運営が辛い場合、状況に応じて以下の対処法を行うのがおすすめです。

▼ECサイト運営で業務量が多く辛い時の対処法
・業務の優先順位付けをする
・業務の自動化と効率化
・アウトソーシングの活用
・フリーランスの採用
・チームワークの促進
・ストレスマネジメント

▼ECサイト運営で成果が出なくて辛い時の対処法
・原因分析をする
・必要な運営スキルを身に着ける
・専門人材を採用する
・ECコンサルタントへ相談する

ただ、ECサイト運営が辛く精神的に追い込まれている、体調が悪いなどの症状があった場合は、無理せず休暇を取るようにしてくださいね。

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2023.10.10👁20.2k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2023.10.10👁16.3k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2023.10.10👁15.7k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2023.10.10👁15k
  5. おすすめのEC運営代行会社20選!費用や仕事内容までをまとめてご紹介!

    2024.06.17👁14.5k
LINE公式アカウントはじめました! LINE公式アカウントはじめました!
×