© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F Y

Amazonスポンサープロダクト広告とは?運用のコツや広告が上位表示されない原因も含めて徹底解説!

Amazon広告の中でも近年特に注目されているのがAmazonスポンサープロダクト広告です。スポンサープロダクト広告を適切に運用することで、商品の認知度と売上向上が期待できます。そこで本記事では Amazonスポンサープロダクト広告について運用のコツや広告を上位表示させる方法を解説いたします。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

Amazon広告とは?

自社の商品を見つけてもらう際に有効なのがAmazon広告です。Amazon広告には「スポンサープロダクト広告」「スポンサーブランド広告」「スポンサーディスプレイ広告」「動画広告」などがあります。
Amazonストアで買い物をしている時に商品検索ページの最上部に広告が掲載されているのを見たことがある方は多いのではないでしょうか?その広告はAmazon広告の1つです。Amazon広告を適切に運用することで商品の認知度と売上向上が期待できます。

Amazonのスポンサープロダクト広告とは?

スポンサープロダクト広告とは商品検索結果ページおよび商品詳細ページに表示される広告のことで、Amazon広告のどの広告よりも簡単に始めることができます。スポンサープロダクト広告は低予算で広告を始めることができ、多くのアクセス数を集めることができます。

Amazonのスポンサーブランド広告とは?

スポンサーブランド広告は「ブランド名+見出し+商品」の形で表示されてる広告のことを指し、Amazonの検索結果ページの最上部やサイドに表示されます。スポンサーブランド広告は商品の情報だけでなく、ブランドの情報やメッセージを広告に含めることができるので、ブランドの認知度の向上と商品の販売促進を同時に進めることができます。

Amazonのスポンサーディスプレイ広告とは?

スポンサーディスプレイ広告は商品の詳細ページに表示される広告を指します。スポンサーディスプレイ広告のメリットは競合他社の商品を見ているユーザーを自社の商品ページに誘導できる点と商品の詳細ページまで閲覧している購買意欲の強いユーザーに広告を訴求できるという点が挙げられます。

Amazonのスポンサープロダクト広告を利用するメリットとは?

スポンサープロダクト広告には2つのメリットがあります。1つ目のメリットは「認知度の向上」です。スポンサープロダクト広告を運用することで商品検索結果や商品ページの最初のページに表示されることで、商品の認知度を向上させることができます。
2つ目のメリットは「低予算で始めることができる」ことです。スポンサープロダクト広告はクリック課金制なので1日の予算限度額を設定し、低予算から広告を始めることができます。

Amazonスポンサープロダクト広告運用のコツ

スポンサープロダクト広告の運用のコツをご紹介いたします。広告運用のコツは「ACoSの確認」と「適切なクリック単価の入札額設定」の2つです。
以下で詳しく解説いたします。

「ACoSの確認」

ACoS(売上高広告比率)とは広告の費用対効果を測る指標です。ACoSは「(広告費÷広告での売上)×100」で求められ、この値が低ければ低いほど費用対効果が高いということになります。このACoSをキャンペーンごと、キーワードごとに確認します。ACoSを確認した後に今回の数値がなぜ悪かったのか、なぜよかったのかを考え、今後の方針を決定します。

「適切なクリック単価の入札額設定」

クリック単価の入札額とは広告がクリックされた際に支払っても良いと思えるクリック単価のことです。入札額を設定する際に推奨入札額が表示されます。推奨入札額とは類似する複数の広告が表示された時の入札額に基づいて計算されるAmazonから提示されるものです。最初は推奨入札額より少し低めの入札額で様子を見ることをおすすめします。

Amazonのスポンサープロダクト広告が上位に表示されない原因

Amazonによると、全ユーザーの約7割は1ページ目しか閲覧していないようです。そのため、上位ページの最上部に広告を表示させることはスポンサープロダクト広告で成果を出すために重要な施策です。
しかし、自社のスポンサープロダクト広告が上位ページに表示されないと悩んでいる事業者の方も多いのではないでしょうか。以下で、スポンサープロダクト広告が上位に表示されない原因をご紹介いたします。

広告が上位表示されない原因

  • クリック単価が競合他社よりも安い
  • 1日の広告予算に達している
  • 狙っている検索キーワードの検索ボリュームが少ないので、そもそも検索されていない
  • 商品登録の「キーワード」にキーワードを入れすぎている
  • 検索キーワードと商品の関連性がない
  • 入札額が低すぎて、インプレッション数が少なくなっている

Amazonのスポンサープロダクト広告の検索用語レポートとは?

Amazonのスポンサープロダクト広告はレポート機能が充実しています。その中でも広告の費用対効果を高めるための定期的なキーワードの見直しに役立つのが検索用語レポートです。検索用語レポートではAmazonストアで自社や競合他社の商品をどのように検索しているのかを確認することができます。
また、商品を検索してその商品を購入したユーザーがどう検索したのかという確認も行うことができます。そのため、検索用語レポートを利用することで購入に繋がったキーワードの発見や効果のないキーワードの除外の検討を行うことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?スポンサープロダクト広告を適切に運用することで、商品の認知度と売り上げ向上が期待できます。本記事で掲載したAmazonスポンサープロダクト広告について運用のコツや広告を上位表示させる方法が商品の認知度や売り上げ向上のお力添えになれば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界175か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・200社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁6k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁5.6k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁4.9k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁4.7k
  5. ECサイト運営とは?業務内容や必要なスキルも含めて徹底解説!

    2021.02.10👁4.2k