© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F

EFOとは?EFOキャッツ・EFOキューブなどのツール比較や導入企業事例も含めて徹底解説

せっかくサイトに集客したのに、入力フォーム記入の段階で離脱されてしまうとサイトに集客した意味がありません。そこで、重要になってくるのがEFO(入力フォーム最適化)です。
しかし、EFOツールにはいろいろな種類があり、どれが自社に最適なのか分からない企業も多いと思います。そこで本記事では、EFOツールの比較やEFOツールを適用したことで成功した事例について解説いたします。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

[意味/解説]EFO(入力フォーム最適化)とは?

EFO(入力フォーム最適化)は「Entry Form Optimization」の略で申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のことを指します。たとえ集客力が高いサイトであっても、入力項目が多いなどの理由で顧客が入力を諦めて離脱してしまってはサイトの効果が低くなってしまいます。そのため、EFOを効果的に実施し、途中離脱を減らすことがサイト運営にとって重要です。

入力フォームで離脱する理由とは?

入力フォームで離脱する理由を把握することは途中離脱を減らす際に役立つ情報です。WEBサイトによって誤差はありますが、入力フォームで入力を完了せずに途中離脱してしまうユーザーの割合は70〜80%と言われています。

入力フォームで離脱する主な理由・入力項目が多すぎる
・不要な質問項目がある
・入力を間違った際にどう修正すべきかがわかりにくい
・セキュリティに不安がある

EFOツール比較3選

EFOツールがあれば購入や会員登録を行うユーザーに対してフォームへのスムーズな入力をサポートすることができます。その結果、CV率(成果)の向上や売り上げアップなどが期待でき、会社にとって大きなメリットになります。そのため、EFOツールを適切に選択することは重要です。以下でEFOツールを3つ比較します。

[圧倒的低価格]ゴリラEFO

ゴリラEFOの特徴・強み・導入はタグを設置するだけ。今の入力フォームを変えずに最適化可能。
・圧倒的低価格(5フォームまで月9800円)
・業界最高基準の入力サポート機能 20種類

ゴリラEFOはブルースクレイ・ジャパン株式会社が提供するEFOツールです。
業界最高基準の入力支援機能数を有し、同一ドメインで、PC、スマートフォン問わず、5フォームまでであれば月額9800円で利用可能なEFOツールです。これまで価格の点でEFOツールの導入に踏み切れなかった企業も利用しやすい価格帯です。

[1画面1質問]EFOキャッツ

EFOキャッツの特徴・強み・1画面1質問のフォームでカゴ落ち率を大幅改善
・入力支援、離脱防止機能を完備。豊富な入力サポートでより使いやすく。
・離脱ポイントが見つかる分析レポート

EFOキャッツは株式会社エフカフェが提供するEFOツールです。トライアル期間はありませんが、Google HangoutなどのWeb会議システムを利用することで実際の機能を確かめることができます。

[データ分析機能搭載]EFOキューブ

EFOキューブの特徴・強み・必須項目の強調やエラー表示などの入力補助機能の充実
・項目ごとのユーザーのエラー、離脱率を取得するデータ分析機能
・ツールの導入はもちろん、導入後のフォーム改善案の作成もお手伝い

EFOキューブは株式会社GeeeNが提供するEFOツールです。
2020年現在、「カード連携実績数」「入力補助機能数」がNo.1のEFOツールです。

EFOを導入して成果が出た企業事例2選

先ほど、EFOツールの比較を行いましたが、ここでは導入実績として具体的な成功事例を記載しているEFOツールを紹介いたします。この導入実績がEFOツール導入の際の手助けになれば幸いです。

フォームアシスト

まずは株式会社ショーケース・ティービーが提供しているEFOツール「フォームアシスト」の導入実績をご紹介します。クレジット会社のお問い合わせフォームの最適化を行ったところ、CV率が12.5%アップにつながりました。ファームアシストは全金融業界のシェア率が65.5%で導入フォーム数も5000を超えています。

Gyro-n

次に株式会社ウェルクスが提供しているEFOツール「Gyro-n」をご紹介します。保育士向けの求人サイトでこのEFOツールを導入した結果、CV率が1.67倍になり、直帰率が約5ポイント改善されました。Gyro-nはユーザーのサイト流入からゴールまでの様々な場面で最適化を行い、離脱を防ぎ、コンバージョンへ繋げるWebサイト改善ツールです。

EFOコンサルティングサービス

ここまでEFOツールについて解説いたしました。EFOツールを導入すればCV率アップが期待できますが、EFOコンサルティングサービスを利用するとさらにフォームの離脱を改善し、成約率を向上させることができます。
おすすめは株式会社グラッドキューブが提供するEFOコンサルティングサービスです。グラッドキューブはフォームの「どの項目」が「どのタイミング」で離脱されているのかを詳細に分析し、入力完了率を向上させる改善策を提案します。また、6ヶ月で3回PDCAを回して、CV率を最適化します。

まとめ

本記事ではEFO(入力フォーム最適化)について解説いたしました。
EFOツールを適切に活用することで、入力フォームでの途中離脱を減らしサイトの効果を最大限に発揮することができます。自社にあったEFOツールを選定する際は本記事を参考にしていただければ幸いです。

関連記事

・ECサイトでのカゴ落ちとは?カゴ落ち率計算方法から、理由や対策ツールまでご紹介!
・LPOとは?おすすめの無料LPOツールやコンサル会社やEFOとの違いも含めてご紹介します!
・レコメンドエンジンについて詳しくご紹介します!種類や導入の際の注意点とは?

ECサイト制作ならアートトレーディング


世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

オススメ記事

人気週間ランキング

  1. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁1k
  2. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁839
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁761
  4. EC運営代行とは?仕事内容や費用、代行業者9選も含めてご紹介!

    2020.05.18👁708
  5. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁618