© 2022 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. T F

ECサイトのリニューアルを成功させるには?手順やタイミングも含めてご紹介!

「運営しているECサイトが古い」「リニューアルして新しい機能が欲しい」ECサイトを運営していてそんなことを思っている方も多くいるのではないでしょうか?本記事ではそんなECサイトのリニューアルしたい方向けに手順やポイントを中心に解説していきます。本記事がECサイトリニューアルに少しでもお役に立てたら幸いです。

この記事を書いた人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

  • ECの最新情報をTwitterで発信しています。
    ECの勉強を始めたいなら、まずは藤井のTwitterをフォロー!

     

ECサイトのリニューアルを検討するべき2つのタイミングとは?

現在のシステムが古くなった時

ECサイトを立ち上げたばかりの時は最新のシステムを搭載してあったとしても、時間が経つにつれ、最新のネット技術に対応することが難しくなっていきます。また、現在のECサイトで網羅できる範囲が小さくなっていくことで、更なる集客が難しくなっていき、リニューアルを検討するには十分な理由になります。

会社の規模が大きくなった時

会社の規模が大きくなると古いECサイトでは、解決できない問題も多く出てきます。そのため、市場拡大を見据えている場合にもECサイトのリニューアルは欠かせないものになります。

ECサイトのリニューアル手順

①ECサイトのリニューアルにあたってのRFPを作成する

RFPとは”Request For Proposal”の略でシステム開発会社にリニューアル依頼する際に必要な提案依頼書です。RFPを作成する際に最初に必要になるのが「作成期間」です。最初にゴールの時期を明確にすることで無理のない安心したスケジュール調整を行うことができます。

②ECサイトの制作方法を決める

ECサイトを創作する手段として、主に「ASP」「オープンソース」「パッケージ」「フルスクラッチの4つが挙げられます。それぞれの手段に特徴や特有のメリット、機能が存在します。機能不足はもちろん避けたい点ですが、必要以上の機能が備わってしまって無駄なコストが発生してしまうことも依頼者側からしたら避けたい点です。そのため、どの機能がECサイトのリニューアル時に必要なのか、まとめておくことをおすすめします。

③開発会社を決める

ECサイトをリニューアルする際には当然リニューアルを引き受けてくれる開発会社が必要です。その中で数ある開発会社の中からどのような会社を選ぶ必要があるのか。大前提としてあるのはこちら側の意思を十分に取り入れてくれるかというところです。また開発会社とは話し合いで作成段階を決めていくため、コミュニケーションを活発にする必要があるため、そのような姿勢が見られるかも先行基準となります。それらを確認する際に必要な皇帝をこれから説明していきます。

開発会社の実績などについて調べる

まず初めに、依頼する開発会社の候補を決めていきます。その際に各開発会社の実績・特徴などを調べた後、直接問い合わせて詳細を聞くことが効果的です。これによって自分達の目的にあった開発会社を絞ることができます。

候補の開発会社を絞る

いくつかある候補会社を比較して検討していきます。この時に優劣をつける必要があるため、候補の開発会社には全くい同じ条件で依頼をすることが前提になります。
また比較する際に注目するべきポイントはこちらの意図を把握できているかという点です。また金額・経験・実績も選考基準に取り入れることも重要です。

④依頼する開発会社を決定し、社内からの承認を得る

選考を終えて依頼する開発会社を決定していきます。その後自社になぜその開発会社を選んだのかという理由と根拠を準備しておく必要があります。

⑤開発するシステムの「要件定義」を決定する

要件定義とはECサイトを作成するにあたって「依頼した側」と「依頼された側」の認識のズレを埋めることを言います。要件が多すぎると、開発会社のアドバイスが組み込まれにくくなってしまうため、問題点に対しての提案を求める形を取ることがおすすめです。
決めていく要件としては以下のようなものが挙げられます。

⑥業務フローを決定する

業務フローはECサイトの運営の中で最も重要な要件です。受注を受けた後にどのような社内処理を行ってお客様に配送するかということを検討する必要があります。その際に依頼社からとっては問題なくても開発会社から見たら非効率な部分も見えてくることがあります。また、この業務フローについての要件定義は業務の実態を知っているものを交えた会議をすることがおすすめです。

⑦サーバー会社を決定する

ECサイトを構築するにはサーバーは必要不可欠です。自社サーバーを使用する、クラウドサーバーを契約する、あるいは開発会社が所有しているサーバーをするのか選択肢は様々ですが、ECサイトのセキュリティーに関する部分ですので、絶対話す内容のある予見です。

⑧決済方法を決定する

利用する決済を決めていきます。クレジットカード・コンビニ決済などが挙げられます。開発会社によって使用できるクレジットカードも変わってくるため、事前の確認が必要です。

⑨リニューアルの進捗度合いを常に把握する

開発会社との定例会議などで、進捗度合いは常に把握しておくことが必須です。このような会議で進捗の把握、要件のデンタルなどを把握し、常にどの状況下に置かれているか確認する必要があります。

ECサイトのリニューアルを成功させる9つのポイント

ECサイトをリニューアルする目的を明確にする

なぜ今ECサイトをリニューアルする必要があるのか、またECサイトをリニューアルすることでどのような成果を得られるかということも欠かせないポイントです。

現状のECサイトの課題を見つける

現状のECサイトが持つ課題を知っておくこともリニューアル時に考慮しなくてはいけないポイントです。リニューアルすることでそれらの課題が解決できるか、またリニューアルによってその課題は悪化しないかを考慮することも重要です。

リニューアルしたことで生じる損失リスクを考慮する

リニューアルするということは全てが「改良される」という意味ではありません。リニューアルする一方でよかったところが失われるという可能性も十分考えられます。リニューアルはある種トレードオフな性質があることを十分理解する必要があります。

消費者視点を持つ

ECサイトをリニューアルするときのポイントの1つに消費者視点を持つことが挙げられます。開発者からすると素晴らしいECサイトであったとしても、消費者からすると使いにくいECサイトであることは少なくありません。ECサイトを利用するのは消費者です。消費者視点を持ち、ユーザーの満足度が高いECサイトにリニューアルしましょう。

内製化を早めに進める

内装化とは商品の政策を全て社内で進めることです。この内製化はECサイトをリニューアルする時に抱える目的が市場拡大である企業に必要なものです。そういった企業はこれからより大きな目標に取り組むときに外注を行っているとどうしてもラグが発生してしまいます。このラグを防ぐためにもできるだけ早く内製化への取り組みがおすすめです。

外部システムとの連携が可能か確かめる

ECサイトをリニューアルする際は外部システムへの連携を引き継げるか確認し、リニューアルする際の外部システムに対する変更部分を詳細に知ることも重要になっていきます。

スケジュール管理を怠らない

ECサイトのリニューアル期間は3〜4ヶ月と長期です。そのため、完成してECサイトを公開するまでの期間を逆算し、それまでに必要な準備がどの程度の時間で可能なのかということも十分に考慮した上で始める必要が出てきます。

ECサイトのデザインにこだわる

ECサイトを使って実際に購入するのは消費者側の人間です。実際にユーザーにとって優しい、見やすいデザインであるかどうかということを確認することは非常に重要なことです。リニューアル時にUI(User Interface)とUX(User Experience)の視点を持っておく必要があります。

コンテンツマーケティングに注力する

ECサイトのリニューアルによって顧客をさらに獲得したい場合はコンテンツマーケティングによって自社のファンを増加させることが重要な集客方法として知られています。コンテンツマーケティングに対する注力が多いほどECサイトのリニューアルによって獲得できる顧客も多くなっていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はECサイトのリニューアル時でのポイントや手順を中心に解説してきました。これらの情報が、少しでもECサイトのリニューアルを検討している方のお役に少しでも立てていたら幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

・ネットショップ・EC運営代行とは?費用や口コミ、仕事内容や格安代行会社まで含めてご紹介!

ECサイト制作ならアートトレーディング


世界170か国以上のNo.1シェアを誇るグローバルECプラットフォーム「shopify」を導入した自社ECサイト制作をご提案いたします!
当社は、15年以上の実績・100社以上のECサイト構築運用 経験でお客様のお悩みを解決してまいりました。
新規のECサイト制作、既存サイトからの移転・乗り替えだけでなく、運営代行・コンサルティング・在庫連携・物流まで幅広くサポートが可能です。
EC支援といってもお客様の状況はさまざまです。これからECサイトを展開したい、サイトはあるが販売促進のノウハウが欲しい、スタッフが足りなくて人手が欲しい等々…。
現在の状況を分析し、ニーズに合った提案を行い、実践し、ECサイトだけでなくお客様ともども成長していただけるような支援を行います。

オススメ記事

人気週間ランキング

  1. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2021.01.15👁1k
  2. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2021.01.19👁839
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2021.05.18👁763
  4. EC運営代行とは?仕事内容や費用、代行業者9選も含めてご紹介!

    2020.05.18👁708
  5. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2021.03.02👁618