© 2024 ART TRADING Co.,Ltd All Rights Reserved. Twitter Instagram Youtube  Line
LinePopup link_for_sp

おすすめのshopify運用代行会社16選!選定ポイントまで紹介!

shopifyの運用代行におすすめの会社は?選定ポイントはなに?と気になっていませんか。

結論から言うと、shopifyの運用代行におすすめの会社は、以下の16社です。

  • アートトレーディング株式会社
  • 株式会社いつも
  • 株式会社WEBUO
  • エスアンドティーパートナーズ株式会社
  • AnyMind Group株式会社
  • 株式会社MH DESIGNS
  • サヴァリ株式会社
  • ジェイグラブ株式会社
  • 株式会社swimmy
  • 株式会社StoreHero
  • スパイスファクトリー株式会社
  • 世界へボカン株式会社
  • 株式会社セルフプラス
  • 株式会社chipper
  • 株式会社フラクタ
  • 株式会社ワサビ

※掲載は五十音順になっています

またshopifyの運用代行会社を選ぶ際は、「shopifyに関する知識が豊富か」「制作後の運用サポートも可能か」「サポート体制はどうか」「商品の業界知識が豊富か」「評判はどうか」も確認するようにしましょう。

この記事では他にもshopifyの運用代行会社を利用するメリットや注意点、サポート内容までを詳しく解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。

執筆者

佐藤美樹

アートトレーディング株式会社の専属WEBライター。
ECサイト運営では、SEOやSEM、SNSマーケティングの導入・運用を担当。現在はECサイト運営に関する記事の執筆を行う。

監修者

アートトレーディング株式会社代表取締役。
2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。累計150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。

ECの最新情報をYOUTUBEやXで発信しています。
ECを学んでいきたい人はリンクをクリック!

髭男社長のYOUTUBEはこちら
藤井玲のXはこちら
藤井玲のプロフィール詳細はこちら

shopifyの運用代行におすすめの会社16選

shopifyの運用代行におすすめの会社は、以下の16社です。

  • アートトレーディング株式会社
  • 株式会社いつも
  • 株式会社WEBUO
  • エスアンドティーパートナーズ株式会社
  • AnyMind Group株式会社
  • 株式会社MH DESIGNS
  • サヴァリ株式会社
  • ジェイグラブ株式会社
  • 株式会社swimmy
  • 株式会社StoreHero
  • スパイスファクトリー株式会社
  • 世界へボカン株式会社
  • 株式会社セルフプラス
  • 株式会社chipper
  • 株式会社フラクタ
  • 株式会社ワサビ

※掲載は五十音順になっています

それぞれ見ていきましょう。

アートトレーディング株式会社

当社アートトレーディング株式会社は、東京都豊島区にあるshopify運用代行を提供している会社。

shopifyエキスパートに認定されているため、Shopifyについての知識はもちろんのこと、長年の経験を活かし売れるECを構築。

またshopify構築後も、商品のファンを増やす運営支援から、発送代行、カスタマーサポートまで、クライアントのフェーズに合わせて総合的なサポートが可能です。

EC制作・運営支援の実績も15年200社以上。細やかで的確なサービスをご提供いたします。

株式会社いつも

株式会社いつもは、東京都千代田区にあるshopify運用代行会社です。

いちばんの強みは、運用内容を店舗様に合わせてフルカスタマイズできるところ。

商品ページの作成からメルマガ配信など、自社のリソース不足に合わせてピンポイントでのサポートも可能です。

またECの売上を上げていきたいという事業者様の場合は「ECコンサルティングプラン」と併せて利用することで、売り上げ拡大につながる提案から施策実行までを一貫して対応することも可能です。

株式会社WEBUO


株式会社WEBUOは、福岡県福岡市にあるshopify運用代行会社です。

経験豊富なプロフェッショナルチームが、受注処理からSNS更新、顧客対応まで、ECサイト運営のあらゆる面でサポートします。

サポートチームは、250名以上の多様なスキルを持つメンバーの中から、クライアントのニーズに合わせて最適なチームを形成。最短3日でスタートが可能なため、すぐにサポートが欲しいという会社に最適でしょう。

