© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F Y

ECサイトの商品登録代行を徹底解説!外注方法や単価、業者比較も含めてご紹介!

近年では、インターネット環境が整いスマーフォンの普及率が拡大したことで、消費者はどこでも商品を購入することが可能となりました。その流れに伴い更なる商品の販売促進のために企業はECサイトの登録を着々と進めるようになりました。そこで今回はECサイトで商品を登録する方法や代行の方法について紹介します。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

ecサイトやネットショップで商品を登録する方法

まず商品登録をするための原稿を用意します。掲載する商品の紹介(商品名・価格・スペック・在庫等)を具体的に書くことで品質の良いecサイトの作成が可能です。キャッチコピーや生産国等も加えて書くと尚良い仕上がりとなります。
次にecサイトに掲載する画像を用意します。ガイドラインに沿って画像の編集を行います。顧客がその商品の画像を見た時に興味が湧くような仕上がりにすることが大切です。
ここまでの過程を終えると次はカテゴリの設定です。カテゴリの設定をすることで顧客が商品を探しやすくなり購入に繋がりやすくなるというメリットがあります。
最後に掲載する内容に誤りが無いか確認したら情報を公開します。スマートフォンからecサイトを検索する顧客もいるので、検索スピードを上げる為に商品画像のデータ圧縮をするのがポイントです。

ecサイトやネットショップで外注する方法

ecサイト登録のデメリットとしてホームページ作成に時間と手間がかかる、商品が多すぎて自社でまとめられないといった問題が考えられます。そこで多くの企業が利用しているのがアウトソーシング(外注)です。
アウトソーシングするメリットは、特に中小企業の場合自社の事業に専念出来ることです。自社内でecサイトを作成する場合、サイト作成に業務時間を充てなければならない、継続的な商品情報の更新、専門スキルを身に付けた人材育成が必要となりますがアウトソーシングをした場合はこれらの処理を全て行ってくれるので便利です。
アウトソーシングをするデメリットは外注費用が発生することです。更に外注先が商品内容を詳細に理解しているとは限らないので、ホームページを作成してもらったが内容が全く詳しくなかったというケースも過去にはあります。

商品登録代行に掛かる単価は??

ではここで商品登録代行に掛かる単価について紹介します。基本的には1点につき数百円程度の外注先が多いです。しかし◯ヶ月以上や、◯◯件から対応可能といった条件を課す業者が多いので契約する際は間違わないように詳細を把握しておかなければなりません。

楽天・Amazon・yahooの商品登録する際の注意点

現在ecサイトの登録をしようと考えた時、これらの大手三社(楽天・ Amazon・yahoo)を思い浮かべた方が多いのではないでしょうか。これからは上記三社で商品登録する際の注意点について紹介します。

楽天で商品登録する際の注意点

登録する際の注意点は大きく分けて2つあります。1つ目は必要書類の用意です。基本的に出店申込書と申込書審査書類の2枚が必要です。その他に営業許可証や資格書類、商品画像や登記簿謄本の提出が求められることがあります。
2つ目は禁止行為の確認です。楽天市場では法的に禁止されているもの、モラルに反するもの、教育上ふさわしくないもの等の商品やサービスの取り扱いを禁止しているので、詳しくは公式ホームページを確認して下さい。楽天市場以外へのリンクを貼ること、課金回避行為やサクラ行為も禁止となっています。

Amazonで商品登録する際の注意点

Amazonでは商品登録する際、小口プランと大口プランの2種類が選択可能です。小口プランは、商品を1点販売すると100円の費用が発生します。しかし大口プランでは出店商品の数に関係無く月4,900円の固定費用が発生します。
つまり1点しか出品しなくても4900円の出費となります。しかしこの両プランは変更可能なので日々の出店商品の計算を怠らないようにしましょう。

yahooで商品登録する際の注意点

yahooで商品登録する際に注意して欲しいのはCSVファイルの利用方法です。データの1行目は必ず正確なフィールド名を半角英数字を用いなければなりません。文字数は制限があり、改行コードをCR/LFもしくはLFに変換し、文字コードは必ずEUCコード、もしくはshift-JISコードを用いる必要があります。

