© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F Y

ShopifyでBtoB向け卸売販売サイト構築の注意点、利用したい機能についてご紹介。

ShopifyでECサイトを作成する時はBtoCやDtoCといったtoCの取引形態が現在流行しています。しかし、新規顧客を開拓する手間や売上の心配をしなくてはなりません。そこでBtoB向け卸売販売を選択することでその不安を無くすことができます。今回はそんなBtoB向けの卸売販売をShopifyで選択する理由や、サイト構築の方法についてご紹介いたします。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

Shopify(ショッピファイ)でBtoB向け卸売販売を選択する理由

ECサイトにはBtoCやDtoCといった取引形態がありますが、BtoBを選択する選択肢も存在しています。流行の取引形態ではなくBtoBを選択する理由をご紹介いたします。

BtoCやDtoCには無いBtoBの利点

BtoCやDtoCのtoCビジネスには顧客と近いという大きなメリットがありますが、BtoBビジネスにしかないメリットがあります。

BtoBビジネスのメリット

  • 市場規模が大きい
  • 収入が安定する
  • 顧客のニーズが明確なため傾向の把握が容易

BtoBビジネスは企業を顧客とするため消費者を顧客とするtoCビジネスと比べて市場の規模が大きいです。市場規模が大きいおかげで買い手の数が多く、新規顧客の開拓が比較的容易です。また企業を顧客にするということは取引先が固定されるため安定した長期的な取引契約を結べるため収入が安定しやすいです。
顧客のニーズが明確であり、取引先企業の必要としている商品やサービスの分析を行うことも容易です。
BtoBビジネスはメリットを活かすことで、BtoBビジネスは自社のために使える時間を増やすことができます。ブランドマネジメントや商品・サービスの提案・開発に使う時間を作りやすくなることがtoCビジネスとの大きな違いであり、BtoBビジネスが選択される理由です。
ShopifyであればブランドマネジメントをShopifyの機能を用いて行えるので割く時間が増えることでより効果的なマーケティングが行えるようになります。
また、企業間でのやり取りになるため情報を保護するセキュリティ面の心配も大きくなります。Shopifyではクレジットカード情報を扱うため非常に高い水準のセキュリティであるPCIDSSレベル1を取得しています。そして、ログインの方法に2段階認証を他のアプリ無しで導入することができるためセキュリティに対して非常に高い信頼感があります。
ブランドマネジメント力と高水準のセキュリティがBtoB向けの卸売販売をShopifyで出店する理由の一つです。

BtoB向けサイト構築を行うための注意点

toCビジネスを行う場合でも注意点はありますが、BtoBビジネスを選択する場合には特有の注意点があります。

BtoBビジネスの注意点

  • 明確なターゲットの設定
  • デザインはシンプルかつ的確な情報のみにする
  • サイトの運営に力を入れる

BtoBビジネスの場合取引を行う相手は企業になることを注意しましょう。toCビジネスより明確なターゲットの設定が必要になります。企業が取引を行う際には消費者より合理的な理由を持って取引を行います。そのためターゲットを曖昧にしたままでは取引を行う企業が現れずに時間が過ぎてしまいます。
BtoBのサイト構築を行う際に力を入れる必要があるのはデザインではなく運営です。toCの場合は一人でも多くの消費者に好まれるようにこだわりを持ったデザインでブランドマネジメントを行う必要がありました。しかし、BtoBビジネスの場合、数多くの競合他社の中から選ばれる必要があります。そのため華美なデザインのサイトではなく、情報を一目でわかるようなデザインが好まれます。
企業に好まれるデザインを作成し、情報を的確に伝えられたとしても、サイトの運営に力をいれてなければ契約に繋がりません。エラーでページが見にくくなってしまったり、サーバーダウンが起きてECサイトに接続ができなければ購買意欲が下がり、購入してもらえません。
BtoB向けECサイトだけではなくtoCビジネスのECサイトにも共通する内容ですが、作成後の運営をしっかりと行い、定期的なサーバ強化やエラーのチェックのようなメンテナンスをしっかりと行いましょう。

BtoB向けShopifyの利用プラン「Shopify plus」

toCビジネスでは、Shopifyのベーシックプランで機能は足りますが、BtoBとなると機能が足りず、運営が難しい場合があります。機能不足を感じたらベーシックプランから数段ランクアップした「Shopify plus」がおすすめです。詳しい料金や追加される機能についてはこちらの記事をご覧ください。

ShopifyでBtoBを行うための卸売専用機能「Wholesale」をご紹介

卸売販売を行う際には「特定の業者には割引をする」といったような機能が必要となります。そこでShopify plus専用の機能である「Wholesale」をご紹介いたします。
WholesaleはBtoBビジネスでの利用を主にしており、企業の購入ページ毎に価格設定や、割合・数量ベースでの割引率設定、最低注文個数設定などBtoBビジネスに欲しい機能を追加することができます。
顧客設定をすることで「A社には10%OFFで最小購入個数は100個、B社には20%OFFで最小購入個数は300個」「300個購入でさらに10%割引」といったような細かな設定をすることができるため大量購入のインセンティブを作ることが可能になります。
toCだけでなくBtoB向けの卸売販売のショップを展開する場合にも必要な機能を追加することができるため、Shopifyが選択されています。

まとめ

今回はBtoB向けの卸売販売を選択する理由や選択した際の注意点、導入に役立つShopify plusの機能「Wholesale」を紹介いたしました。現在BtoB向けの卸売販売を考えている場合参考になれば幸いです。

ECサイト制作ならアートトレーディング

世界175か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・200社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

オススメ記事

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁6k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁5.6k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁4.9k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁4.7k
  5. ECサイト運営とは?業務内容や必要なスキルも含めて徹底解説!

    2021.02.10👁4.2k