エスアンドティーパートナーズ株式会社


エスアンドティーパートナーズ株式会社は、大阪府大阪市にあるshopify運用代行会社。

エスアンドティーパートナーズ株式会社では、業界トップクラスのECコンサルタントが、戦略策定から経費削減、運営改善に至るまで、最適なソリューションを提案します。

対応業務は、ECサイト運営代行、サイト制作代行、集客対策、広告運用、LPO対策など。1000社以上の豊富な取引実績と、年平均成長率140%以上を誇るECコンサルタントがShopifyストアが直面するあらゆる課題に対応します。

AnyMind Group株式会社


AnyMind Group株式会社は、東京都港区にあるshopify運用代行を提供する会社。

自社ECサイトの構築から運用、リニューアルまで、あらゆるニーズに対応したトータルサポートを提供。Shopify公認の「Shopify Expert」として、5,000を超えるアプリ連携による拡張性と柔軟性を活かし、クライアントのEC運営をサポートします。

また受注から出荷、カスタマーサポートに至るまで、フルフィルメントの全工程を一括で管理。さらに、越境ECのローカライズにも対応し、現地の商習慣や言語に合わせた販売戦略の実施も可能です。

株式会社MH DESIGNS


株式会社MH DESIGNSは、兵庫県神戸市にあるshopify運用代行を提供する会社。

クライアントの商品やターゲットに最適なサイトのデザイン、マーケティング戦略の策定まで、一貫したサービスを提供しています。特に、50万円から始められるShopify構築&集客サポートパッケージは、売上を本気で伸ばしたい方に最適です。

また株式会社MH DESIGNSのサービスは、ただのサイト構築にとどまりません。売上計画の策定、マーケットの把握、最適なカート選び、そしてプロモーションとマネタイズの構築まで、ECサイト運営の全工程をサポートします。

サヴァリ株式会社

サヴァリ株式会社は、東京都中央区にあるshopify運用代行を提供している会社です。

ECサイトの現状分析から理想の売上へと導く戦略策定、そして実行までをサポート。契約前の無料戦略会議から、クライアントのEC運営に真剣に向き合い、年間の売上シミュレーションと行動計画を作成します。

累計支援3,000社以上、平均売上238%UPの実績もあるため、安心して任せることができます。

ジェイグラブ株式会社


ジェイグラブ株式会社は、東京都渋谷区にあるshopify運営代行を提供している会社。

いちばんの強みは、shopifyの越境EC運用を得意としていること。知識・経験・ノウハウの不足、サイト構築・モール出店の選択ミス、語学力の不安など、越境ECにおける様々な課題を解決します。

ジェイグラブでは、徹底したヒアリングを通じて、お客様のビジネスに最適な戦略を策定し、ショップ構築から集客、運営サポートまでをワンストップでサポートします。

株式会社swimmy

株式会社swimmyは、東京都中央区にあるshopify運用代行を提供している会社です。

いちばんの強みは、shopifyエキスパートに認定されており、shopifyの運用に精通している所。

また株式会社swimmyでは、サイトの分析、ユーザー調査、コードの検証を基に、問題点を整理し改善策を提案します。作業を代行するのではなく、クライアントと共に目標を設定し、二人三脚でサポートすることが可能です。

株式会社StoreHero


株式会社StoreHeroは、東京都渋谷区にあるshopify運用代行を提供している会社です。

グロースハックとShopifyの強力な組み合わせにより、新規顧客獲得の加速、広告とCRMの最適化、そして顧客基盤の拡大を実現します。

また株式会社StoreHeroのサービスは、単にShopifyストアを構築するだけではなく、部門横断での売上向上施策の実行、グロースプラットフォームを通じた効果的なモニタリングと進捗管理により、クライアントのEC運営を次のレベルへと導きます。

スパイスファクトリー株式会社


スパイスファクトリー株式会社は、東京都港区にあるshopify運用代行を提供している会社。

いちばんの得意分野は、ブランドの魅力を最大限に引き出すカスタマイズと、成果に直結するマーケティング戦略の策定。

クライアントのビジョンを形にし、Shopifyを通じて顧客と直接つながるブランド体験を創出することが可能です。

世界へボカン株式会社


世界へボカン株式会社は、東京都豊島区にあるshopify運用代行を提供している会社。

いちばんの強みは、国内外問わず豊富な運用実績と、最適なマーケティング戦略の提案能力。

Shopifyストアの構築から運用、海外展開まで、一貫したサポートでクライアントのビジネス拡大を後押しします。

株式会社セルフプラス


株式会社セルフプラスは、東京都渋谷区にあるshopify運用代行を提供している会社。

いちばんの強みは、Shopify構築のプロフェッショナル集団による徹底的なサポートが受けられること。またShopifyECサイト構築後も売上を拡大させる為の集客支援や分析・改善等のマーケティング・コンサルティング支援を受けることができることです。

例えば、LINEアカウント運用・Instagramアカウント運用から各種広告、提携インフルエンサー、YouTuberとのタイアップ等、様々な手法のマーケティグ支援が可能です。

株式会社chipper


株式会社chipperは東京都品川区にあるshopify運用代行を提供している会社。

主に、D2Cブランドの創造と成長を支援するため、ブランドの個性を活かしたストア設計と、データドリブンなマーケティング戦略を行います。

そのため、新規事業を立ち上げる企業や直販のご経験のないメーカーにおすすめの会社と言えるでしょう。

株式会社フラクタ

株式会社フラクタは、東京都港区にあるshopify運営代行を提供している会社です。

株式会社フラクタ顧客一人ひとりのニーズに応えるパーソナライズされたマーケティング戦略を得意としており、Shopifyストアの運用を通じて、顧客満足度の高いブランド体験を提供。「全体最適」を大切にしているため、事業者の皆さまが抱える様々な課題に対して、総合的に課題解決をサポートします。

株式会社ワサビ


株式会社ワサビは、大阪府大阪市にあるshopify運営代行を提供している会社。

株式会社ワサビでは、Shopifyストアの運用代行を通じて、ECサイトの成長を加速させるサービスを提供しています。最新のトレンドを取り入れた運用戦略と、効果的なマーケティング施策で、クライアントのShopifyストアを成功に導きます。

shopifyの運用代行会社を選ぶポイント

shopifyの運用代行会社を選ぶポイントは、以下の通りです。

・shopifyに関する知識が豊富か
・制作後の運用サポートも可能か
・サポート体制はどうか
・商品の業界知識が豊富か
・評判はどうか

それぞれ見ていきましょう

shopifyに関する知識が豊富か

Shopifyの運用代行会社を選ぶ際、最も重要なのはその会社がShopifyに関する深い知識と経験を持っているかどうかです。

以下のポイントを確認して、依頼したい会社がshopifyに関する知識や経験を持っているかを判断するようにしましょう。

◆shopify expertsであるか

Shopify Expertsとは、Shopify公式に認定された専門家のことです。

shopify expertsは、Shopifyのプラットフォームに関する知識と実績を多く持っており、店舗の設計、開発、マーケティング、写真撮影など様々なサービスを提供しています。

shopify expertsは、難易度が高く、誰でも簡単に認定されるものではないので、認定されている運用代行会社は、かなり信頼できる業者といえるでしょう。

◆shopifyの制作実績や運用実績があるか

また実際にShopifyを用いてオンラインストアを構築し、成功させた実績があるかどうかも重要な判断基準です。

制作実績や運用実績は、shopify運用会社の公式サイトに掲載されていることが多いので、事前に確認しておきましょう。

◆shopifyに関する情報発信などをしていると安心

Shopifyに関するブログの投稿、SNSやYOUTUBEの発信、セミナーの開催など、積極的に情報発信を行っている会社は、最新のトレンドやテクノロジーに精通している可能性が高いです。

また、これらの情報発信は、その会社がShopifyコミュニティに貢献している証拠でもあるため、信頼して仕事を任せることができるでしょう。

制作後の運用サポートも可能か

Shopifyストアの成功は、単にオンラインストアを立ち上げることだけではなく、その後の運用によって成果が大きく変わります。運用代行会社が次に紹介するようなサポートを提供しているかどうかを必ず確認しておきましょう。

◆マーケティングによる集客の知識があるか

オンラインストアの成功には、効果的なマーケティング戦略が不可欠です。

SEO対策、ソーシャルメディアマーケティング、メールマーケティング、広告キャンペーンの管理など、集客に関する幅広い知識と実績があるかを確認しましょう。

◆購入率UPのノウハウがあるか

またshopifyの運用代行会社を選ぶなら、サイトの訪問者に商品を購入してもらい購入率をUPさせるノウハウがあるかという点も確認しておきましょう。

コンバージョン率を高めるためのページ最適化、ユーザー体験の向上、効果的なCTA(Call to Action)の配置などの知識があるかを確認することが大切です。

◆リピーター獲得などの施策を提案してるか

さらにshopifyの運営では、新規顧客の獲得だけでなく、リピーターを獲得する戦略も重要です。

顧客ロイヤルティを高めるプログラムや、リピート購入を促すメールマーケティング戦略など、継続的な顧客関係を構築するための施策が提案されているかを確認しましょう。

◆物流などのバックヤード業務の知識もあるか

オンラインストアの運営には、商品の在庫管理や配送、返品処理などの物流業務が伴います。

これらのバックヤード業務に関する知識や、効率化を図るためのシステム導入の提案があるかも重要なポイントです。

サポート体制はどうか

shopifyの運用代行を利用する場合、サポート体制はどうかということも良く確認しておきましょう。

具体的には、以下のようなポイントをチェックしておくのがおすすめです。

◆サポート範囲はどのくらいか

shopifyの運用代行会社を選ぶ際は、サポート範囲の広さも確認しておきましょう。

特に自社の内部リソースを確認した上でカバーできないことを補ってくれるshopify運用代行会社を選ぶべきです。

具体的には、shopifyの技術的な問題解決、マーケティング戦略のアドバイス、デザインの更新、機能追加やカスタマイズのサポートなど、どの程度の内容がサービスに含まれているかを確認することが重要です。

◆担当者とのコミュニケーションは取りやすいか

shopifyの運用代行会社を選ぶ際は、担当者とのコミュニケーションのしやすさも確認するようにしましょう。

担当者に容易に連絡でき、迅速かつ的確なレスポンスを提供するかどうかは、特に重要ですし、コミュニケーションの手段(電話、メール、チャットシステムなど)や、レスポンスタイムなど、日常的なやり取りがスムーズに行えるかどうかを確認しましょう。

また、担当者が定期的に進捗報告や提案を行い、ビジネスの成長に合わせて適切なアドバイスを提供してくれるかどうかという点も確認しておくと安心です。

商品の業界知識が豊富か

shopifyの運用代行会社を選ぶ際は、自社商品の業界知識が豊富かという点も確認するようにしましょう。

以下では、業界の例を挙げてshopify運用代行会社がどういった業界知識が必要かを紹介していきます。

◆アパレルEC

アパレル業界では、流行の変化が速く、季節ごとに商品ラインナップが変わることが一般的です。

運用代行会社はファッショントレンドに敏感である必要があり、ターゲット顧客の好みや購買行動を理解していることが求められます。

また、サイズや色などのバリエーション管理、高品質な画像と商品説明、返品・交換ポリシーの明確化など、アパレル特有のEC運営のノウハウが必要です。

◆食品EC

食品ECでは、商品の鮮度や品質管理が最重要です。運用代行会社は食品安全規制やラベリング要件に精通している必要があります。また、季節やイベントに合わせたプロモーションの企画、地域特有の食材や特産品を活かしたマーケティング戦略、冷蔵・冷凍商品の物流管理など、食品EC特有の課題に対応できる能力が求められます。

◆越境EC

越境ECでは、異なる国や地域の顧客をターゲットにするため、多言語対応や各国の法規制、税関手続き、国際物流の理解が必要です。また、地域ごとの文化や消費者の嗜好を理解し、地域に合わせたマーケティング戦略を立てる能力も重要です。通貨の取り扱いや国際的な決済方法への対応、ローカライズされたカスタマーサービスの提供など、国際的なEC運営の複雑さに対応できる運用代行会社を選ぶことが重要です。

評判はどうか

shopifyの運用代行を選ぶ際に評判を確認することは、サービスの質や信頼性を判断する上で非常に重要です。選定の際は以下の方法で評判を確認するようにしましょう。

◆オンラインレビューと評価をチェックする

オンラインでのレビューや評価は、運用代行会社のサービス品質を把握するのに役立ちます。GoogleやYahoo!などの検索エンジンで会社名と「評判」や「レビュー」といったキーワードで検索し、さまざまなウェブサイトやフォーラムでの評価を確認します。これらのレビューは、実際の顧客の経験に基づいており、サービスの実際の効果や問題点を理解するのに有用です。

◆業界内での評判をリサーチ

Shopify関連の業界イベントやセミナー、ネットワークイベントに参加し、業界の専門家や他のビジネスオーナーからの意見を聞くことも有効です。これらの人々は業界の動向に精通しており、信頼できる運用代行会社についての貴重な情報を提供してくれる可能性があります。

◆既存のクライアントからのフィードバックを求める

代行会社が現在または過去にサービスを提供しているクライアントからのフィードバックを直接求めることは、その会社のサービスの質を理解するのに非常に役立ちます。これらのクライアントは、サービスの実際の効果や会社とのコミュニケーションの質について具体的な情報を提供できるでしょう。

◆SNSやブログでの言及をチェック

Twitter、Facebook、LinkedInなどのソーシャルメディアプラットフォームや、業界関連のブログでの言及もチェックすると良いでしょう。SNSではリアルタイムの意見や評価が共有されることが多く、ブログではより詳細なレビューや分析が提供されることがあります。これらの情報源は、運用代行会社の評判を多角的に理解するのに役立ちます。

shopifyの運用代行を利用するメリット

shopifyの運用代行を利用するメリットは、以下の通り。

・専門知識を活用できる
・サイトの品質向上につながる
・効率よく成果を出せる
・時間の節約になる
・コスト削減になる

それぞれ見ていきましょう。

専門知識を活用できる

運用代行サービスを利用する最大のメリットの一つは、eコマースとオンラインマーケティングの専門知識を活用できる点です。

Shopify運用代行会社は、Shopifyプラットフォームの専門家であり、広告配信、SEO(検索エンジン最適化)、SNSマーケティングウェブデザインなど、多岐にわたる分野の専門家を擁しています。

これらの専門知識を活用することで、最新のトレンドに基づいた戦略を立て、競合他社との差別化を図ることができます。

サイトの品質向上につながる

専門家による運用代行を利用することで、サイトのデザインやユーザーエクスペリエンス(UX)の質が向上します。

これは、サイト訪問者の滞在時間の延長やコンバージョン率の向上に直結し、結果的に売上増加に貢献します。

また、高品質なECサイトはブランドイメージを向上させ、顧客の信頼獲得にもつながるでしょう。

効率よく成果を出せる

shopifyの運用代行会社は、効果的なマーケティング戦略の立案と実行において、豊富な経験と実績を持っています。

マーケティングにおいて、何が効果的で、何がそうでないかを知っており、その知識を活用して効率的に成果を出すことができます。これにより、マーケティング活動における試行錯誤の時間とコストを削減できると言えるでしょう

時間の節約になる

eコマースサイトの日々の運用は、時間がかかる作業です。

商品のリストアップ、在庫管理、注文処理、顧客対応など、多くのタスクがあります。

運用代行サービスを利用することで、経営者やスタッフは他の重要な業務に集中することが可能です。これは、時間の節約だけでなく、ビジネスの成長に必要な戦略的な活動にもっと時間を割くことができるという点で、大きなメリットといえるでしょう。

コスト削減になる

自社で全てのeコマース関連活動を行う場合、専門知識を持った人材を雇用する必要がありますが、これには高いコストがかかります。また、最新のマーケティングツールやソフトウェアに投資する必要もあります。運用代行を利用することで、これらの初期投資や固定費用を削減できます。代行会社は、複数のクライアントのタスクを効率的に管理することで、コストを抑えながら高品質なサービスを提供することが可能です。

shopifyの運用代行を利用する際の注意点

shopifyの運用代行を利用する際の注意点は、下記の通り。

・自社のニーズを確認しておく
・目標設定を共有しておく
・契約内容をよく確認する

それぞれ詳しく解説していきます。

自社のニーズを確認しておく

運用代行サービスを選ぶ前に、まず自社のニーズを明確にしておくことが重要です。

どのようなサポートが必要か、どの分野で専門的な知識が不足しているのか、また、どの程度のサービスを期待しているのかを自社内で具体的に理解しておく必要があります。

例えば、在庫管理、顧客サービス、マーケティング活動など、具体的な支援領域を特定しておくことで、適切な運用代行サービスを選択しやすくなります。

自社のニーズを正確に把握することで、提供されるサービスが自社の期待と合致しているかを適切に判断しましょう。

目標設定を共有しておく

運用代行サービスとの協力関係を始める前に、自社の目標を明確にし、それをサービス提供者と共有しておくことが大切です。

短期的な目標と長期的な目標の両方を設定し、それを運用代行会社と共有することで、双方が同じ方向を目指して努力できるようになります。

目標が明確であればあるほど、運用代行会社はその目標達成に向けた具体的な戦略を立てやすくなります。また、定期的なレビューを通じて目標達成の進捗を確認し、必要に応じて戦略を調整することが可能になります。

契約内容をよく確認する

運用代行サービスとの契約を結ぶ際には、契約内容を細部にわたってよく確認することが非常に重要です。

提供されるサービスの範囲、料金体系、契約期間、解約条件など、契約に関するすべての項目を理解しておく必要があります。

特に、追加料金が発生する可能性のあるサービスや、契約更新の条件などは、後々のトラブルを避けるためにも事前に明確にしておくべきです。

また、期待するサービスレベルが契約書に明記されているかどうかも確認し、不明瞭な点や疑問点は契約前に解消しておくことが望ましいでしょう。

shopify運用代行の費用相場とは?

Shopify運用代行の費用相場は、提供されるサービスの範囲によって大きく異なります。

下記のパターン別に、一般的なサービス内容とそれに伴う費用相場を見ていきましょう。

月額 10万円~20万円

この価格帯では、基本的なShopifyストアの運用サポートが提供されます。

具体的には、商品登録のサポート、基本的なマーケティング活動(メールマーケティングやSNS投稿の管理など)、簡単なSEO対策、定期的なパフォーマンスレポートの提供などが含まれることが一般的です。小規模なビジネスやスタートアップに適しています。

月額 30万円~50万円

この価格帯では、より包括的な運用サポートが提供されます。

中級から上級レベルのSEO対策、複数チャネルを活用したマーケティング戦略の立案と実行、広告キャンペーンの管理(Google AdsやFacebook Adsなど)、コンテンツマーケティング、カスタマーサポートの強化などが期待できます。

成長フェーズにある中規模のビジネスに最適です。

月額 50万円~100万円

この価格帯では、高度な運用代行サービスが提供され、大規模なeコマースビジネスのニーズに応えます。

高度なデータ分析とパフォーマンス最適化、複雑なマルチチャネルマーケティング戦略、高度なSEOおよびコンテンツ戦略、カスタマイズされた広告キャンペーンの設計と運用、顧客体験のカスタマイズ、物流と在庫管理の最適化など、ビジネスの成長を加速させるための全方位的なサポートが含まれます。

Shopifyサイト構築も行う場合

Shopifyストアの構築に関しては、プロジェクトベースでの料金設定が一般的です。

サイト構築の費用は、デザインの複雑さ、必要な機能の数、カスタマイズのレベルによって大きく異なりますが、一般的には数十万円から数百万円の範囲で変動します。

サイト構築を運用代行サービスに含める場合、初期設定費用としてこの費用が上乗せされる形になります。また、サイト構築後の運用開始に伴い、上記の月額費用が発生することになります。

shopify運用代行のサービス内容

shopify運用代行の基本的なサービス内容は、下記の通りです。

・サイトのセットアップとカスタマイズ
・マーケティングとプロモーション
・ウェブサイトのパフォーマンス分析
・注文管理とカスタマーサポート
・物流代行業務

なお各社によって提供しているサービス内容は異なるため、それぞれの会社に確認するようにしましょう。

サイトのセットアップとカスタマイズ

shopify運用代行で、ECサイト制作も依頼する場合は、まずサイトのセットアップとカスタマイズを行います。

詳しい作業内容を以下で見ていきましょう。

◆テーマの選定とカスタマイズ

shopify運用代行でサイト構築する際は、Shopifyストアの外観を決定するテーマの選定から始まります。

選定したテーマは、ブランドの色、フォント、レイアウトなどをカスタマイズして、独自のブランドイメージを作り出します。

◆機能の追加

次にShopifyアプリやカスタムコードを使用して、必要な機能を追加します。これには、レビューシステム、カスタマーロイヤルティプログラム、高度なフィルタリング機能などが含まれることがあります。

◆コンテンツの作成と最適化

また効果的な商品説明、魅力的なビジュアルコンテンツ、SEOに最適化されたコンテンツの作成を行います。

これにより、検索エンジンでの可視性が高まり、ユーザーにとって魅力的なサイトになります。

◆ドメインの設定

サイトの構築設定が完了したら、オンラインストアのアドレスとなるドメインを設定します。既にドメインを所有している場合は、それをShopifyストアにリンクさせる作業が含まれます。

◆支払いゲートウェイの設定

オンラインでの商品販売には、支払いを処理するためのゲートウェイの設定が必要です。Shopifyは複数の支払いオプションをサポートしており、運用代行サービスでは最適な支払いソリューションの選定と設定を行います。

◆送料設定

商品の配送方法や送料の設定を行います。地域別、重量別、価格別など、ビジネスモデルに合わせた送料設定が可能です。

マーケティングとプロモーション

◆Google AdsやFacebook Adsを含むPPC広告

ターゲットオーディエンスに合わせたペイパークリック(PPC)広告キャンペーンを設計し、実施します。広告のパフォーマンスを定期的に分析し、ROI(投資収益率)を最大化するための最適化を行います。

◆ソーシャルメディア戦略の立案と実行

Facebook、Instagram、Twitter、Pinterestなど、様々なソーシャルメディアプラットフォームを活用してブランドの認知度を高めます。ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツの作成と投稿計画を立て、ブランドのメッセージを効果的に伝えます。

◆インフルエンサーマーケティング

ブランドと親和性の高いインフルエンサーとのコラボレーションを通じて、ターゲットオーディエンスにリーチします。インフルエンサーのフォロワーを通じて、商品やサービスの信頼性と認知度を高めることができます。

◆メールリストの構築とセグメンテーション

購入者のメールアドレスを収集し、興味や行動に基づいてセグメント化します。

これにより、よりパーソナライズされたメルマガキャンペーンを実施できます。

◆メールキャンペーンの企画と実施

プロモーション、新商品の発表、特別オファーなど、様々な目的に合わせたメールキャンペーンを企画し、実施します。効果的なメールマーケティングは、顧客ロイヤルティの向上とリピート購入を促すことができます。

◆ウェブサイトのSEO最適化

Shopifyストアのコンテンツを検索エンジンが理解しやすいように最適化し、検索結果でのランキングを向上させます。キーワードリサーチ、メタデータの最適化、高品質なコンテンツの作成などを行います。

◆被リンク戦略の実施

他のウェブサイトからのリンク(被リンク)を増やすことで、サイトの権威性を高め、検索ランキングを向上させます。

ウェブサイトのパフォーマンス分析

◆訪問者の行動の追跡

サイトに訪れるユーザーの行動を追跡し、どのページが最も関心を引いているか、ユーザーがサイト上でどのように行動しているかを分析します。この情報は、サイトのユーザビリティの改善や、より関心を引くコンテンツの制作に役立ちます。

◆購入率UPの施策

ユーザーが商品の閲覧から購入までのプロセスでどの段階で離脱しているかを特定し、コンバージョンファネルの各ステップを最適化します。これにより、購入プロセスをスムーズにし、購入率を向上させることができます。

◆売上データの分析

売上データを詳細に分析し、どの商品がよく売れているか、どのプロモーションが効果的だったかなど、販売戦略の有効性を評価します。また、季節性やトレンドの影響を考慮した売上予測も行います。

◆顧客レビューとフィードバックの収集と分析

顧客からのレビューやフィードバックを収集し、商品やサービスに対する顧客の満足度を測定します。この情報は、商品の改善や顧客サービスの質の向上に直接活用できます。

◆定期的なパフォーマンスレポートの提供

定期的にパフォーマンスレポートを作成し、サイトのパフォーマンスに関する重要な指標をクライアントに提供します。これにより、クライアントはサイトの成果を定量的に把握し、戦略的な意思決定を行うことができます。

受注処理とカスタマーサポート

◆注文の確認と処理

顧客からの注文を受け取り、正確に処理します。これには、在庫の確認、注文内容の検証、配送先情報の確認などが含まれます。

◆配送と追跡

物流倉庫へ注文された商品の発送手配を行い、顧客に追跡情報を提供します。迅速かつ正確な配送は、顧客満足度を高める重要な要素です。

◆返品と交換の管理

顧客から依頼のあった返品や交換依頼に対して効率的に処理します。

顧客がスムーズに返品や交換を行えるようにすることで、信頼性と顧客満足度を向上させます。

◆問い合わせの迅速な対応

顧客からの問い合わせに迅速に対応し、問題解決に努めます。

使用チャネルは、電話、メール、ソーシャルメディア、ライブチャットなど。迅速かつ効果的な対応は、顧客の信頼を獲得し、リピート購入につながります。

◆フィードバックの収集と分析

顧客からのフィードバックを積極的に収集し、サービスや商品の改善に役立てます。顧客の声をクライアントに提供し、ビジネスの成長に活かします。

物流代行業務

◆保管サービス

物流代行では、商品を安全に保管するための倉庫を利用することができます。これにより、オンラインストア運営者は自身で物理的な倉庫スペースを確保する必要がなくなります。

◆在庫管理

物流代行では、在庫レベルの監視と管理を行い、過剰在庫や品切れが発生しないようにします。また、在庫状況に基づいて、補充発注のタイミングを適切にアドバイスすることもあります。

◆ピッキングと梱包

物流代行では、注文に応じて商品を倉庫からピックアップし、配送のために梱包します。このプロセスの効率化は、顧客満足度の向上に直結します。

◆配送サービス

物流代行業者は、国内外への配送オプションを提供し、商品を顧客に迅速に届けます。また、コスト効率の良い配送方法を選択することで、配送コストを最小限に抑えることができます。

まとめ

結論、shopifyの運用代行におすすめの会社は、以下の16社です。

  • アートトレーディング株式会社
  • 株式会社いつも
  • 株式会社WEBUO
  • エスアンドティーパートナーズ株式会社
  • AnyMind Group株式会社
  • 株式会社MH DESIGNS
  • サヴァリ株式会社
  • ジェイグラブ株式会社
  • 株式会社swimmy
  • 株式会社StoreHero
  • スパイスファクトリー株式会社
  • 世界へボカン株式会社
  • 株式会社セルフプラス
  • 株式会社chipper
  • 株式会社フラクタ
  • 株式会社ワサビ

※掲載は五十音順になっています

また選定する際は、

・shopifyに関する知識が豊富か
・制作後の運用サポートも可能か
・サポート体制はどうか
・商品の業界知識が豊富か
・評判はどうか

といった点を確認するようにしましょう。

人気週間ランキング

  1. Shopifyで納品書や領収書を発行するには?ネットショップ運営に必要な書類や、Shopify上での発行・編集方法をまとめました。

    2023.10.10👁20.2k
  2. Shopifyの決済方法をご紹介!コンビニ決済・銀行振込・PayPayも!手数料や設定方法についてまとめました。

    2023.10.10👁16.3k
  3. ヤフーショッピングへの出店手順とは?出店審査や個人出店、食品の出品も含めて徹底解説!

    2023.10.10👁15.7k
  4. Shopifyで配送地域別に送料を設定するには?利用できる配送業者や配送方法、便利なアプリもご紹介!

    2023.10.10👁15k
  5. おすすめのEC運営代行会社9選!費用や仕事内容までをまとめてご紹介!

    2024.01.30👁14.5k
LINE公式アカウントはじめました! LINE公式アカウントはじめました!
×