商品登録代行業者を選択する上でのポイント

数多くの商品登録代行業者がサービスを展開しているのでどの会社に決めるか迷った経験はないでしょうか。ここで実際に企業を選択する上でのポイントを4つまとめたので参考にして下さい。

キャンペーン等を実施する際に登録代行業者が対応してくれるかどうか

特に楽天やAmazon、yahooでは頻繁にセールスが展開され、販売業者にとって繁忙期となり、売り上げ向上に必要な要素なのでチェックが必要です。

対応サイトが豊富かどうか

Aのサイトは対応出来るけど Bのサイトは業務対象外というケースもあります。なるべく多くのサイトで商品登録をすることで売上げ向上に繋がるので、対応してくれるか確認しましょう。

紙媒体のデータ化が可能かどうか

商品登録代行業者の中には、カタログを紙で提供する会社もあります。紙媒体の処理にも時間が掛かってしまい、双方の意思伝達にも支障が生じてしまうので紙媒体をデータ化することは可能か確認しましょう。

商品登録後のフォローがあるかどうか

実際に商品を登録して売り上げが発生するまでが商品登録代行業者の業務です。購買分析から提案までサポートしてくれる代行業者を選ぶことがポイントです。

楽天・Amazon・yahooの商品登録代行業者4選

初めての商品登録は実績と信頼のある上記3社にお願いしたいという業者が多いのではないでしょうか。ではここで楽天・Amazon・yahooでの商品登録代行を行なっている業者について紹介します。各社違いがあるため、登録する際にどのプランが合っているのか是非参考にしてみて下さい。

商品登録ドットコム by RIKU support


こちらの会社は1点につき100円からの提供が可能です。初めての商品登録代行でも掛かる費用が安いので安心して依頼することが出来ます。商品登録する際の複雑な処理もこなしてくれるので依頼者の負担を削減可能です。
EC事業に携わるベテランが数多く在籍しているため500点以上の大量登録も可能で、様々なECサイトの登録に対応出来ます。(楽天・Amazon・yahooショッピング・bideers等)

(楽天特化サービス)株式会社RyukiDesign


こちらの会社は楽天市場に特化しています。デザイン構成では「伝わる・欲しくなる」をテーマにしており写真の構成も徹底的にチェックしているのでどの強豪他社よりも効果的なデザイン作成が可能となっており、数千ページ以上の作成実績があります。
改善ポイントの分析から提案まで一貫して行なってくれるので、クオリティの高いサービスが提供可能です。

[Amazon特化サービス] アグザルファ株式会社


こちらの会社は Amazonに特化しています。Amazon専門コンサルティングを軸に撮影代行サービスや画像加工サービスを展開しています。Amazonに特化したサービスを提供してきたことでノウハウが蓄積されており「Amazonランキング大賞」やAmazonで最も活躍した際に贈られる「Amazonマケプレアワード」の賞を獲得しています。

[楽天・yahooショッピング特化サービス] 株式会社ファイブスプリングス


こちらの会社は楽天・yahooショッピングに特化したサービスを提供してます。顧客は全国の中小企業から大手メーカーまで手掛けているので、顧客のニーズに沿う最適なプランを提供しています。
楽天・yahooショッピング等の新規ECサイトを立ち上げようか迷っている、売り上げが伸び悩んでいる企業様は是非相談してみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事ではecサイトを利用した商品登録代行について紹介しました。ecモールを利用したサービスの展開は今後も全国各地で拡大していくことが想定されますので、この記事が参考になれば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界175か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・200社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

オススメ記事

オススメ記事

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁4.8k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁4.7k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁3.9k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁3.6k
  5. ECサイト運営とは?業務内容や必要なスキルも含めて徹底解説!

    2021.02.10👁3.3k