© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F

Shopifyのレポート機能やアプリなどを用いたストア分析方法をご紹介!

近年、「Shopify(ショッピファイ)」を用いてECサイトを開設する企業が増えています。
Shopifyでストアを開設した際には、その後にストア分析を行っていくことがその後の売り上げアップの鍵になってきます。
本記事ではShopifyの標準機能や外部ツール、アプリを用いたストア分析の方法を詳しくご紹介したいと思います。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

Shopify(ショッピファイ)とは

Shopifyとはカナダ発のグローバルシェアNO.1のECサイト構築プラットフォームです。
現在では、175ヵ国で利用されており、100万以上のストアがこれまでに開設されてきました。日本国内向けにローカライズされたことを皮切りに、現在多くの企業が利用しています。また、グローバル展開を行う日本企業が、国内向けECサイトとは別で海外向けECサイトを立ち上げる際に利用する例も見られます。

Shopify(ショッピファイ)を用いたストア分析を実施するメリット

Shopifyでストアを開設できたら、次に行うべきことはストア解析です。
「自身のストアは何が売れているのか」、「どのような人達が閲覧しているのか」などのストア解析を行っていかなければなりません。
このストア解析を行っていくことにより、商品を売っていく上でのストアの改善点を発見することが可能です。

Shopify(ショッピファイ)でデータ分析・アクセス解析をする方法

shopifyでは以下の3つの方法を用いて分析をおこなうことが可能です。

分析方法・標準機能
・外部ツール
・アプリケーション

shopifyは標準搭載されている分析機能が他のプラットフォームと比べて充実していますが、そこにアプリケーションを組み合わせることでより多くのことを分析することが可能です。また、ニーズに合わせて外部ツールを用いてさらにカスタマイズすることも可能です。

標準機能を用いてShopify(ショッピファイ)ストアを分析する方法

Shopifyには財務レポート機能とダッシュボード機能が全てのプランに共通で搭載されています。
財務レポート機能では、商品の売り上げや支払い方法、ギフトカードの売り上げなどの情報を追跡可能です。決済方法別の利用頻度や利用額を分析することで、ストアを改善していくことができます。

ダッシュボード機能では、販売合計やオンラインストアのセッション数などの多くのことを表示することが可能です。特に、この機能で分析可能なリピーター率やオンラインストアのコンバージョン率は売り上げに直結してくる部分です。そのため、ダッシュボード機能をいかに上手く活かせるかがストア運営のポイントの一つでもあります。

このほかにも多くのストア分析機能がありますが、そのほとんどはベーシックプラン以上を契約しないと利用することができません。

外部ツールを用いてShopify(ショッピファイ)ストアを分析する方法

Shopifyでは、API連携により外部ツールも使用することが可能です。
多くある外部ツールの中でも特におすすめなものが、WEBサイト解析ツールであるGoogleアナリティクスです。
Googleアナリティクスは、ストアへアクセスしているユーザーの属性分析やユーザーの滞在時間などの分析指標を見るのに適しています。
これにより、「広告から購入に繋がっているのか」「自然検索により購入に繋がっているのか」などの情報を客観的に分析可能です。

アプリケーションを用いてShopify(ショッピファイ)ストアを分析する方法

Shopifyには何千種類ものアプリケーションが用意されており、ストアのニーズに合わせてカスタマイズを施すことが可能です。
領収書や梱包伝票を発行してくれるアプリケーションから商品に対するカスタマーレビューを追加可能なものまで様々です。
ここでは、特にストア分析に特化したアプリケーションをご紹介します。

SEO Site Audit, Benchmark Hero


このアプリケーションは検索やストアのパフォーマンスなどを関連させて分析してくれます。自身のストアの長所や短所を提示してくれるため、コンバージョンがうまくいっていないストアなどに向いていると言えるでしょう。
インストールはこちらからどうぞ

Compass


このアプリケーションはEコマースストアを運営している方におすすめのアプリケーションです。
30を超えるEコマースの測定基準を分析することで自身のストアを分析することが可能です。また、競合相手をベンチマークし、改善点も提案してくれます。
インストールはこちらからどうぞ

Kit


このアプリはAIが搭載されており、ストア分析を行ってくれる点が最大の魅力です。AIがストア分析を行い、その方向性にあった顧客を自動的に探してくれます。
また、見つけた潜在的顧客に対しても自動でメッセージを送るなどのアプローチも行ってくれます。
広告の掲載やアップデートも行ってくれるため、始めたばかりで人手が足りないストアなどにおすすめです。
インストールはこちらからどうぞ

Shopify(ショッピファイ)のプロフェッショナルレポート機能のメリット

Shopifyプロフェッショナルレポートとは、様々な販売情報を管理することが可能な機能です。管理画面から閲覧することができます。
プロフェッショナルレポートでは、Shopifyを使用している全期間のレポートを閲覧することが可能です。途中からプランを切り替えた場合でも、以前利用していたプランの期間の情報も集約することができるため、安心して利用できます。
リピーターに関する情報や、どの国から購入されているのかという情報も分析できます。
また、ストアに出品している商品にかけられた税の徴収状況も確認可能なため、納税申告の処理も円滑に行うことができます。

Shopify(ショッピファイ)のプロフェッショナルレポート機能が利用可能なプランの料金

先述したプロフェッショナルレポート機能は非常に便利な機能ですが、スタンダードプラン以上でないと使用することができないため注意が必要です。
スタンダードプランは月額70ドルから利用可能です。
また、ベーシックプランではログインできるアカウントの人数が最大2人であったのに対し、スタンダードプランでは最大5人がログイン可能です。

まとめ

今回は標準機能や外部ツール、アプリを用いたストア分析の方法やプロフェッショナルレポートが使用可能なプランなどをご紹介しました。
ストアを運営していく上でストア分析は非常に重要な要素の一つです。Shopifyでは、標準機能や外部ツール、アプリをうまく組み合わせて使うことにより、作業を効率化することができます。
この記事がストア分析をする際の参考になれば幸いです。

関連記事

・Shopifyの運営にお困りなら、Shopify運営に長けたShopify Partner(パートナー)へ!Shopifyパートナープログラムについてご紹介!
・Shopifyで集客するためには?クラウドファンディング後に選ばれている理由、宣伝方法などをご紹介いたします。
Shopifyブログ機能の活用法!使い方やメリット、SEO対策について解説します。

ECサイト制作ならアートトレーディング


世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

人気週間ランキング

  1. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁1k
  2. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁839
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁761
  4. EC運営代行とは?仕事内容や費用、代行業者9選も含めてご紹介!

    2020.05.18👁708
  5. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁618